1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /
2008年02月29日

傷だらけの男たち(2006年)

テーマ:アジア映画


2008年2月22日発売、レンタル開始の新作DVD「傷だらけの男たち 」を鑑賞した。「インファナルアフェア」のトニー・レオンと監督が再集結、そこに金城武が加わったサスペンスということなので、これもセル版DVDを購入(初回版は特典ディスク付)。公開当時のCMでもやってたけど、これもまたディカプー絡みでハリウッドリメイクの話が出ているそうで…。

2002年のクリスマスの夜…刑事のボンと、親友でもある上司のヘイは、追いかけていた殺人犯を尾行の後、見事に逮捕。その夜、帰宅したボンを待っていたのは、恋人の死だった…。三年後、ボンは警察を辞め、しがない私立探偵になっており、さらにアルコール依存症に陥っていた。一方、ヘイは億万長者チャウの娘スクツァンと結婚をし、幸せな生活を送っていたのだが…ある日、何者かにチャウが惨殺される事件が起きた。単なる強盗事件ということで、犯人たちの仲間割れによる殺し合いという結果ですぐに事件は解決したものの、納得がいかないスクツァンは、もう一度詳しく事件を洗い直すようボンに依頼する…。

どんでんがえしな結末とかは、意識してないようで…普通に見てれば、真犯人は誰だか簡単にわかっちゃうような展開です。その裏に隠された動機とかね、ほかの登場人物たちとの関わりにスポットを当てて物語が進行していく。メインキャストたちの化かし合いってとこでしょうか…。サスペンス映画として楽しむなら、もう少し真犯人とか、物語の焦点をぼかしても良かったかなって思うけど、その辺はあくまでオイラの好みです。

香港映画お得意のドンパチや殴り合いは控え目。昼メロか、2時間ドラマか…みたいな地味な展開ながらも、渋くきめちゃうのは、やはり香港スターのなせる技といったところか?三枚目役だけど、けっこうナイーブな金城に対し、眼鏡なんてかけちゃって、インテリっぽく見えるトニー・レオンが時より垣間見せる狂気な表情(2002年の過去のシーンなんて最高!)。後半に進むにつれ、それらの心情の変化していく様なんかが見どころとなってくる。

恋人を失った金城武が新しく付き合うガールフレンドとして、ビール売りの娘スー・チーが出てくるんだけど、相変わらずこういう尻軽そうな娘の役が似合います、さすが元AV女優。ただ、彼女の存在が、せっかくの重厚な作品を軽めにさせちゃうのが、けっこうミスマッチに感じる。

「インファナルアフェア」は、男泣き要素爆発って感じの作品だったけど、どちらかというと女性向のニュアンスの方が強そうですね、コレは。ディカプー(レオナルド・ディカプリオ)がリメイクするっていうけどさ、いったいどっちの役をやるんだろう?まぁ、想像の範囲内だけど金城のやった方だろうね。あの役だったら、ディカプーでも我慢できる。


監督:アンドリュー・ラウ アラン・マック
出演:トニー・レオン 金城武 スー・チー シュー・ジンレイ チャップマン・トゥ


【DVDソフトの購入】
DVD 傷だらけの男たち








人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!










AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2008年02月29日

ジェリーフィッシュ(2007年)

テーマ:洋画

ジェリーフィッシュ

【鑑賞日:2008年02月29日】

Yahooのオンライン試写会、おうちで上映会にまたまた当選し、3月15日公開の「ジェリーフィッシュ」を一足早く鑑賞。2007年のカンヌ映画祭で新人監督賞(カメラドール)や脚本賞を受賞したというイスラエル映画。一見、退屈そうな物語だが、映像やセリフがなかなか詩的で美しく…確かにこの手の映画祭で話題になるだろうなぁって納得できる内容。1時間20分くらいの作品なんで非常に見やすかったです。

結婚式場で働くウエイトレスのバティアは恋人と別れたばかり。さらに職場の上司とも折り合いが悪く、住んでるアパートは水漏れという最悪な状況。そんな時に、うきわを身につけ、上半身裸という不思議な少女と海辺で出会うのだが、この少女が一言もしゃべらないのだ。警察に連れてっても対応が悪く、結局バティアが世話をすることに…。また、バティアの働いている結婚式場で、式を挙げ結婚したばかりのケレンとマイケルだったが、ケレンが式の最中に足を骨折してしまい、カリブで過ごす予定だったハネムーンは急遽中止。その代わりに…市内のホテルへ宿泊するのだが…。そして、フィリピンからヘルパーとして出稼ぎに来ているジョイは、世話をする依頼主の母親との間に言葉の障害があり…コミニケーションがなかなかうまくとれないでいた。途方に暮れながらも、母国に残してきた子供たちのことを思い、なんとか頑張ろうとするのだが…。

3組の登場人物が、ところどころさりげないニアミスをしながら(お互いに物語に干渉しない程度に)話が進んでいくという群像劇スタイルの物語。それぞれ、つらい現実に直面し…どん底までたたき落とされ、自分の人生ってなんて悲惨なんだろうって嘆いてみたりもするんだけど…、それを乗り越え、人生もそんなに捨てたもんじゃないかもね~って最後にはホっと一息、希望が持てる、ちょっとだけファンタジックで爽やかな映画。

親子関係、夫婦関係、職場関係…誰もが直面するリアルな現実が多く語られているのも、自分たちと重ね合わせ安いですね。登場人物たちの関わり方以外でも、全編を貫くさりげなさが、見ていて非常に気持ち良いです。単純そうに見える物語だけど、脚本賞も受賞するだけあり、作り手側が相当、拘ってますよこれ。

やっぱり、この作品の功労者は…不思議なうきわ少女を演じた子役の女の子の存在でしょうね。ほとんど裸なんで、最初は男の子かと思ったけど、一度だけ声を聴けるシーンがあり、ああ、やっぱり女の子なんだぁって思います。さすがのオイラも、こんな少女の裸を見てもセクシャルなもんは感じませんが、なんか癒されましたね。ちょっとだけ、親ばかな友達の気持ちが理解できたりもする。


監督:エトガー・ケレット
出演:サラ・アドラー ニコール・レイドマン ゲラ・サンドラー ノア・クノラー マネニータ・デ・ラトーレ


【ちなみにカンヌでこの映画と同じ賞を受賞したのがコレです】
DVD 萌の朱雀








人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!










AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2008年02月28日

ホステル2(2007年)

テーマ:洋画


2008年2月22日発売、レンタル開始の新作DVD「ホステル2 [無修正版] 」を鑑賞した。1作目のDVD(初期発売の方)も持っているので、今回もセル版DVDを購入。配給会社とかの問題でしょうね…製作の映画会社やメインスタッフは前作と同じだけど、ソフト発売のメーカーがSPEからアミューズに変更してたね。タランティーノがやたらと喋りまくってるコメンタリーとか、特典が豊富だった前作のDVD(さらに特典を追加した1作目の完全版がSPEより同時リリース)に比べるとオマケ要素はかなり少ない。

女子大生のベス、ホイットニー、ローナはヨーロッパ旅行へ。移動中の車内で、大学の美術の時間に出会った美人モデル・アクセルと遭遇し、スパに誘われ…予定を変更しスロバキアへ向かう。ブラティスラバというホステルにチェックインした3人は、街で行われている祭に参加し、旅を満喫していたのだが…実は、既に殺人ゲームの獲物としてオークションにかけられており、彼女たちに危険が迫っていた!

楽しむにはやっぱり1作目の鑑賞は必須かな?しっかりと1作目の登場人物も登場させ、続編らしさを感じながらも…メイン主人公が女の子に変わったり、謎めいた拷問殺人集団の組織やその顧客たちを丁寧に描くことによって、物語の雰囲気がガラリと変わった。頭の中は“美女とヤルだけ”という…前作の前半部分で描かれたようなノータリンボンクラのエロエロ要素が激減。天国から地獄へ真っ逆さまなスプラッターな雰囲気が薄れ、目を背けたくなるような嫌悪感や怖さが少々物足りない印象である。

その分、公序良俗に反する行いの数々もどこかブラックなユーモアを漂わせており、オチなどを含む展開もワンパターンになっていなかった。ホラー映画としてどっちが面白かったかと問われると、個人的には前作を選びたいが、2は2でそれなりに楽しめる作品にはなっている。ブス顔で有名なヘザー・マタラッツォ が素っ裸で逆さづりにされちゃうんだけど(DVDのジャケット写真がそう!)、案外セクシーでちょっと興奮(笑)ゲームに参加する会員たちがチラリと垣間見せる変態ぶりもナイス。

1作目の感想を書いた時に …“ストリートギャングなお子様たちの存在が、ちょっと三池崇史監督の「極道戦国志 不動」に出てきた、生首でサッカーする小学生殺し屋とダブって見えてしまったよ…”と述べたんだけど、今作で本当にストリートギャングのガキんちょ達が生首サッカーやってて笑った。やっぱりあの辺は、前作ではキャストとして登場した三池監督へのオマージュだったんだなぁって感じ。


監督:イーライ・ロス 製作総指揮:クエンティン・タランティーノ
出演:ローレン・ジャーマン ビジュー・フィリップス ヘザー・マタラッツォ ロジャー・バート ヴェラ・ヨルダノーヴァ


【DVDソフトの購入】
DVD ホステル2 [無修正版]





【1作目も廉価版と完全版が出てます!?】
DVD ホステル デラックス・コレクターズ・エディション〈完全版〉(2枚組)
DVD ホステル 無修正版 コレクターズ・エディション








人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!











AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2008年02月27日

腑抜けども、悲しみの愛を見せろ(2007年)

テーマ:邦画

2008年2月22日発売、レンタル開始の新作DVD「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ 」を鑑賞した。熱愛、破局報道など昨年はワイドショーなんかでサトエリが話題になったのもあり注目度はあったが、作品自体もその後、いろいろな映画祭とかで評価を受けていた。オイラ的にはサトエリよりも、共演の永作博美(こちらもいっぱい賞獲ってます!?)目当てでセル版DVDを買ってしまいました…。

両親の訃報を聞き、東京から女優を目指している姉の澄伽が帰ってきた。家には母の連れ子だった兄・宍道と、その嫁の待子…妹の清深がいた。待子は初対面の澄伽に会うことを楽しみにしていたのだが、他の二人がどこかよそよそしく、特に清深は怯えているようにもみえる。実は澄伽は、とても傲慢でわがままな正確であり、それが災いして女優活動も芳しくない。さらに4年前、このおかしな姉をモデルに家族の痴態を漫画にして投稿した経験のある清深は、澄伽から恨まれていたのだ!

サトエリ演じる傲慢なバカ女と、根暗な妹だけだったら…けっこう見ていてキツイものがあっただろうが、間にご贔屓の永作博美がいたからこそ、テンポの良いコメディになりえましたね。天然ボケ連発、ポジティブキャラの兄嫁役はかなり秀逸です。サトエリ以上に身体を張った役で、けっこう痛々しいこともされてるんだけど、永作博美のキュートな笑顔で、ホットさせられ、ああ、ここ笑っていいんだなぁって思えます。逆に旦那役の永瀬を押し倒すシーンとかは、脱いでもいないのに、マジで色気を感じました。

一方、顔もでかく、態度もでかい(劇中の役柄ね)サトエリは御自慢のダイナマイトなボディも、笑いをとるためにしっかりと活用…別にサトエリは興味ね~よとか思いながらも、下着姿に喰いついてしまった自分が情けない。ついでに、妹役の佐津川愛美も入浴シーンがあったりと、サービスカットがおっぱい…じゃなくていっぱいあるのね。

両親が事故死する冒頭とか、妙に色調がどぎつく、わざとカラコレ調整をいじって、おかしくしているのではないか?と思えるんだけど…そういう部分で後々登場するサトエリの性格を象徴しているようにも感じる。ああ、この奇抜な色がこの映画のトーンなんだなぁってことでしょう。

CM出身の監督さんということで、デジタルを活用した演出もたくさん目だって出てくるが、デジタルすごいだろ!というような嫌味な使い方はあまりしてないので、自然な形で作品を盛り上げるのになかなか効果的でしたよ。素直に笑いを受け止められました。他のCMやTVドラマ出身の監督と違って、劇場映画のセンスあり…今後が楽しみな監督さんですね。


監督:吉田大八
出演:佐藤江梨子 佐津川愛美 永作博美 永瀬正敏 山本浩司 土佐信道 上田耕一 


【DVDソフトの購入】
DVD 腑抜けども、悲しみの愛を見せろ







人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!










いいね!した人  |  リブログ(0)
2008年02月26日

沈黙のステルス(2007年)

テーマ:洋画

2008年2月20日発売、レンタル開始の新作DVD「沈黙のステルス 」を鑑賞した。先月号の映画秘宝で発表されたベスト&トホホ(ワースト)で、アクション映画に詳しい青井邦夫さんが、個人的にトホホ1に選んでいたけど…他の選者からは見向きもされていなかったので、ランキング入りはなんとか免れた(笑)、セガールおじさんの新作。出来の悪さは百も承知、オイラもレンタル待ちでいいかなって思っていたんだけど…“沈黙”ってタイトルにやっぱ弱いんだなぁ。過去に集めてきた“沈黙”DVDと並べたいがために、結局セルDVDを買ってしまいました…トホホ。

ジョン・サンズは軍からの除隊を考えていたが、機密を知りすぎていたために、記憶消去の手術を受けさせられそうになるが、間一髪のところで脱出に成功…軍のバーンズ大佐から追われる羽目になる。一方、最新鋭のステルス戦闘機が、パイロットの裏切りによりテロリストの手に渡ってしまった。たまたま強盗事件に遭遇し、地元警察に拘留されていたジョンは、追いついたバーンズ大佐の命令により、懲罰と引き換えにステルス奪還作戦に加わることに。タイムリミットは24時間…無事に戦闘機を奪還できるのか?

確かにひどい。何がって、セガールの動きが。青井センセに言わせると、「アクションはともかく、台詞ぐらい自分で喋れ」ということなんだが、やっぱりアクションもひどかった。だんだん、銃を撃っても当たらなそうな、適当な構え方するようになってきたよな、このオッサン。セガール拳不発なのは年齢的なものも考慮するが、発砲まで手抜きなんだもんなぁ。

そのくせ…軍から逃亡の最中に、よせばいいのにコンビニ強盗に首突っ込んでさ、犯人をぶっ殺したのはいいけど、このオヤジが介入しなければ、きっとここまで大事にならなかったんじゃないの?って思わせちゃうのが、やっぱりツッコミどころだは。それでいて、平然としてるからなぁ(笑)逃亡中の身でありながら、簡単に警察に捕まるなよ。

全然、設定が分かりにくいんだけど…セガールおじさん、実は凄腕の元パイロットで、敵地潜入後、ステルスを奪って操縦してくるのも仕事なわけだね。でも、最初の記憶消去ってあまり意味ないよなぁ。脱走するのにナースとか清掃員を懐柔してるのは笑ったけど。

戦闘機に関する映像が、なんだか他の映像の使い回しのような汚い映像で、それを無理につなぎ合わせてるから、全然迫力ないのね。今の時代で「トップガン」よりレベル低いんじゃない?クライマックスはステルスVSF-16戦闘機、もちろんステルスの操縦桿を握るのは、セガールおじさんなわけだけど…ほんと、迫力がなかったわぁ。敵を撃ち落として「サヨナラ」って日本語をポツリ。ボタン一つで、ステルスが本当に視界から見えなくなっちゃうのも、ショボクて笑います…ボンドカーとか「攻殻機動隊」みたい。

ツッコミ満載なんだけど、意外なところに見どころ発見!セガールが現地で合流する女の工作員と、敵のナンバー2である、女テロリストのレズシーンあり(笑)わけわかんねぇ~よ。なんか、女テロリストがそっちの気があるという設定で、セガールおじさんを逃がすために、セガールの仲間のおねーちゃんが、誘惑するの。女テロリスト、おっぱいさらして悶えてました。もちろん、映画の後半には因縁の対決…この二人のキャットファイトが待ってるのですが、勝敗は意外とあっけなく、どちらかが簡単にくたばって終わりでした。さぁ、どっちでしょうか?

ってーことで、ダメダメといいながら、馬鹿にしながら楽しむ、いつもどおりのセガール映画でした。劇場でもセガールの新作映画が3本連続公開だったので、DVDリリースも3か月連続で続くと思います。たぶん、来月発売の「沈黙の激突」も買うんだろうなぁ、オイラは…(で、4月は「沈黙の報復」リリース)。


監督:ミヒャエル・ケウシュ
出演:スティーヴン・セガール スティーヴ・トゥーサント アンガス・マッキネス マーク・ベイズリー 


【DVDソフトの購入】
DVD 沈黙のステルス







人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!












いいね!した人  |  リブログ(0)
2008年02月25日

ローグ アサシン(2007年)

テーマ:洋画

2008年2月22日発売、レンタル開始の新作DVD「ローグ アサシン 」を鑑賞した。ジェイソン・ステイサム&ジェットリー…ジョン・ローンや石橋凌まで出ている、ハリウッドのアクション映画。劇場公開時に見たかったんだけど、ちょうどそのころバタバタしてて見れなかったから…DVDになるのを待って、そっこーセル版DVD買いました。

伝説の殺し屋ローグを追うFBI捜査官のクロフォード…ある日、クロフォードの相棒のトムが、家族もろとも惨殺されてしまった。どうやら犯人は、日本人ヤクザに雇われたローグのようだ。三年後…街ではリー・チャン率いるチャイニーズマフィアと、シロー・ヤナガワ率いる日本人ヤクザの抗争が勃発!その抗争に絡んで、今まで姿をくらませていたクロフォードが現れ、今度はリー側の殺し屋としてヤクザたちを血祭りにあげていた…。

相変わらず進歩がないハリウッドの日本文化描写(笑)…とうとうジェイソン・ステイサムまで日本語を喋ってしまいました「趣味はお医者さんごっこ」と言いながら、下手クソな日本語を喋るヤクザの傷口に指をつっこんで拷問したりね。キャストもスケールもやたらとでかくて豪華なのに、やってることはドルフ・ラングレンの「リトルトーキョー殺人課」とまんま同じ、B級濃度全開で笑います。

デヴォン青木ほか、饒舌に日本語を喋るキャラは元々吹き替え音声だし…役者本人が日本語を喋ると、任侠映画かぶれのぶつ切り単語連発と…ステイサムのへんてこ日本語と合わせて興ざめ間違いなし。ここは開き直って、最初から吹き替え版で視聴した方が良かったかもしれないね。ジェイソン・ステイサムの声を演じてるのが、エヴァンゲリオンの碇ゲンドウ、立木文彦だし。ああ、立木さん、ちょっとぽっちゃりだけど頭はステイサムそっくりで、意外と似合ってるかもしれん。

こういう作品撮るときは、ハリウッドも金持ってるんだから、役者だけじゃなくて日本のスタッフをもっと呼びましょうよ。ヤクザ絡みのシーンだけだったら、Vシネの助監督でも、もっと上手に撮れるはずだよね(笑)陳腐な日本描写も 「キル・ビル」みたいに、笑える作品まで昇華しちゃえば問題ないんだけどねぇ…作品の根本はシリアスだしね、だから中途半端だ、やっぱり。黒澤“用心棒”のごとく、ふたつの組織をいったりきたりしてひっかきまわす暗殺者…ある程度ハッタリがきいた、どんでん返しなオチとか(伏線多すぎて予想しやすかった)馬鹿馬鹿しいけど、嫌いじゃないのに、ちょっと勿体ない。

ジェット・リーに関しては、、手下任せが多かったり、いつものようにアクロバティックなマーシャルアーツ技など目立つアクションが少なめ。ライフルによる狙撃とか、ちょっと目新しい部分もあり、最後まで見ると役柄の説得力を出すには、あの程度の強さで良かったかなって思う部分もあるけどね。「ザ・ワン」以来、久々のステイサムとの共演…その間にいくつものアクション作品をこなしてきた二人だけに、もう少しガチンコなバトルも拝みたかった。


監督:フィリップ・G・アトウェル
出演:ジェット・リー ジェイソン・ステイサム ジョン・ローン デヴォン青木 ルイス・ガスマン 石橋凌


【DVDソフトの購入】

DVD ローグ アサシン DTSスペシャル・エディション

Blu-ray ローグ アサシン (Blu-ray Disc)









人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!












いいね!した人  |  リブログ(0)
2008年02月25日

ライラの冒険 黄金の羅針盤(2007年)

テーマ:08年01~12月の劇場鑑賞映画
ライラの冒険 黄金の羅針盤


【鑑賞日:2008年02月24日】

3月1日公開の「ライラの冒険 黄金の羅針盤」を先行上映で鑑賞してきた…もちろん字幕スーパー版。日曜日のレイトショーだったから、お客さんはそんなにいなかったんだけど、自分と同じようにけっこう年齢のいった男の一人客が圧倒的に多かった。これはニコール・キッドマン目当てなのか、それともダコタちゃん目当てなのか?魔女役のエヴァ・グリーンって線も高いけど…。

我々の住む現実世界とは異なるパラレルな世界の英国…その世界では人間は、自分の心が動物の姿に具現化した“ダイモン”という守護精霊と行動を共にしている。オックスフォード大学の学寮で暮らす12歳のお転婆少女ライラも自分のダイモン、パンタライモンといつも一緒だ。叔父である学者のアスリエルが発見、調査を続ける“ダスト”と呼ばれる謎の粒子や、コブラーという組織が関わっているらしい誘拐事件に関わってしまったライラは、元々は叔父の持ち物だったいう“黄金の羅針盤”を託され、それに導かれながら冒険を開始する…。

羅針盤や世界観の説明から入り…原作を知らないので、聞きなれない単語がいくつも出てきて、ちょっと面食らうけど…その辺は想像で補いながら見る。現実世界に似たパラレルな国のお話で、人間はみんなダイモンと呼ばれる、動物の姿形した魂のような存在と共存しているとか云々…。設定は理解できたんだけど…今度は入れ替わり立ち替わり色々な人種が出てきて…キャラクターの関係を把握するのに一苦労。

ただ、他の類似ファンタジーに比べると、ダレ場は少なめで…テンポよく物語が進んでくれるので、見ていて飽きなかった。題材のわりに2時間切ってたからね、あっという間の印象を受ける(吹き替え版ならお子さんでも大丈夫そう)。クリストファー・リーとかデレク・ジャコビといったこの手のファンタジーものにつきものな、胡散臭い役が似合うベテラン俳優もいっぱい出てきて、案外楽しい。声だけだけど、イアン・マッケランも出てたし。

「ナルニア国物語」のライオンの生々しさにも驚かされたけど、それ以上に興奮させられたクマ同士のガチンコバトルなど、CG映画としての見どころもあり。戦闘シーンなどの躍動感は、まだまだバイオレンスな「ロード・オブ・ザ・リング」には劣るが、お上品すぎた「ナルニア~」よりはかっこいいです。あと、機械でできた偵察虫をとっつかまえるところとか、好き。

ダニエル・クレイグとエヴァ・グリーンが同じ作品にクレジットされているだけで、ボンドフリークのオイラはなんか気になってたんだけど、残念ながら直接、二人の共演シーンはなかったですね。さらに、ダニエル・クレイグも途中で拉致られちゃって…それ以降は出番があまりなく、本格的な活躍は次回作でってことなんでしょうか?主人公がダニエル扮する叔父さん(アスリエル)の事を、「スパイみたいなことも…」と友達に紹介するセリフは、自然にボンドの姿と重なり思わずニンマリ。拉致られる前に、雪山でアクションシーンがちょこっとあるなど…クレイグファンとしては一番の見どころがそこだった。

来日したニコール・キッドマンはご懐妊中ということで、ややぽっちゃり気味のお姿でしたが、映画の中ではおケツのラインがくっきりと見えるセクシーなドレス姿で男性客を、それこそ不思議な国へトリップさせてくれます。トレードマークともいえる、キツネ目なキツイ表情が、怪しげな悪女役にピッタリでしたね。ところどころコミカルな演技もあり…実写版で進行中の「ヤッターマン」、深キョンなんかよりも、ドロンジョ様が似合いそうだなぁってちょっと想像してしまったり(笑)

映画館で2回も3回も見たいとは思わないけど、今後の続編シリーズを楽しむためには、DVDとかで出たら見直した方がいいんだろうなぁって感じですね。


監督:クリス・ワイツ
出演:ダコタ・ブルー・リチャーズ ニコール・キッドマン ダニエル・クレイグ エヴァ・グリーン サム・エリオット


【原作本や関連書籍はこちら…】

黄金の羅針盤〈上〉—ライラの冒険

黄金の羅針盤〈下〉—ライラの冒険

『ライラの冒険 黄金の羅針盤 パーフェクトガイド』 (TOKYO NEWS MOOK) (TOKYO NEWS MOOK)

ライラの冒険 黄金の羅針盤 ザ・ストーリー・オブ・ザ・ムービー







人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!








『ライラの冒険 黄金の羅針盤』プレゼントキャンペーン実施中!


http://daemon.gyao.jp


『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズを手がけたニューラインシネマが贈るファンタジー超大作『ライラの冒険 黄金の羅針盤』
全世界37ヶ国でNo.1大ヒットを記録!王道にして異端と称される大ベストセラーが、ファンタジー映画史上最大の総製作費250億円をかけ、堂々映画化!
キャストには期待の新人ダコタ・ブルー・リチャーズほか、ニコール・キッドマン、ダニエル・クレイグ、エヴァ・グリーンなど豪華俳優陣らが参加。

●ストーリー
物語の舞台は、私たちの世界と似ているようで異なるもうひとつの世界のイギリス・オクスフォード。12歳のおてんば少女ライラは、何者かに連れ去られた親友ロジャーを探すために、北の国へと冒険の旅に出る。その手には、真実を示すと言う「黄金の羅針盤」を持ち、肩には守護精霊のパンタライモンを連れて。
怪しげな美女、空飛ぶ魔女族、気球乗り、そしてよろいグマなど、敵か味方かわからないものたちと出会いながら、北へと進むライラ。だが、旅の行く末には、全世界を巻き込む驚くべき真実が待ち受けていた―!
◎丸の内ピカデリー1他 全国松竹・東急系にて大ヒット上映中!!

●特設ページでプレミアム映像を放送中!
『ライラの冒険 黄金の羅針盤』特設ページでは、劇場予告編やメイキング映像、ロンドンで行われたワールドプレミアの模様や出演者が語る撮影の裏話など、貴重な映像をご覧いただけます。

■プレゼントキャンペーン実施中!
●『ダイモンブログシールキャンペーン』金貨やK18アクセサリなど総勢1022名様にプレゼント
 応募締切り:3月31日(正午)まで

TM & © MMVII NEW LINE PRODUCTIONS, INC. ALL RIGHTS RESERVED.



『ライラの冒険 黄金の羅針盤』プレゼントキャンペーン実施中!
いいね!した人  |  リブログ(0)
2008年02月24日

アレックス・ライダー(2006年)

テーマ:洋画

2008年2月22日発売、レンタル開始の新作DVD「アレックス・ライダー 」を鑑賞した。日本でも荒木飛呂彦のイラストでおなじみ、イギリス製お子様向けスパイ小説シリーズの初映画化!映画化の話はけっこう前から出ていたのに、全然日本へ情報が入ってこなかったので…日本のファンの間じゃ劇場公もは危ぶまれてたんですけど…一応、昨年の10月末に地味に劇場公開もされ、無事にDVD化。007好きとしては、こういうもどき映画は外せないので、もちろんDVDを購入した!ちなみにオイラもこの話だけは原作本を読んでます。

両親のいないアレックス・ライダーは叔父のイアン・ライダーに育てられ、美人のアメリカ人家政婦ジャックと三人で暮らしているのだが、叔父のイアンはいつも出張で家を空けてばかりだ。その叔父が出張先で謎の事故死を遂げた!葬儀に現れた上司や同僚たちに疑問を感じたアレックスは、彼らを尾行するのだが…英国諜報機関MI6の人間であることが判明。叔父もスパイだったのだ!知らず知らずに叔父からスパイ活動に必要な能力を教え込まれていたアレックスは、MI6のミスターブランドから叔父の任務を引き継ぎぎスパイになるよう命ぜられ、それを承諾。短期間の訓練に参加後…叔父が調査を進めていたIT実業家のダリアス・セイルに接触を試みる。

作り手が純正イギリス映画を目指しているだけあり、ある意味、最近の本家007以上に、往年のイギリススパイ映画風味が感じられる仕上がり(目の肥えた客には古臭いだけだと言われそうだけど)。スタントマン多用だが、絶妙な編集によりアクションシーンも小気味よく繰り広げられ、アクション映画としてけっこう見れるし(アクション監督はなんとドニー・イェン!)、くだらない秘密兵器もいっぱい出てくる。悪玉に正体がバレてるのに、堂々と敵地に潜入…お互いにタヌキの化かし合いしている、007チックなお約束な展開もいい味出している。原作者自ら脚本を担当しているだけあり、原作の端折り(アレンジ)もそんなに気にならない。

ハリポタとまではいかないが、最初におっ死んじゃう叔父役のユアン・マクレガーを筆頭に、ミッキー・ローク、アリシア・シルヴァーストーン、ビル・ナイと意外と豪華なキャストが揃っている。ハリポタではひげ面のハグリッド、007シリーズではブロスナンボンドを2作品で助けたロシアンマフィア、ロビー・コルトレーンがひょっこり顔をのぞかすあたり、ナイスな人選。ただ、せっかくアリシア嬢が出てるなら、もう少しお色気サービスもあっていいと思うのだが、そこは映画全体をお子様仕様のオブラートで包んでいるので封印。悪役のミッシー・パイルと合わせてただのバカキャラになってしまったのが、ちと寂しいかなと…。

作品としての評価はまぁまぁなのに…見た人に揃って言われているのが、主役のガキンちょの魅力のなさ。かっこよくもないし、可愛げもない中途半端な印象。確かにDVDのジャケットでも、真ん中で堂々と写っているけど、パっと見、オイラはおばさんに見えたし(笑)


監督:ジェフリー・ザックス
出演:アレックス・ペティファー ユアン・マクレガー ミッキー・ローク ビル・ナイ アリシア・シルヴァーストーン  


【DVDソフトの購入】
DVD アレックス・ライダー






人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!











いいね!した人  |  リブログ(0)
2008年02月24日

太陽が弾ける日(2007年)

テーマ:邦画

2008年2月25日発売、レンタル開始の新作DVD「太陽が弾ける日 」を鑑賞した。映画の公式サイトで、予告篇トレーラーを目撃した時から、映画館へは行けないからDVDが出たら絶対に買おうと誓っていた作品なんで、セル版を買っちゃいました!小沢アニキの俳優25周年記念作品で、オールフィリピンロケによる泣けるアクション巨編です!

フィリピン人と日本人の間に生まれ、ジャッピーノと蔑まれ生きてきた、トニー、マックス、レイ。血は繋がっていないが兄妹として支え合って生きてきた孤児の三人。いつかは日本へ行きたいという憧れを胸に抱きながら、やがて大人になり、それぞれ別々の道に進むようになる。トニーは相変わらずチンピラ風情だったが、黒社会でのし上がろうと必死でもがいていた。マックスは弁護士を目指し勉強中、レイも自分の店を持ちながら恋人バギーとの幸せをつかもうとしていた…。

うぉー、小沢アニキが「ファック!?」とつぶやきながら、本宮泰風と振り向きざまに二挺拳銃で車を爆破させるシーンが超かっこいい!?そんなアニキにチュー連発!?遠藤憲一のさりげないホ●演技も笑う。

三池崇史監督の黒社会シリーズあたりを彷彿とさせる、心にしみるギャング・マフィアもの。自分がのし上がるためなら、容赦なくライバルも身内(ボス)も殺しまくる小沢アニキ扮するトニー。バイオレンスに生きている兄貴も、妹分のレイの前に出ると…結婚前の娘を持つ親父みたいになっちゃうところとか、けっこうグっときます。弟妹のために、命を張って金を掴んでくるが…「汚い金は要らない!」と拒絶され、星一徹のごとくテーブルをひっくり返してしまったり。

何度となくすれ違いを見せながらも…ばく進を続けるトニーと、そんなトニーに巻き込まれていく2人の運命はいかに?という盛り上がってきた所で、エンドロールです(何っ!?)

約2時間の劇場公開作品とは別のディレクターズカット、オリジナル全長版ということでDVDは前後編に別けてのリリース…またかGPミュージアムと怒りたくなるのもごもっともだが、映画秘宝の藤木TDCさん情報によると後編も2時間近い大作になっているようなので(DVD収録の予告を見ると、アクション量はさらに増加で半端ない)、102分の前編と合わせてトータル倍近い長さになっている様子。続編は4月発売と2ヶ月先で、ここは我慢するしかないですが…定価が高くなってもいいので、やっぱり前後編一挙収録または同時リリースをお願いしたかった。

小沢アニキの実弟、小沢和義…和さんをはじめ、Vシネ好きにはたまらん豪華キャスティング!ヒロインの大山なつは、美人とかセクシーといった感じではないが、素朴な可愛さを感じ、この野獣(失礼)…男くさい出演者たちの中でまさに掃き溜めに鶴といった印象を与える。俳優たちが日本語や英語を中心にいろいろな言語をチャンポンで使い分け、文字通り無国籍な雰囲気をいっそう高める中、バリバリマイペースな日本語で、いかにもな日本人極道を演じる異質な寺島進の存在感も圧巻。 

相変わらず映像特典は少ないが…試写会や初日の舞台挨拶の様子が収録されている。上映前のコメントが中心なので、先に映像特典を見ておけば、自分も舞台挨拶へ参加したような気分になれる。小沢アニキの暴走気味のコメントがいっぱいで大いに笑える。大沢幹生が、マスコミ取材を気にしてコメントが少ないのは、この映画の公開前に起きた赤坂晃(光GENJI仲間)の逮捕あたりが原因なのかなってちょっと勘ぐってみたり?


監督:横井健司
出演:小沢仁志 小沢和義 大山なつ 金山一彦 加藤雅也 寺島進 遠藤憲一 本宮泰風 大沢幹生


【DVDソフトの購入】
DVD 太陽が弾ける日

DVD 太陽が弾ける日2  予約受付中 4月発売予定








人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!












いいね!した人  |  リブログ(0)
2008年02月23日

ストレンジャー・コール(2006年)

テーマ:洋画

ツタヤの旧作半額レンタルで借りた「ストレンジャー・コール 」を鑑賞した。「夕暮れにベルが鳴る」というサスペンスの佳作をリメイクしたものなんだけど、恥ずかしながら元ネタは未鑑賞。

人里離れた豪邸に、ベビー・シッターのアルバイトへやってきた女子高生のジル・ジョンソン。雇い主の子供たちは既に就寝中で、家の中でくつろいでいるだけで良いと言うことだったのだが…度重なる悪戯電話に不安が募り、くつろいでなんていられなかった。結局、警察に電話で相談…今度、電話がかかってきたら逆探知をして犯人を特定するという約束をしたのだが…。

約1時間30分の映画なんだけど…ヒロインが本当の恐怖に陥って、「キャー」という絶叫をあげるまでに、相当時間がかかるので、案外、退屈で怖くなく、白ける。お約束のこけおどしショッカー音は頻繁に鳴り響くし、水面下では色々と事件も起きているんだけど、まだ、主人公に何も起きないの?って何回も、再生時間を調べてしまったほど…ここで、何分くらいに犯人登場!って書きたいくらいだけど、見てない人もいるでしょうから、それをやっては映画ファンとしてルール違反だね(笑)

しびれをきらしているところで、ようやくらしくなると結構迫力ありました。広い豪邸内を逃げ回り、破壊しまくり…ヒロインが犯人に髪の毛つかまれて(ドアに挟まって)、ベキベキって髪がむしられちゃうところとか、嫌な音してたし(笑)

「スクリーム」や「ラストサマー」のような、神出鬼没な犯人、どんでんがえしな犯人…みたいなのを期待してたんだけど、攻め方はジワジワだし、犯人の正体を暴いたりするのも、全然興味ないらしくてね…冒頭のプロローグ的オープニングのことを考えると、過去にも同様の手口で犯行を行っている連続殺人鬼らしいと、におわす程度。

見た人の意見がほぼ一致してるんだけど、噂どおりヒロインの女の子は、けっこう可愛いので雰囲気は出ています。登場人物が少なくても、見ていられるのは、この女優さんの存在感でしょう。見ている人がヒロインと感情を一体化させるため、あえて情報を少なくしているんでしょうけど、自分には怖がらせる為のタメが長過ぎた…。逆に水面下で起きている事件もビジュアル化しちゃってさ、もっとスプラッター描写が間にあったら、面白かっただろうになぁって思います。


監督:サイモン・ウェスト
出演:カミーラ・ベル トミー・フラナガン ケイティ・キャシディ テッサ・トンプソン ランス・ヘンリクセン(声のみ)


【DVDソフトの購入】
DVD ストレンジャー・コール






人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!










いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。