1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2006-08-13 07:51:54

阿波踊り

テーマ:らせん階段

阿波踊り(あわおどり)は、約400年の歴史があり、徳島県(旧阿波国)内各地の市町村で開催される盆踊り。

徳島市の阿波踊りが県内最大規模で最も有名。

三味線、太鼓、鉦(かね)、横笛などの2拍子の伴奏にのって踊り手が踊り歩く。

女性は優雅に、男性は腰を下ろし豪快に踊る。

「偉い奴ちゃ、偉い奴ちゃ、ヨイヨイヨイヨイ、踊る阿呆に見る阿呆、同じアホなら踊らな損々・・・」と唄われるよしこので知られる。


近年は徳島以外でも夏のイベントとして催され、徳島の阿波踊り連が指導に当たっている。

有名なのは、商店街の青年部が町おこしの夏のイベント用として阿波踊りを模して始まり、やがて徳島に教えを請う形で発展導入された高円寺の阿波踊りがある。

また四国三大祭りの一つに数えられる。




阿波踊りでは一つの踊りのグループの事を「連(れん)」と言う。

徳島県には有名連と呼ばれる連が多数あり、主に阿波踊り振興協会と徳島県阿波踊り協会の2つの協会に所属している。

大抵の徳島県民には各個人個人に贔屓の連があり、「あっこの連がええ」とか「ほらやっぱりここの連やろ」といった具合に議論になることもある。

ちなみに有名連以外にも、踊りが好きな者同士が集まって結成した連、企業が企業名を売り込む目的で結成した企業連、

大学のサークルなどで結成した大学連、気の合う仲間で結成した連、商店街で結成した連等、とにかく徳島県内には無数の連が存在する。

徳島県外では徳島県出身者が主体となって結成した連もあり、基本的に関西を本拠地とする阿波踊りの連には徳島県出身者が始めたものが多い。

徳島の阿波踊りに参加する連の数は1千組、参加者数は10万人に上るともいわれている。


徳島県
鳴門阿波踊り(鳴門市)
池田阿波踊り(三好市)
阿波踊り@小松島港まつり(小松島市)

関東地方
高円寺阿波踊り(東京都杉並区)
南越谷阿波踊り(埼玉県越谷市)
阿波踊り@高崎まつり(群馬県高崎市)
大和阿波踊り(神奈川県大和市)

近畿地方
北千里阿波踊り(大阪府吹田市)
淡路島まつり おどり大会(兵庫県洲本市)
3日間の淡路島まつりの開催のうち前半2日間が「おどり大会」にあてられている。

公式には阿波踊りとは呼んでいないものの、実質的には阿波踊りである。



阿波踊りホームページ

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2006-07-31 07:32:03

KKK

テーマ:らせん階段

アメリカの白人至上主義団体クー・クラックス・クランの略称




クー・クラックス・クラン(英: Ku Klux Klan)は、アメリカ白人 至上主義団体の1つ。KKKと略される。



白人至上主義団体とされるが、正確にはノルディック(金髪碧眼)を至上とし、黒人やユダヤ人、黄色人種、近年においてはヒスパニックなどの他の民族の市民権に対し異を唱え、同様に、カトリックや、左翼団体、同性愛者の権利運動やフェミニズムなどに対しても反対の立場を取っている。


1865年、南北戦争の終結直後に、最初のクー・クラックス・クランが結成された。

やがて活動に暴力的傾向が強まっていき、1871年には政府に違法のテロリスト団体と認定された。

20世紀初頭、第一次世界大戦中に第2のクー・クラックス・クランが誕生。

白人貧困層の支持を集め、幾つかの州では少なからぬ政治的影響力を持つに至ったが、指導者が強姦と殺人で有罪判決を受けたことを機に崩壊する。

その後も形を変えて生き長らえ、現在もなお、幾つかの分派が活動を続けている。

近年ではイギリスにおいても派生団体が誕生した。

しかし、イギリスのクー・クラックス・クランは、非常に小さな運動にしかなっておらず、実社会には影響を与えていない。



映像作品に登場するクー・クラックス・クラン



KKKはアメリカを預言によりキリスト教徒に約束された地であるとし、白人(アングロサクソン、ゲルマンなど)のみがアダムの子孫であり、唯一魂を持ち一切の罪を犯していない神(イェホバ)による選ばれし民として他の人種からは隔離されるべきであると主張している。

すべての根拠は聖書の部分部分のみを取り出して誇大・歪曲して解釈したものであり、なによりその聖書が彼らの忌み嫌うユダヤ人によって編纂されたものである事を理解していない点で、論理が崩壊していると言える。



クー・クラックス・クランの語は、ギリシャ語の円を表すκυκλος (kyklos)と、スコットランドのゲール語から派生した、「氏族」を表す単語 clan から来ている。

よって「クークラックス」と繋げるのが適切なのであろう。

またもう一説では、銃に弾丸を装填する擬音から来ているとする。

アーサー・コナン・ドイルはシャーロック・ホームズの1編『五個のオレンジの種』The Five Orange Pips でこの語源について著述している。

クー・クラックス・クランのメンバーは、フードを備えた白いローブを着用している。

それは敵に報復するために死後の世界から戻った兵士の幽霊を表し、顔を隠している。

白いローブとフードのもう1つの意味は「匿名の功績」であり、メンバーは神によって使命が与えられたと信じ、謙遜の象徴として白いローブとフードを着用する。

また別の説は、中世のテンプル騎士団員を模倣した物だとする。

オリジナルのクー・クラックス・クランの指導者には「テンプル騎士団員」の位階を持ったスコットランド人の石工が多数いた。

"Grand Wizard"、"Exalted Cyclops"、"Kleagle"と言った位階は、クー・クラックス・クラン内での地位を示すために使用された。



現在アメリカでは、オハイオ州などでKKKの一派、IKA(Imperial Klans of America)が活発に活動を行っている。

直接の原因は2005年初頭に起きた黒人による白人女性のレイプ事件であるが、根底には近年になって急増したヒスパニック系の住人が英語をしゃべらずにスペイン語のみで会話を行っており、それを理解できない旧来の住人の不快感が鬱積(うっせき)したものと言われている。

2006年2月20日付けのCNNニュースHeadline primeの特集によると、IKAは現在若い世代に世代交代し(リーダーが23歳)、KKKの主流として台頭していると言う。

活動の活発化のバックグラウンドとして、ここ5年でアメリカのhate groupの数は600から800へと急増しているという事を挙げていた。

同じユダヤ人を嫌う事からナチスを模倣するようになってきている(敬礼方法が左手を開いて前に出す等)。

従来のKKKと異なる点は、破壊活動や暴力など違法行為を認めていない点である。

IKAの本部はケンタッキー州にあるが、全米各地に支部を設けている。




國民の創生
マルコムX
フォレスト・ガンプ/一期一会
サウスパーク
評決のとき
ミシシッピー・バーニング
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2006-05-19 01:33:08

ウェルズの宇宙戦争

テーマ:らせん階段

小説(原作)~映画化~リメイクまで復習してみましょう

H・G・ウェルズの小説
"The War of the Worlds"(1898年)の邦題。

H.G. ウェルズ, H.G. Wells, 中村 融
宇宙戦争


英国人男性による回顧録の形で書かれた作品であり、SF作品の古典的名作として知られている。

小説冒頭や本文中で語られているように、他の民族に対して破壊行為を働いてきた

ヨーロッパ人に対する文明批判が如実に見られる。

後にアメリカ合衆国でラジオドラマ化された際には大騒動を引き起こし、

その後も何度か映像化されていること、またタコの姿をしたイラストが有名であることから、

タコ型宇宙人が強力な機動兵器を持ち込んで地球(主に合衆国)で侵略行動をするという

一般的認識がある作品でもある。

また、数々のパロディ作品やこれをモチーフにした作品が数多く製作されている。


あらすじ


火星表面で炎が観測され話題になってから6年後、

イングランドのウィンチェスター上空で流れ星が観測され、

直径30ヤード(27.4メートル)ほどの円筒が落下した。

「わたし」を含めた見物人が群がる中、円筒の蓋が開いて醜悪な生物が現れ、

目に見えない熱線が人々を焼き払う。

流れ星は次々に来襲し、家より背が高い3本脚の戦闘機械が登場、破壊の限りを尽くす。

「わたし」は妻を引き連れ馬車で逃げるが、途中ではぐれてしまう。

到着した英国軍も殺戮にあうが、砲撃で戦闘機械の1体に被害を与え、一旦は撃退に成功する。

しかし火星人は液体のような黒い毒ガスと熱線を使う攻撃に戦法を変更し、

軍を撃破してロンドンへと向かう。

ロンドン市民はパニック状態で逃げ惑い、「わたし」の弟も暴漢に襲われていた女性らを助け、

馬車と蒸気船で脱出した。

「わたし」は、知り合った副牧師と共に逃避行を続けるが、

廃屋に数日間閉じ込められ極限状態におちいって牧師を殴り倒したり、

火星人にあと一歩で捕まりそうになったりするものの、なんとか生き延びる。

15日目、様子がおかしいのに気づき外に出ると、火星人らは姿を消していた。

「わたし」は以前出逢った砲兵と再会し、人類が負けた事と将来の事について話し合う。

砲兵と別れたあと静寂に包まれたロンドンに入った「わたし」は、そこで戦闘機械を見つける。

ついに死を決意し近づいていくが、そこでみたものは腐敗した火星人の死体だった。

火星人を倒したのは人間の武器や策略ではなく、太古に造物主が創造した微生物であった。

微生物に対する免疫がない火星人は地球に襲来し、呼吸し、

飲食し始めた時から死に行く運命だったのである。

やがて人々は舞い戻り、復興が始まる。「わたし」は約4週間ぶりに自宅に戻り、そこで妻と再会する。


ジョージ・パルの宇宙戦争(映画)


パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン
宇宙戦争


1953年9月、アメリカで映画「宇宙戦争」が公開された。

製作はSF映画の製作者として名高いジョージ・パル。舞台は20世紀半ばのカリフォルニアになり、

火星人の戦闘機械は1本の触角を生やした、エイのような空飛ぶ円盤型として登場する。

廃屋で火星人に追い詰められるエピソードや暴徒の襲撃など原作にあるエピソードが、

85分のアメリカ映画用としてうまく変更し挿入されている。1953年のアカデミー特殊効果賞受賞。

1988年から1990年にかけて、映画の続編にあたるTVシリーズ「War of the Worlds」が

アメリカで放映された。

日本でも『新・宇宙戦争』のタイトルでビデオが発売された他、

『エイリアン・ウォーズ』のタイトルで放映もされている。



スピルバーグの宇宙戦争(映画)


パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン
宇宙戦争 スペシャル・コレクターズ・エディション


巨匠スティーヴン・スピルバーグ監督、トム・クルーズ、ダコタ・ファニング主演により再び映画化。

公開は2005年6月29日。全世界世界同時上映公開となる。

共演、ティム・ロビンス、ミランダ・オットー、ジャスティン・チャットウィン、ダニエル・フランゼーゼ他。

映画の原題は『War of the Worlds』(ウェルズの小説は“The War of The World”)、邦題も『宇宙戦争』である。

この映画は舞台を現代に設定し、全世界が体験していることを父親と二人の子供たちの目を通して描く。

劇中に登場するする「トライポッド」のデザイン、それが発する不気味で不快な音、物語の結末、

などを見ても、原作の味わいを活かそうとする努力が読みとれ、監督はウェルズにオマージュを捧げていることがわかる。

しかし、設定上ウェルズの原作とはかなり違うストーリーになっている。

また、公開に先駆けてのワールドプレミアが、「スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐」の海賊版が公開前に出回るなど問題になったために、当初の予定であった日本武道館から

六本木の映画館に変更された。

余談であるが、日本の自衛隊が宇宙人を数体倒しており、これは日本は「ゴジラ」などと言った怪獣映画を多数作製しており、監督がある程度敬意を表したといえる



どうやら場所は映画の設定上アメリカですが、ほとんどがオリジナルよりも、

むしろ原作に近いといえるでしょう。


wikipedia(非常に便利な調べものサイトです。コピーや編集の自由で有名)


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-05-09 07:33:10

国家安全保障局

テーマ:らせん階段

国家安全保障局(こっかあんぜんほしょうきょく National Security Agency;略称 NSA

アメリカ国防総省の諜報機関の一つ。

アメリカ中央情報局(CIA)がおもにヒューミント(スパイを使った諜報活動)を担当するのに対し、

NSAはシギント(電子機器を使った諜報活動)を担当する。

あまりに全貌が不明瞭なので「No Such Agency(そんな部署はない)の略だ」と揶揄される事も。

規模ではCIAを上回ると評される。


  • 本部 - メリーランド州 フォート・ジョージ・C・ミード
  • 職員数 - 約38,000人(時期・定義により変化するので、はっきりした数字は分からない。
  • 特にCentral Security Service と言う組織の人数が複雑)
  • 主な任務
    • 外国暗号の解読
    • 外国通信の解析(解読不能であっても、通信量を計測する「トラフィック解析」は重要)
    • 外国のレーダー配置図などの作成
    • 米軍暗号の作成
    • 特に命令・通信が正規の指揮系統から出ていることを証明する「オーセンティケーター」と呼ばれるシステムの作成にかかわっていると推測。
    • (たとえば、偽の核攻撃命令が権限のない人間から出ないようにするため)
    • 米国政府の秘密通信のための基準・暗号・器具などの作成

    NSAの前身は、AFSA(the Armed Forces Security Agency―軍保安局)であり、

    1949年5月20日に統合参謀本部指揮下の国防総省の部局として設置されたものである。

    AFSAは軍情報部隊

    (the Army Security Agency, Naval Security Group and the Air Force Security Service―陸軍保安局、

    海軍保安群、空軍保安部)の通信諜報および電子諜報活動を指揮監督することになっていた。

    しかし、AFSAは能力不足であり、調整機能が不足していた。

    そこで1951年12月より国家安全保障会議の指示により、広範な検討が行われ、

    1952年6月のトルーマン大統領の秘密大統領命令によって、NSAは設立された。


  • いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
    2006-05-02 08:39:52

    1605年11月5日

    テーマ:らせん階段

    火薬陰謀事件(かやくいんぼうじけん/英: Gunpowder Plot)とは、1605年にイングランドで発覚した政府転覆未遂事件である。

    イングランド国教会優遇政策の下で弾圧されていたカトリック教徒のうちの過激派によって計画されたもので、首謀者はロバート・ケイツビー、実行責任者はガイ・フォークス。

    上院議場の地下に仕掛けた大量の火薬(Gunpowder)を用いて、1605年11月5日の開院式に出席する国王ジェームズ1世らを爆殺する陰謀(Plot)を企てたが、実行直前に露見して失敗に終わった。

    これにちなんだ祭事が毎年イギリス各地で開催されており、同国では事件の知名度は極めて高い。


    なお、ここでいう「1605年11月5日」とは、ユリウス暦に基づく日付である。

    事件当時のイギリスでは、未だグレゴリオ暦は採用されていなかった。

    グレゴリオ暦での日付は、1605年11月15日である。

    以下の記述も、特別の記載がない限りユリウス暦での日付(グレゴリオ暦より10日早い日付)である。


    離婚問題のこじれという個人的な理由でローマ教皇庁と対立したイングランド王ヘンリー8世は、1534年に国王至上法を発布して、教皇庁と袂を分かった。

    彼はローマ教皇に代わって自らがイギリス教会の首長であることを宣言した。

    これがイングランド国教会の起こりである。

    ヘンリー8世は自分に従わない聖職者を処罰・処刑したり、修道院の所有していた土地や資産を没収するなどの政策を推し進めた。

    『ユートピア』の著者トマス・モアもヘンリー8世の離婚問題で疑義を呈したことから刑死に追い込まれた。

    ヘンリー8世の死後、熱心なカトリック信徒であったメアリー1世はイギリスをカトリック教会に戻すべくプロテスタントに対する弾圧を行い、「血塗れのメアリー(Bloody Mary)」の異名をとった。


    続くエリザベス1世は完全なカトリックへの復帰も、過激なプロテスタンティズムへの傾斜もとらないという「中道政策」(Via Media)によって英国国教会の位置づけを明確にし、彼女を排除する計画に関わったスコットランド女王メアリー・ステュアートを捕らえた。

    エリザベス自身は処刑に消極的であったが、最終的には死刑執行書への署名を決断、1587年に刑が執行された。

    この事件はカトリック教会の守護者を自認していたスペインにイングランド攻撃の口実を与え、1588年のアルマダ海戦へと繋がっていく。

    イギリスのカトリック・シンパの間ではメアリー・ステュアートは「殉教者」として称えられることになった。

    そのメアリーの息子であるスコットランド王ジェームズ6世は、1603年にイングランド王ジェームズ1世として即位した。

    母親と同じカトリックの信仰を持つジェームズの即位は、カトリック教徒にとって暗闇に差し込む光になると思われた。

    その一方でカトリック信徒と同じく不遇をかこっていた清教徒は1603年4月、戴冠のためエディンバラからロンドンに向かうジェームズに対し、「千人請願」と呼ばれる書状を提出し、清教徒に対し寛容な政策を採るよう訴えた。

    これを受けて翌1604年1月、ハンプトン・コートに各宗派の代表が集い、会議(Hampton Court Conference)が開催された。ところが、この会議で国王は「主教なくして国王なし(No bishop, no King)」との言葉に象徴される、国教会優遇政策堅持の宣言を行った。

    この結果は、清教徒のみならず、カトリック信者にとっても極めて不利なものであった。


    事件以後、「11月5日」という日はイギリスにおいて、特別な意味をもって記憶されることとなった。1606年1月、議会は11月5日を「命を救い給うたことを神に感謝する日」として、

    法定の祝日と定めた

    この制度は1859年に廃止されるまで、2世紀半にわたって続いた。

    また名誉革命(1688年)の際には、カトリック信仰を奉ずるジェームズ2世を廃してイングランドの新国王となるべく決起したオラニエ公ウィレム(のちのウィリアム3世)は、イングランドのトーベイへの上陸日を11月5日に設定した。


    この事件は新旧両教派間の深刻な対立構造を改めて示したが、これがのちの北アイルランド紛争を惹起する原因の1つとなったといわれる

    事件を契機に、毎年国会の開院式前には、赤い制服を身にまとった王衛兵(Yeomen of the Guard)が議場をはじめ王宮一帯をくまなく点検する儀式が行われているが、紛争とそれに伴い頻発したIRAのテロ事件を背景として、現在では単なる行事の域を遥かに超えた大規模なものとなっている。


    イギリスでは、11月5日(ただしグレゴリオ暦)は「ガイ・フォークスの日」と呼ばれている。

    毎年この日には、フォークスを表す人形(「ガイ(guys)」と呼ばれる)を市中に曳き回したのちに篝火で焼く行事が各地で行われた。

    現在では、専ら打ち上げ花火を楽しむ祭りとなっている。


    いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
    2006-04-18 10:41:44

    エージェント・スミス

    テーマ:らせん階段

    ナゾの人ヒューゴ・ウィーヴィング(Hugo Weaving,1960年4月4日 - )は俳優。

    イギリス人の両親の元にナイジェリアで生まれ、南アフリカ共和国、イギリスなどを経て、10代半ばでオーストラリアに移住。

    映画「マトリックス」3部作の「エージェント・スミス」役は有名。

    また、「ロード・オブ・ザ・リング」3部作においても「エルロンド」役で出演し、どちらの作品でも重要な役を演じた。

    オーストラリアの国立演劇学校(NIDA)を卒業後、シドニー劇団で舞台デビュー。

    TVドラマ「Bodyline」に主演し、人気となる。

    映画デビューは「The City's Edge(逆光の中の青春)」。

    1991年「Proof」の盲目の写真家役、1998年「The Interview」の犯罪被疑者役でAFI主演男優賞を受賞(いずれも日本未公開)。

    「プリシラ」 、「マトリックス」3部作、「ロード・オブ・ザ・リング」3部作にて国際的な知名度を得たが、オーストラリアの低予算映画を愛し、シドニーでは時々舞台にも立っている。



    手裏剣先日のリローデッドテレビ放映にまた思い出し、

    面白いサイトを検索

    すみからすみまで見てください。

    黒服にグラサンがあれば、

    誰でもスミス!

    ・・怖い人か葬儀屋かホストですよぉ。

    いや、1着持ってればヴィジュアル系バンドのコスプレにも(昔のGLAYとか)

    私的に思うのはギャルソンとかのひとむかしのDCスーツ(苦笑)



    ロケットマトリックスinTOKYO

    ものすごく面白かった!

    いやぁ笑わせていただきました。

    ここまでやると楽しすぎ・・



    ロケットin大阪

    関西編ということですが、

    雰囲気似てるかもしれません・・


    tamomato

    私も遊んでみました。

    タモリさんでスミスin横浜(爆)

    いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
    2006-04-17 10:46:59

    ボンドカー

    テーマ:らせん階段
    アストンマーチン  DB5 (DP216-1プロトタイプ)
    装備:機関銃・可変ナンバープレート(ナンバー4711・EA・62⇔BMT216A⇔LU・6789)・ナビシステム・スピンナー・せり出し式防弾装甲・携帯発信器ホーマーの受信機(有効距離240km)・煙幕・スリップ用油・助手席を飛ばす、攻撃用バンパーガード、運転席下の武器、無線電話、格納庫等。
    エリザベス女王 の在位40周年記念式典でもお披露目される。
    使用したタイヤがピレリードン・ノット の2種類あることを9歳児に指摘された。
    チャールズ皇太子 も子供の頃ミニカーに乗って遊んだ。
    [1965年]コーギー (CORGI)より発売されたミニカー は世界で200万台売れた。
    1994年 に7500台限定の14金製ミニカーを販売。
    いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
    2006-04-10 09:28:35

    ドミノ理論

    テーマ:らせん階段

    ドミノ理論(-りろん)は、ある一国の政体変更を許せば、ドミノ倒しのように近隣諸国が次々と政体変更してしまうという外交政策の考え方である。

    実際に起こった現象についてはドミノ現象と呼ぶ。

    「ドミノ」はひとつが倒れれば隣が倒れ、さらにその隣も倒れる……というように、すべてが連鎖的に倒れてしまうので、倒れる前に食い止めなければならない。

    冷戦期アメリカの外交政策決定に関る人々の間では支配的な考え方であった。

    アメリカによるベトナム戦争への介入に際してこの理論が用いられた。

    1975年の南ベトナムの共産化の後に新たに共産化した東南アジアの国はないため、東南アジアにおけるドミノ理論は西側陣営にとって杞憂であったとする見方がある。

    一方、北ベトナムの軍事圧力でラオスおよびカンボジアが共産化したことがドミノ理論の裏付けであるとし、軍事介入で10年間持ちこたえたからこそ東南アジア全体の共産化が阻止されたとする見方もある。

    またハンガリーやポーランドにおける「民主化」がチェコスロバキアや東ドイツへ波及し最終的にはすべての東欧社会主義国が体制変更した東欧革命はドミノ理論が現実化したケースとされ、東欧ドミノ現象などと呼ばれることが多い。

    ドミノ現象という捉え方はあまり一般的ではないが、欧州各国における連鎖的な国民主義の勃興によるウィーン体制の崩壊や、戦間期から第二次世界大戦初期にかけて欧州諸国の多くが相次いで独裁体制化し日本にまで影響が波及した現象や、1960年以降アフリカを中心とする植民地が相次いで独立した現象も類似の現象である。(アフリカの年)

    いずれにせよ、各国一斉に体制変更がなされる場合はそれなりの共通の下地があるため、近隣諸国からの影響が体制変更を促進することは否定できないがそれがどれほど決定的なものであるかについては定説はない。

    転じて、「本当にドミノが倒れる」確率に言及することなく、「風が吹けば桶屋が儲かる」式の理論を展開することもドミノ理論という。

    いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
    2006-04-10 08:22:29

    ベトナム戦争

    テーマ:らせん階段

    ベトナム戦争年表(1960年-1975年)


    1960年:南ベトナム解放民族戦線結成(12月)
    1961年:ジョン・F・ケネディがアメリカ大統領に就任(1月)、アメリカが南ベトナムにヘリコプター部隊と軍事顧問団を派遣(11月)
    1962年:アメリカ軍が「南ベトナム軍事援助司令部(MACV)」を設置(2月)、南ベトナムとラオスが国交断絶(11月)
    1963年:アプバクの戦い(1月)、南ベトナムのゴ・ディン・ジェム大統領暗殺(11月)
    1964年:南ベトナムでグエン・カーン将軍によるクーデター(1月)、トンキン湾事件発生(8月)
    1965年:アメリカ海兵隊がダナンに上陸(3月)、アメリカ軍による北爆開始、韓国軍派遣(10月)
    1966年:北ベトナムに対するB-52による初空襲(4月)、初のクリスマス休戦(12月)
    1967年:南ベトナム解放民族戦線がダナン基地を攻撃(7月)、グエン・バン・チューが南ベトナム大統領に就任(9月)
    1968年:テト攻勢開始(1月)、ソンミ村虐殺事件(3月)、パリ和平交渉開始(5月)
    1969年:北ベトナムが南ベトナム臨時革命政府の樹立を発表(6月)、ホー・チ・ミン死去(9月)

    1970年:南ベトナム軍とアメリカ軍がカンボジアに侵攻(4月)、カンボジア内戦勃発
    1971年:南ベトナム軍とアメリカ軍がラオスに侵攻(2月)、ニューヨーカー誌に「ペンタゴン・ペーパーズ」連載開始、南ベトナム大統領選挙(10月)
    1972年:北ベトナムの戦闘機がアメリカ艦艇を初攻撃(4月)、アメリカ軍無制限北爆再開・停止(12月)
    1973年:パリ協定締結(1月)、アメリカ軍がベトナムから撤兵完了(3月)
    1974年:北ベトナム軍がプノンペンを包囲(2月)、リチャード・ニクソン大統領辞任(8月)
    1975年:北ベトナム軍全面攻撃開始(3月)、サイゴン陥落(4月)



    第二次世界大戦後、 アジアや中南米、 アフリカにある多くの植民地で、軍事行動を伴う激しい独立運動が発生し、既得権を守ろうとする欧米列強の宗主国との紛争が繰り返し起きた。

    独立運動は共産主義勢力によって指導されている場合が多く、アメリカに対抗する共産主義体制のボス的存在であるスターリンに率いられるソビエト連邦は、当然、各地の共産主義勢力を支援したが、米ソともに核兵器を保有していることから直接戦うことは避け “冷たい戦争” と呼ばれる冷戦構造が成立した。


    その対立は朝鮮戦争やキューバ危機に見られるように代理戦争の形をとって表面化した。

    自由主義の盟主を自認するアメリカは、中華人民共和国や東ヨーロッパでの共産主義政権の成立が“ドミノ倒し”のように発生したこともあって、一国の共産化が周辺国へのさらなる共産化を招くというドミノ理論に怯え、反共産主義勢力を支援して各地の紛争に深く介入するようになった。



    1960年代前半よりベトナム人自らの意思を無視した形で始められ、その後10年以上の長きにわたって続けられたベトナム戦争によって、南北ベトナム両国は100万人を超える戦死者と数千万の負傷者を出した。

    このことは、掲げる政治理念や経済体制のいかんに関わらず、労働力人口の甚大な損失であり、戦後復興や経済成長の妨げとなった。

    アメリカ軍の巨大な軍事力による組織的な破壊行為により国土は荒廃し、破壊された各種インフラを再整備するためには長い年月が必要であった。

    また、共産主義政権による武力統一および強引かつ性急な社会主義経済の施行は、長年軍事独裁政権下に置かれながらも、(経済活動のみならず思想・言論的にも)比較的自由であった資本主義経済に慣れ親しんだ多くの南ベトナム国民の混乱を招き、その後多くのベトナム難民を生む理由となった。

    アメリカ軍がゲリラ掃討を目的に、人体への悪影響を知りながらベトナムの密林に撒いた枯葉剤は、毒性の強いダイオキシン類を含んでいたために現在に至るまで環境や人体に深刻な影響を与え続けている。

    また、戦争当時にばら撒かれた不発弾や地雷が戦争終結後も多くのベトナム人の人命を奪うなど、ベトナム戦争中の戦闘活動による傷跡は、終戦後30年以上経った現在もベトナム国民を傷め続けている。


    アメリカは自らの利益の為に遠いベトナムの地で起こしたこの戦争で戦死者58,000余名と1,700機の航空機損失を出し、膨大な戦費負担は経済を直撃した。

    しかしながらこの戦争により、ボーイングやロッキードなどの多くの軍需関連産業は大きな利益を手にし、いくつかの破産寸前だった企業が息を吹き返し、アメリカという国家が軍産複合体に大きく依存していることが再認識された。

    また、戦争をめぐっての国内世論の分裂や敗北による挫折感は既成の価値観を崩壊させた。他にも、“勝利”を獲得できなかったベトナム帰還兵への非難や中傷が社会問題化したこともあった。

    また、北ベトナムが南ベトナム解放民族戦線の協力者を通じ、アメリカ兵に対して大量の麻薬をバーや売春宿などでばら撒いたため、その後帰還兵を通じてアメリカ国内で麻薬汚染が深刻化するなど、直接的、間接的な影響はアメリカという国家そのものに大きな傷跡を残した。

    また枯葉剤が撒かれた場所に行ったことがある兵士たちもダイオキシンを大量に吸い、その後遺症に苦しむ人々が多い。



    いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
    2006-04-10 08:19:12

    クメール・ルージュ

    テーマ:らせん階段

    カンボジア王国(―おうこく)はインドシナ半島にあり、ベトナム、タイ、ラオスに接している東南アジアの国。

    首都はプノンペン

    近隣の国とは陸続きであるが、国民の90%以上がクメール人(カンボジア人)である。

    言語はクメール語(カンボジア語)、宗教は仏教(上座部仏教)である。



    1965年5月、シアヌーク国王は北ベトナムへの爆撃を行なうアメリカ合衆国との断交を宣言した。


    1970年3月、親米のロン・ノルがシアヌークの外遊中にクーデターを決行し、シアヌーク一派を追放、クメール共和国の樹立を宣言した。

    彼は翌4月、アメリカ軍に自国を侵攻させた

    ベトナム戦争のホーチミンルートを粉砕するためだったが、このために国民の不人気を買った。

    シアヌークは中国へ脱出したが、彼を助け、共にカンボジア帰国を果たしたのは、毛沢東主義に心酔したポル・ポトらの指揮する共産主義勢力「クメール・ルージュ」だった。

    10月、ポル・ポトはシアヌークを擁立してロン・ノル政権との間で内戦となった(カンボジア内戦参照)。

    1971年1月、アメリカはロン・ノル政権支援のために南ベトナム派遣軍の一部をカンボジアへ侵攻させた。10月、ロン・ノルは軍事独裁体制を宣言し、1972年3月に新憲法を公布した。


    1975年4月、ロン・ノルは亡命、ベトナムではサイゴンが陥落し、ベトナム戦争が終結した。

    この後、クメール・ルージュが首都プノンペンに入城し、1976年1月に「カンボジア民主国憲法」を公布し、国名を民主カンプチアに改称した。

    クメール・ルージュは、強力な農業本位と民族主義を打ち出した。

    プノンペンを始め、中産階級的な都市住民を強制的に農村に入植させ、強制労働を科した。

    頭脳階級や留学生をはじめ、200万人を超えるともいわれる虐殺も行った。

    1978年1月、ベトナムと国境紛争を起こし、ポル・ポトはベトナムと断交した。

    この頃、ベトナムはソビエト連邦との関係を強化しており、中ソ対立の構図から、中華人民共和国と関係の深いポル・ポト政権と対立することとなった。

    ベトナムはポル・ポト打倒を掲げ、ベトナムに亡命していたヘン・サムリンを首相に擁立して侵攻した。

    1979年1月、ベトナム軍がプノンペンを攻略し、ポル・ポトらをタイ国境近くまで駆逐した。

    その後、親ベトナムのヘン・サムリン政権が樹立されたが、ポル・ポト派と内戦状態になった。

    2月には中国軍がカンボジア侵攻の報復としてベトナムを攻撃した(中越戦争)。

    しかし、中国は戦争慣れしたベトナム軍に惨敗し、3月には撤収した。

    その後の内戦はさらに国王派など2派を含んだ複雑なものとなった。



    クメール・ルージュ(Khmer Rouge)は、1975年から1979年までカンボジアを支配した共産主義政党。赤色クメールともいう。政党の公式名はカンボジア共産党、その後民主カンプチア党。

    クメール・ルージュ政権下では、資本家層、学者、医者、教育関係者は元より、大人は全て殺戮の対象となった。

    20世紀、ナチ(=国家社会主義ドイツ労働者党)と列び、大量殺戮で悪名高く、自国民の1/3~1/4が殺戮されたとされる。



    クメール・ルージュは、「革命の恩恵は農村の労働者に与えられるべき」という視点と、階級の無い完全な共産主義社会の建設を目指すと称して、都市居住者、資本家、技術者、知識人など頭脳階級から一切の財産・身分を剥奪し、郊外の農村に強制移住させた。

    学校、病院および工場も閉鎖し、銀行業務どころか貨幣も廃止し、宗教も禁止し、一切の私財を没収した。


    移住させられた人々は、強制労働収容所より小さい「集団農場」で農業に従事させられる一方、知識人階級は反乱を起こす可能性があるという理由で殺害された。

    反乱を企てた農民も殺され、反乱の首謀者になる可能性があるリーダー格の人間も殺された。


    革命が成功したことを知り、国の発展のためにと海外から帰国した留学生や資本家も、やはり殺された。

    また、子供は親から引き離して集団生活をさせ、幼いうちから農村や工場での労働や軍務を強いた。

    クメール・ルージュは、米軍の爆撃の結果生じた大量飢餓から人々が食糧を自給できるように地方への移住を行ったと主張することにより、行為を正当化した。

    カンボジア・ゼロ年」として知られているこの政策は、強制労働および飢餓を通じて、カンボジア人の大量死に至った。

    クメール・ルージュ政権は、更に前政府関係者、各種専門家および知識人への関係を持った者およびベトナム系の人々も殺戮した。

    多くの資料は、クメール・ルージュ政権の虐殺が、近代史中のどの政権より、自国の人口の死亡原因の最大要因だったことを示している。

    最低は死亡者数の10%、確実な数字としては20~25%であると考えられる。

    この数字は4年の政権下で達成した。


    いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
    1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

    AD

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。