[映画]亜人

テーマ:
あじん!


『亜人』
近年になって発見された、どんな傷を負っても死なない新人類「亜人」。
2017年の東京。普通に暮らしていた永井圭(佐藤健)は、交通事故に遭った直後に体が再生し、亜人であることが判明。
圭は亜人研究施設に隔離され、連日繰り返し酷い実験を受けさせられるが、そこを佐藤(綾野剛)という亜人のテロリストに助けられる。
国家転覆を企てる佐藤は圭を誘うが、それに同調できないと言う圭との話は決裂。
独自に仲間を集め、恐ろしい作戦を進める佐藤を止めるため、圭は立ち上がるが‥‥。

---------------

アニメ化もされた大ヒットマンガ「亜人」の、実写映画化です。
監督は、「踊る大捜査線」シリーズなどの本広克行さん。

死なない人間「亜人」。
もちろん架空の存在ですが、「実際に現代に現れたら」と仮定した政府・企業の動きや世間の反応が生々しくて楽しいマンガなのですが。

もう、1本の映画では収まらないくらいに連載が続いておりますから。
かといって、前後編・3部作などの感じでもなかったので、どうするのかと思いきや。

見せるところを、ほぼバトルアクションに絞って、きっちりと1本に収めてありました。
なので、ストーリーのテンポが凄く良くて。

「人間vs亜人」「亜人vs亜人」
の、知恵と駆け引きを使ったバトルは
格闘アクションの迫力も相まって、見応え十分。
亜人の出す「黒い幽霊」も、キモ強くてグー。

「亜人」としての戦いを知り尽くした佐藤は、どう考えても無敵。
それに圭たちがどう立ち向かうのか?
奥歯ぎっちぎちに噛み締めながら、見入ってしまいました。

佐藤健さん、綾野剛さんのアクションがカッコええのは、もちろん期待通りだったのですが
川栄李奈さんのアクションが、これまた良くて。
川栄さんメインのアクション映画も、ちょっと見てみたくなっちゃいました。

ストーリー的には、原作に比べると、だいぶ端折ってある感は否めなく。
そこは寂しかったっちゃあ寂しかったですね。

圭や佐藤をはじめ、それぞれの登場人物が、過去に何があり、そこで何を思って、今何のために‥‥
というのを、僕はもう一歩踏み込んで知りたかったです。
バトル部分以外にも、マンガ「亜人」の魅力はあるわけですから。

僕は何度も、マンガや小説原作映画の、前後編や3部作化あまり好きではないと、このブログで書いてまして。
その考えは、今も変わらないのですけど
だからって無理に1本に収めようとすると、やはり大事な部分が入らなかったりするのだな。


☆個人的見どころ
 ・死なないアクション!
 ・川栄さんカッコええ
 ・決着の行方

AD