ありがとうカジキさん

テーマ:
うちにはウーパールーパーがいまして。

飼いはじめたのは2011年6月。

ペイジワンを見に来てくれた作家さんに、差し入れで(まさかの!)いただいて、仕方なく世話を始めたのですが。

大きくなるように「カジキ」と名付け、水槽やポンプを買い。

目が悪いのか、エサをおはしで口元に持っていかないと食べなくて。

世話にお手数がかかるカジキは、すっかりかわいい家族の一員になりました。

今年で6才。

ウーパールーパーの寿命は8年くらいだとネットで見たもんで。

あと2年。あわよくば4年で、10才まで生きてくれりゃあなあと思っていたのですが。

やはり年と共に、徐々に元気がなくなってきて。

以前はよく土管(大輪教授のプレゼント。カップヌードルの容器を横にしたくらいの大きさ)の上に乗って、優雅に過ごしていたのですが

ここ1~2年は、そこまで浮上する元気がないのか、土管の中でじっとしてることが多く。

ウーパールーパーのシンボル・顔の横のヒラヒラも、もうすっかりなくなっていて。


そして昨夜。

僕が家に帰ると、腹を上にしてひっくり返ってしまっていて。

エサやり用の棒で、元に戻してあげたのですが、少し動くものの、やはり元気がなく。

ちょこちょこ様子を見ていたのですが、朝にはすっかり動かなくなってしまい。

じっと様子を見てきたのですが、昼過ぎ、完全に亡くなっていることを確認いたしました。

享年6才。

1才のうちの子より、3才半のトイプードル・もなかより、5年前に知り合った奥さんよりも、前から家にいたカジキさん。

当時は一人暮らしでしたし、妙に寂しくなるような夜には、10cmに満たない小さな体なのに、ずいぶん癒してくれました。


生前のカジキさん。





ありがとうカジキさん。

また会う日まで。
AD