不思議の負けなし | 辻川泰史オフィシャルブログ「毎日が一期一会」Powered by Ameba

不思議の負けなし

仕事において勝ち負けというと
目標数値を達成したという目に見える勝ちと
目標数値を達成出来なかった目に見える負けというように分けられると思います。

ただ仕事においては一見して上手くいかなかった、数値が落ちたという負けたと思う状況であっても、そこで振り返り学ぶ事で結果として勝ちに繋がることもあります。

上手くいかない時に何を考え、何を得るか。
が大切と感じました。

勝ちに不思議な勝ちあり
負けに不思議の負けなし
平戸藩 藩主 松浦静山
の言葉ですが、
亡くなった野村克也監督が
引用しており印象的な言葉でした。

経営者として肝に銘じようと思います。