スタートの日 | 辻川泰史オフィシャルブログ「毎日が一期一会」Powered by Ameba

スタートの日

20002年の6月に会社設立し訪問介護と居宅介護支援を申請し

9月1日付で認可がおり介護事業がスタートして

ちょうど17年になります。

このマンションの2階の1室からのスタートでした。

 

最初は利用者様も居ないので、地域の居宅支援事業所へ自転車で営業しました。

 

当時、24歳の私が営業に行くと、応援してくれる方もいる一方で

「若いのに介護できるの?」「お金もってるのね」などと嫌味を言われてしまう事もありました。

 

面接に来た人がマンションの1室の本社兼事業所を見て、
直ぐ帰ってしまったりと自分が思っていた以上に苦労しました。

 

今にして思うと苦労して当然な事柄ばかりです。

何も分からない状況で行っていた無知な状態でした。

 

そういった経験があったお陰で学んで来れました。

 

当時は何もなく先行きも見えずに不安でした。

 

今はあるものに不足を感じてしまうことも多々ありますが、

そういったゼロからのスタートを思えば多くのことに感謝できます。

 

17年前の自分から現在の自分を見てどう思うのか?

当時になかった経験や知識は当然、現在の自分の方があります。

 

その当時から見たら、まさか自分が出版したりテレビに
出演出来たりとは思ってもみなかったことであり、「すげぇー」と感じると思います。

 

逆に勢いがなくなったなー!とか感じることもあるかとも思います。

 

1年前の自分、2年前の自分、起業した15年前の2002年当時の自分からみた自分と、
現在の自分を振り返る日、過去の自分との対話する日でもあります。