親の大恩十種 | 辻川泰史オフィシャルブログ「毎日が一期一会」Powered by Ameba
2019年01月02日(水) 10時15分08秒

親の大恩十種

テーマ:神社・寺
毎年1月2日は御護摩祈祷の為、
高幡不動尊で参拝します。
 
その護摩の前の説法が毎年、楽しみです。
今年は「親の大恩十種」、
その中の2つについての説法でした。
 
懐胎守護(かいたいしゅご)の恩
妊娠すると母体は病気のようになり、負担も大きくなる。
十月十日の間、母親は食事も苦しく、自分の趣向よりも胎内の子供の
安全を第一に考える。
そうして、生まれてくるということ自体に大恩がある。
 
臨生受苦(りんしょうじゅく)の恩
いざ出産に臨む苦労は苦痛を伴います。
そういった痛みをこらえ生んでくれた事へ大恩がある。
 
という内容でした。
 
誕生の日は母苦難の日!
という言葉も教えて頂きました。
 
ありがとうございます
 
image
image
image
image

辻川泰史さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース