琉球介護コミュニティ協会 | 辻川泰史オフィシャルブログ「毎日が一期一会」Powered by Ameba
2018年12月25日(火) 18時55分44秒

琉球介護コミュニティ協会

テーマ:思ったこと!

一般社団法人 琉球介護コミュニティ協会設立

沖縄県の介護福祉医療関係の有志と

共に一般社団法人琉球介護コミュニティ協会を設立しました。

私自身は副代表として、協会の取組を行います。

琉球介護コミュニティ協会では、沖縄県の介護福祉業界の発展の為に下記のような取り組みを行います。

1・研修事業

2.コミュニティの場の創出

3・認知症などの啓もう活動

 image

1の研修事業を中心に行います。

この研修事業では、介護事業経営者向けの研修と、介護現場向けの研修の2つのカテゴリを行います。

介護福祉業界では経営者向けの研修では制度の解釈や動向が重視され実際の

マネジメントや情報発信の方法など必要とされている研修が少なく、

また、経営者自身もそういった関心が薄い傾向にあります。

経営者の気づきを深めることは組織全体の再編にも繋がります。

そういった気づきと行動変容に繋がるような研修を行い、組織発展に貢献します。

また、介護現場向けの研修は技術や知識が中心となる研修が多いですが、それ以外に自身がキャリアアップできる研修、

そして同じ立場の人同士が繋がる研修を行っていきます。

 image

 

琉球介護コミュニティ協会の代表は看護師で若手経営者の株式会社SYMケアサポートの前泊社長が行います。

介護と看護、そして医療の連携を深める為の構想も持っているので、更に大きな変革の為のリーダーシップを発揮してくれる代表です。

そして、理事には小濱道博先生、菊地雅洋先生、徳洲会病院の小畑医師も就任しました。

広い視野で、多くの方の要望、期待に応えていきたいと思います。

 image

現在の世の中はコトラー博士の定義するマーケティング4.0の時代と言われています。

顧客の自己実現をサポートする事。同時に職員の自己実現を支える組織が求められる事

 

この介護福祉の業界で良質なコミュニティを考案し、そして構築する事。

その事例を創りあげること。

これは人口の多い地域では難しい事も多々あると実感します。

相互の関係性が築きにくい、そして地域のコミュニティが既に失われている場合もあります。

その中で沖縄は介護コミュニティのモデルを創出する地域には最良です。

模合という文化があります。

模合(もあい)と読みます。

私自身も沖縄の会社の役員に就任するまでしりませんでした。

スタッフが今日は模合なので、等と聞くと何だろう?

と疑問でした。

色々な模合の形態があるようですが、

模合のメンバーがお互いに決まった金額を毎月出し合い、そのメンバーの一人が順番でうけるという仕組みのようです。

相互の協力とコミュニティの強化が自然に出来ています。

また、最近の沖縄でも減少しているようですが共同売店での会話も文化で根付いています。

そして、旧暦の正月や、エイサーの参加など。

地域の中での繋がりが深くあります。

何より琉球文化の継承を皆、大切に感じています。

 

そういった地域の繋がりが深い地域だからこそ、

介護福祉業界の活性化の為のコミュニティが根付き易いと思います。

そして、そこで得た経験や取り組みが大袈裟かもしれませんが、

日本の介護モデルのコミュニティの見本のような形になれば!と感じています。

 

沖縄県事態の出生率は高くいのですが、地域によっては高齢化となり、北部の地域の方では廃校となる小学校などもあるようです。

地域の文化の継承が途絶えてしまいます。

この高齢社会に直に関わる介護福祉の仕事は、そういった社会問題の前線で目の当たりにすることも多くあります。

 

私自身の経験です。私の著書の福祉の志事を人生に活かす!(中央法規出版)P52-

文化、歴史の継承を担うのが介護の仕事

ここでもまず私の経験を紹介します。以下は、

私が訪問介護員として週1日2時間、生活援助、車いすでの買い物の付き添い、入浴介助などのサービスを提供していた利用者との会話です。

利用者「昔ね、もう半世紀ぐらい前だけど、そこにプロ野球の試合ができる野球場があったんだよ。知っていた?」

私「プロ野球の球場ですか? 知らなかったです。今では想像できませんね」

利用者「本当だね。知っている人はもう少なくなってるんじゃないかな?」

私「初めて伺いました。どこの球団ですか?」

利用者「忘れたな。確か国鉄っていうチームだったと思うな」

私「国鉄が野球チームを持っていたんですか?」

利用者「そうなんだよ。あなたの世代じゃ知らないよね」

私「今度、調べてみますね」

利用者「こういった町の風景も変わっちゃうんだよね。寂しいね。お子さんはいるの?」

私「まだ結婚してないんですよ」

利用者「子どもができたら教えてあげるといいよ。きっと驚くね!」

認知症のある利用者だったので、この話を聞いた時は、どこか別の地域のことと混同しているのではないかと半信半疑でした。しかし、帰宅してインターネットで調べてみると、事実でした。短期間でありましたが、確かにプロ野球の試合も数試合行われていたのです。

この利用者が教えてくれたのは、「プロ野球の球場があった」ということだけではなく、「地域の歴史」だと思います。

もっと若い世代の人からは、こうした歴史の話は聞くことができなかったでしょう。

そして、介護以外の仕事をしていたならば、まず知ることはできなかった事実だと思います。

決して大げさではなく、身をもって「地域の歴史」を体験してきた方と話ができることは、介護(福祉)の仕事ならではの大きな魅力といえるでしょう。

ここまで、抜粋

 

12月21日のキックオフミーティング&セミナーには50名を超える方々に

参加頂きました

ありがとうございます。

image

協会では様々な団体と協力し、柔軟に色々と取り組んでいきます!

よろしくお願いします

 

 

 

一般社団法人琉球介護コミュニティ協会 

副代表 辻川泰史

辻川泰史さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース