ご縁を育む | 辻川泰史オフィシャルブログ「毎日が一期一会」Powered by Ameba
2018年12月17日(月) 22時38分47秒

ご縁を育む

テーマ:思ったこと!

今年もあと僅かですが、新しいスタッフとの出会い、利用者様との出会い、クライアント様、セミナー受講生の方など多くのご縁を頂きました。

 

私自身、著名な方、メディア関係の方とのご縁も多く頂き、視野、活動の幅も広がりました。

 

あまり好きではない言い方ですが、「人脈が多いですね。どうしたら○○さんのような有名な方と知り合いになれるんですか」等と尋ねられることがあります。

 

狙って行っているわけではないのですが、一つ大事にしていることがあります。

 

それは「紹介して下さった方、縁を繋いでくださった方を立てる」事です。

 

よく、○○さんと知り合いになりたいから、面識を持ちたいからと言って紹介を依頼されることがあります。

 

そういった際に相互にメリットになると思い紹介することがあります。

 

その際に紹介した人同士が上手く付き合ってくれることは紹介者として嬉しいことです。

 

ただ、その事に関して、「こんな風に一緒に○○を行う事になりましたよー」などと連絡を頂くと、また、何かあったら力になりたい。

と思いますし、紹介した嬉しさも増します。

 

逆に、紹介したあとにこちらから「そういえば○○さんとは連携出来そうですか?」

と尋ねるまで何も言ってこない人がいます。

 

こういった方には、また紹介しようとは思い難いものです。

 

私自身は、最初の2,3回までは「今、こんな連携持たせてもらってます」等と紹介者の方に連絡を入れるようにしています。

 

そういった事を、ある、メディア関係の社長さんに褒めて頂き、テレビでコメンテーターをしている方を紹介して頂く事に繋がりました。

 

ご縁を大切にする!

縁を繋いでくれた、きっかけをくれた方への対応が大事だと思います。

自分自身もまだまだ不十分なので、より配慮していこうと思います。

 

以前、ディスカバリーチャンネルのマフィアの特集で、マフィアのボスが言っていた言葉です。

「人を紹介するときは、その人物に対して責任を負います」

そして

「紹介した人物の不始末は紹介者が責任を取らねばなりません」

と続きます。

 

マフィアに限らず大事なことだと感じます!

 

介護事業はケアマネジャーやソーシャルワーカーなどの紹介で成り立つ一面も多くあります。

何事にも通じることと思います。

 

12月15日は小濱道博先生、ケアペッツの藤田会長とコラボセミナーでした!

image

懇親会も盛会でした

image image image

image

辻川泰史さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース