分かっていても行わない。 | 辻川泰史オフィシャルブログ「毎日が一期一会」Powered by Ameba
2018年02月05日(月) 22時11分28秒

分かっていても行わない。

テーマ:経営

スタッフやクライアントにアドバイスをする際に

頭では分かっているのですが、、、出来ない、受け入れられない

という言葉を聞くことが稀にあります。

 

そういった時に状況は違いますが、アドバイスすることは

無意識に行っている行動を変えてみることです。

例えば、関係ないように感じることでもありますが帰宅ルートを変えてみる。

入浴の際に洗う順番を変えてみる、

歯磨きの際に利き手でなく逆の手で行ってみる。

 

何でも普段の習慣で無意識に行っている行動を

意図的に意識して行ってみることで自分の捉え方、感じ方が変わってきます。

 

そうすると今の自分の良くないルーティンから抜け出せることにも繋がります。

 

仕事を覚える時に上手くいかない時も多々あります。

 

そういった際に上司や先輩から指摘や注意を受ける事もあります。

同じような能力、年齢、経験で

同じような指摘や注意を受けて、

成長出来る人と成長出来ない人、

に分かれます。

 

何が違うのか?

受け取り方というのは当たり前の事でもありますが、

大きな要因は素直かどうか?

という素養も大きいと感じます。

 

出来るようになる人は

頭で分かっているという言葉の後に行動をします。

出来ない、上手くいかないからこそ、行動をします。

その中で気づきが出てきて出来るようになります。

その経験が自信になり、より成長します。

 

出来るようにならない人は

頭で分かっているという言葉の後に誰かのせいにしてふさぎ込みます。

優しく教えてくれないから、厳しく指摘された方やる気がなくなった、、、

と原因を他者に求めます。

自分を正当化します。弱って見せたりします。

 

自責の念か?他責の念か?

 

自分に原因を求めることは時に悔しい事でもあります。

しかし、捉え方を変えて違う視点で見ることが大きな学びと

心の成長にも繋がると思います。

 

指摘を受け、頭では分かっているけどできない。

指摘のされ方が気に食わなくてやる気が失せる。

そういった事を深く聞いて見ると

「本音」「図星」である自分の抱えている課題を突き付けられた事への

反発でもあると思います。

そこで、捉え方を少し変えて行動するかどうかが

自分の成長度合いも変わってきます。

 

私自身は

経営者となり、コンサルタントの仕事も行うようになりました。

社会人として駆け出しのころは、指摘や注意を受けると反発してしまう事も多々ありました。
そういった課題と向き合わずに逃げるような事もありました。

しかし、
その事によって解決したことはありません

結局は、タイミングが違うだけ、対象となる人が違うだけ、状況が違うだけで、
同じような局面にぶつかりました。
そういった際に向き合い視点を変え、乗り越える事で、同じような状況になっても乗り越えることが出来るようになりました。

逃げ癖、負け癖は付くと厄介です。

向き合っていく事を大切にしたいと思います。

ありがとうございます

 

工夫があることで知恵が湧き、

世界が広がる。松原泰道先生

 

 

2月1日は松山にてセミナーでした

image

image

image

今日は那覇でした

沖縄には頻繁に行くのですが12度というのは初めてでした

image

辻川泰史さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース