Could I get this altered? ”get+目的語+過去分詞” | 英文の書き方・英文法がわかるブログ

英文の書き方・英文法がわかるブログ

気づいたら「英文が書けるようになっていた!」となるように、中学・高校レベルの英語を一から解説していきます。英会話フレーズの文法解説などをします。


テーマ:

ズボンの裾上げなど、お直しをしてもらう場合、

 

Could I get this altered?
「お直しをしていただけますか」

 

と言います。

 

上の例文のget以降は、

 

get+目的語+過去分詞

 

という形になっています。

 

getは使役動詞(~させる)の一つで目的語の次に過去分詞が来る場合は、「目的語を~してもらう」という意味になります。

 

直される(alter)のは、目的語(this)なので、this altered というように alter が受け身の意味を示す過去分詞になります。

 


英語学習にお困りのあなたは、こちらをご覧ください。

↓↓↓

塾の10倍安い! 質問し放題 - 英文法、英語読解、英作文、TOEIC、英検の学習を継続サポート

英文の書き方がわかるブログ by英文添削サービスさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ