英語学習10のポイント | 英文の書き方・英文法がわかるブログ

英文の書き方・英文法がわかるブログ

気づいたら「英文が書けるようになっていた!」となるように、中学・高校レベルの英語を一から解説していきます。英会話フレーズの文法解説などをします。


テーマ:

書店では、実にさまざまな英語の勉強法についての書籍が並んでいます。

 

勉強を進める中で、自分なりのやり方を見つけていくのがよいと思いますが、最終的には覚えなきゃならないことがあることには変わりません。

 

英語学習でポイントになることをいくつか挙げます。

 

 1. アルファベットを覚える

 2. 簡単なコミュニケーションフレーズ(Hello!, Good morning. , How are you?等々)を覚える 

 3. 英単語を覚える

 4. 音読をする(教科書などの英文を暗記してみる)

 5. 教科書や参考書、問題集、テスト問題などで知らない単語が出てきたら辞書ですぐ調べる

 6. 熟語や構文を覚える

 7. 英文法を理解し覚える

 8. 問題を解く(英文和訳。英作文等々)

 9. できなかった問題を復習する 

10. 英語ができるネイティブ等と話す

 

上の1~7まではインプットで、8と9がインプットですね。

10は、インプットとアウトプットを兼ねているともいえます。

10ができれば最も理想的ですが、日本で暮らしている場合はなかなか難しいところがあります。

 

英会話スクールに通ったことがありますが、授業料もお安くはないので、外国人の友達ができたらそれが一番良いかもしれません。

 

最近は、比較的利用しやすい値段で、ネイティブの英会話等のレッスンを受けられるようですので、そういったものを利用するのも良いかと思います。

 

英語の勉強のポイントはいくつか挙げられますが、それ以前に問題となるのは、英語を学ぶというモチベーションを維持できるかどうかでしょう。

 

小中高校生までは受験勉強が関わってくるので、英語を勉強するモチベーションがある意味自動的に保てますが、大学生以降は、仕事で必要になったり自分が英語に興味を持ったりしない限り、目標がなくなってしますので、英検やTOEICを一つの目標として設定するのも良いかもしれません。

 

何か趣味を持っている人、たとえばヨーロッパのサッカーに興味がある人が、翻訳されていない海外の記事を読みたい、となれば、そういったことも英語を勉強するモチベーションになると思います。

 

また、外国人に向けてビジネスをしたいと思い立ったら、英語を勉強する格好のモチベーションとなるでしょう。

 

まず、目的なり目標なりを見つけて、勉強を進める糧にしてください。

 


英語学習にお困りのあなたは、こちらをご覧ください。

↓↓↓

塾の10倍安い! 質問し放題 - 英文法、英語読解、英作文、TOEIC、英検の学習を継続サポート

 

 

英文の書き方がわかるブログ by英文添削サービスさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ