人気ブログランキングへ


『国民に愛想をつかされた「アホノミクス」の末路』(『東洋経済』浜矩子)から。
長い上に、私に負けないくらい冗長な部分が多いので引用しません。この人、文章ヘタやな。
仕方ないので箇条書きで。

------

・苦境にある人への対策があまりに小粒で遅い。

・108兆円とか言ってるが、真水は20-25兆円程度。

・「(所得の)空白は政府が埋めるから安心して休業を」なら国民は納得できた。

・非常時こそ政府が出動するときだ。

------

文章は長いのですが、まあこの程度の事しか言っていません。
内容としては私の主張と似ていると思われるでしょう。
しかし、ここからが本題です。

------

・だからこそ、平時において財政は健全性が必要。

・非常時に備えて、日頃は余計な無駄遣いをしてはならない。

・「経済成長のためだ、ケチケチするな」は、的外れ。

・中銀の国債買取りは禁じ手。普段から禁じ手をやっているから説得力が無い。

------

前半では長々と正論を続けるので、いつになったら平常運転が始まるのかと思いましたが、後半はいつもの浜矩子さんでした。

この方の頭の中にも「お金は使ったら消えて無くなる」という思い込みがあります。三周遅れの平成脳満開。そして絶対にその考えを覆すことはありません。輝かしい経歴の全否定だからです。
しかし我々は、浜矩子さんの人生のためにこの国を無茶苦茶にすることはできません。言い換えれば「知ったことか」。
浜矩子さんの考え方は、例えば橋下徹さんなどと変わりません。非常時に大盤振る舞いをするのは当然だが、カネは有限なのだから普段から倹約を…という話です。聞き飽きた話であり、完全に間違っています。
直接的表現はありませんが、この考え方の中には非人道的な「仕方ない」との感覚があります。つまり、お金はもったいないけど、残念だけど、出す「しかない」よね…という感覚です。そうなると、普段はケチるべきだし、災害対応も可能な限り小規模にすべきだという発想になります。橋下徹さんが、


議員は歳費を返せ

公務員に給付金を出す必要はない


と主張したのが、まさにそれです。
そもそもこの世に「日本円」という通貨は存在しませんでした。これを無から発行するには負債が必要です。負債なくして通貨の流通はあり得ません。浜矩子さんが主張する倹約とは「政府は通貨を出すな」ですが、このデフレ下では、まさに国民に死ねと言い放つに等しい。
そして現実の政治では、普段からガッチリと倹約していました。だからこそ実際、国民が貧困にあえいでいます。これって、浜矩子さんのせいでもありますからね。あなたには私の一億倍は発言力があるのだから。

とにかく、倹約の「程度」の感覚が全く違うらしい。浜矩子さんは安倍政権が常々大盤振る舞いをしてきたと信じています。しかし我々は安倍政権がケチだと常に指摘しています。同じ政権批判でも、方向が全く反対なのです。
ちなみに、言うまでもありませんが浜矩子さんの言う通りに普段から「倹約」していたら、我々の財布に入っているカネは確実に少なかったでしょう。デフレなのだから民間の信用創造だけでマネーストックが十分に増えていた可能性など皆無です。つまり政府が「倹約」した分、確実に国民の財布は貧しくなります。浜矩子さんは弱者救済を強調し政府を批判するという道徳的行為に酔っているかもしれませんが、事実は、オノレこそが弱者に厳しい非道をやっています。
いや、もちろん、能動的に非道をやろうと思っているのではないでしょう。

た だ 純 粋 に バ カ

なのです。しかしこのバカは、現実に人を殺す。だから私は、この連中は国民の敵だ、戦争相手だと何度も言っています。
デフレの放置は弱者殺しの最たる方法です。カネの価値が重くなり、同時に借金が重くなります。非常時のためにとっておく、とは台所的発想ですが、いまだに、

一般人と政府の財布を同一視するレベル

が専門家を自称して偉そうな地位にいるのです。「ぶんすうのかけざんとわりざん」ができない人が数学の教授をやっているようなものです。最初は「微分・積分」と書こうとしましたが、「ぶんすう」で十分です。

残るは私が間違っている可能性ですが、残念ながらそれもあり得ません。何度もしつこいのですが、これは私個人の考えではない。ただの事実です。私は土井丈朗さんや浜矩子さんなどより頭のデキは遥かに下ですが、事実の主張は脳の程度とは関係ない。土井丈朗さんや浜矩子さんの方が絶対に間違っています。検察庁法改正の問題は「考え方によっては」という議論もあり得ますが、デフレ下で政府が倹約すると国民が死ぬという事実に議論の余地は無いし、土井先生が大好きな「ワニの口」の開きは、災害の規模と政府の対応の規模の概要が分かるだけで、政府破綻の根拠には全くなりません。超バカバカしい。くだらない。いま忙しいんだよ。あっち行ってろ。
こんな妖怪のような連中が跋扈している限り、日本の経済復活は無いでしょう。

------

GDP年率3.4%減 2期連続マイナス 1~3月期速報値(毎日新聞)

内閣府が18日発表した2020年1~3月期の国内総生産(GDP、季節調整値)の速報値は、物価の変動を除いた実質で前期比0・9%減、この状態が1年続いた場合の年率換算は3・4%減となり、2四半期連続のマイナスとなった。

------

消費税が主犯(というかほぼ単独犯)だった2019年10-12月期と比較すれば、半期で▲2.7%、年率▲5.4%くらいの減だと思います。
まだ分からないとはいえ、感染者数は減っているように思います。これからは「気を抜かずに経済の回復」を進めねばなりません。もちろん対面での密集した飲み会などは不可能ですが、飲食店も再開せねばなりません。

しかし本当に分からん。
なぜ日本はこれほど(敢えて言葉を選ばずに言うと)「軽微」に済みそうなのか。




内容にご賛同くださる方はクリックを
↓お願いします。いつもありがとうございます。
人気ブログランキングへ