捨てられて、病魔に、余命わずかのくまさ | 認定NPO法人えひめイヌ・ネコの会ブログ
2018年07月09日 13時00分00秒

捨てられて、病魔に、余命わずかのくまさ

テーマ:スポンサー募金
 
何年前になるでしょうか?
6年以上は経過している気がします。
私がこういう活動をしていると知りえた人が
隙を見て
入り口にキャリーを遺棄しました。
 
あ、又猫だと思いました。

 

 

ガムテープで補修したボロボロのキャリーでした。
中を覗いてみると、居たのは大きな大きな猫がギュウギュウに、それも2匹入っていたのです。
飼いネコには間違いありません。
 
猫を飼っている人ならわかると思いますが、キャリーは成猫一匹用であり
子猫ではないのですから、一匹でも結構いっぱいのスペースになります。
それを、二匹入れる行為も虐待ですが
その上、体重が6㌔はありそうな子たちで、良く押し込めることができたなぁと思うほどでした。
この子達は、いつから入れられ、人目に付かない時間帯に置くために
気が付くまでこのままで置いておかれていたわけで、
何時間経過していたのでしょうか?
怯えてはいましたが、固まっていたので、触る事は出来ました。
その二匹は男の子と女の子でした。
 
 
それから、1ヵ月たっても、2か月経っても慣れてはくれませんでした。
仕方がないことだと思いました。
そしてある日不幸が起こったのです。
お世話を頼んでいた人の隙をついて怯えきっていた女の子が逃げたのです。
犬よりも捜索が難しい猫。
絶望感に襲われながらも必死で捜索しましたが、2度と会う事は出来ませんでした。
 
 
くまさへの思いの中には、何時もその逃がしてしまって、間違いなく死んでしまったであろう女の子への贖罪の気持ちがありました。
 
 
くまさは大きな身体で、よく外を見ては泣いていました、
人には触らせず、家庭内野良ネコの様な状況
他の猫とも慣れず、1歩距離を置いて過ごしていました。
 
病気になったらどうしよう、触ることができないのに・・・・
 
 
そして触れないまま病気に気づいた時は、手遅れでした。
体調の悪さのせいで、初めて捕まえる事が出来ました。
病院に連れていき、診て貰ったら、黄疸が出て、肝臓の機能低下、食べれない
入院して治療を施しましたが、回復の兆しは見えませんでした。
 
先生から「お家で自由にさせてあげた方がいいかも知れない・・・・。」
もう、手の施しようがないということでした。
くまさを連れて帰り
懐いていませんが、今まで過ごした場所で看取ることにしました。
 
最近は家での点滴もあまり受け付けなくなり嫌がるくまさをなだめすかせて、
何とか点滴をしています。
気が向いた時は少量の餌を口にしますが、日に日に痩せ衰えて行くくまさです。
人間は肝臓が悪くなれば、相当しんどいと聞いていますが、猫も黄疸が出るほどの肝機能障害なら相当にしんどいのだとおもいます。
 
しかし少量ですが、たまに餌を食べてくれるのです。
その餌ですが、毎日違うものをやらないといけません。
昨日食べたものは今日は食べません。
病気のせいで食欲もほぼないのでしょう
 
余命わずかの日々
薄幸だったくまさ
飼い主に捨てられ、一度も心を開かなかったくまさ
楽しいことなんてあったのでしょうか
せめて、食べれる間に食べれるものを食べさせてあげたい。
それくらいしかしてあげることがなく辛いです。
 
 
 

四葉のクローバーご支援いただけるとありがたい物四葉のクローバー

 

食欲をそそられそうな猫レトルト

 

 

 

 

スポンサー募金とは
保護した犬猫が重症をおっていたり、重病になったりと高額医療がかかる子に対して、
6ヶ月間スポンサー募金を募ります。
期限を切っているのは、次々と対象の犬猫が居ますし、不幸にして死亡する場合があるからです。
その為、半年としております。

その子の医療費を支えていただける方は、
スポンサー募金を必要としている子の名前を記載していただきお振込みご協力お願いいたします。


郵便局口座番号01660-7-4828
特定非営利活動法人えひめイヌ・ネコの会

 

 

 

 

 

活動の広報を行い、不幸な犬猫をゼロにするために
ランキングに参加しています。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村

 

 

 

犬猫里親さがし会場の草刈りボランティアさんを募集しています。

草刈りしてもいいよ!という方は、やじるし ラブレター ehimeinuneko@mbr.nifty.com

メールをお待ちしております。

少しの時間でも、もちろんオッケーです。

 

よろしくお願いいたします!!

 

 

 

 

ハート犬猫里親さがし会

日程:2018年7月毎週日曜日(雨天決行)

時間:14:00~17:00

場所:松山市東野5丁目930-34

ご協力頂きたいもの:犬猫フード・ペットシーツ・フロントライン・リード等

 

 

 

 

ハート保護猫カフェひめねこ 

OPEN:火・木・土・日

時間:13:00~17:00

場所:松山市東野5丁目930-34

ご協力頂きたいもの:システムトイレ用ペレット・ペットシーツ(レギュラーサイズ)・レボリューション・猫フード(ヒルズ成猫用アダルト1~6才下部尿路の健康)・ティッシュ・レジ袋

 

保護猫カフェひめねこブログ やじるし ひめねこだより

保護猫カフェひめねこには、安定の成猫達が定員限定数ではありますが

皆様のご来場をお待ちしております。

里親さんになって頂ける方

猫は飼えないけれど癒されたいと言う方

猫との生活をイメージされたい方

家族にアレルギーが出ないか試されたい方

是非お越しくださいね

火・木・土・日13時~17時 OPEN

お一人様 500円のご寄付をお願いしています。ありがとう

 

 

 

開催場所は同じですが、微妙に時間帯が異なります汗

お間違えないようにありがとう

 

 

 

犬猫さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス