今回は
私の
妄想劇に
お付き合い
ください照れムフフ

いらんよ
の方は
どうぞ
飛ばして
くださいねグッ





…というか
書いてたら
恥ずかしく
なってきたのが
本音なんですが……あせる


注)製作者の
意図とは
関係ありません
あくまでも
私個人が
作品を通して
感じた
ストーリーを
現した物です

あくまでも
一個人の
戯言です



勝手に
ストーリー化
させてもらいましたこと
ごめんなさいと
ありがとうございます
心のこもった
迫力ある
作品に
圧倒され
私なりに
敬意の想いを持って
表現したくなりました








*****
*※*※*※*※*※*※
*****








大好きな
お花
祝福して
魔法を
かけて
くれる
私が
特別に
なる
とりどりの
お花達も
微笑んで
くれてる
みたい
お花の
色は
私の
個性
かしら
受け入れて
許してくれて
愛してくれて
満たされて
あなたの
お陰で
手に入れた
純白の心
純白の光

どこまでも
一緒に
生きたい
向上していこう
成長していこう
あなたと
歩めるよう
成長させてくれた
全てに
感謝して
これまで
これから
たからもの

秘密の
森の
ガーデン
パーティー

この
カーテンを
開けたら
始まる
新しい
一歩
大切な
人がいる
幸せ
今の
私がある
幸せ
ありがとう
すべてに
ありがとう
進みます
お花に
囲まれて
歩める
幸せ

最高の
幸せ
ここに
全てが
ある
これからも
ずっと
続いていく
愛が
あふれてる
愛に
包まれてる



ありがとう
ありがとう


ありがとう