スフィンクス参道復元完了 ~ルクソール~ | egybacksのブログ
新型コロナウイルスに関する情報について

egybacksのブログ

egypt、旅行、あれ食べたコレ食べた・・・etc

先日、日本でも大きく取り上げられた『スフィンクス参道』のお話です。

エジプト南部のルクソールには、たくさんの古代遺跡が点在する都市で、中でも有名なのは当時国家神でもあった『アメン神』が奉られる『カルナック神殿』です。

この『カルナック神殿』と数キロはなれた場所に建てられた『ルクソール神殿』とは、当時参道で結ばれており、王位更新祭(オペト祭)でファラオがこの参道を練り歩いたとされています。

その参道も時代と共に風化し、その姿は跡形もなく消え去られていました・・・

近年の調査で、参道の存在が知られており、かなり前から修復作業がなされていたのですが、そこはエジプト、、、時間がかかるんです。
まさに『インシアッラー』の世界。

で、ついに完成したのです!
今月25日に現地で修復完成式典が行われたようです。
当時の『オペト祭』を模した壮麗なパレードで、この前のミイラの移動よりも壮大な感じがします。

今回のイベントにも大統領が出席され、コロナ禍で失われた観光客を呼び戻す大きなきっかけになるといいですね。



余談ですが、2012年にルクソールに行った時、もちもんこの参道はまだ一部しか修復されていなかったので、普通の道路でルクソール神殿からカルナック神殿まで歩いて行ったんです。
当時6月で、エジプト南部の気温は40度を軽く越えてきます。(;´д`)
日差しもきつく、この距離を歩くなんてあまりにも無謀でした。。。(*o*)...

でも、修復が完了したこの参道見ちゃうときっとまた歩くんだろうなぁ~(^з^)-☆

と、言うことでまたひとつ楽しみが増えましたぁ~\(^o^)/

体力との相談になりますが、皆さんもチャレンジしてみてはいかがでしょう・・・
ムリはしないでね!
っつーか、参道って観光客歩けるのかな???