★☆ フランス宮廷の磁器 セーヴル ★☆ | 私のアンティーク物語・.。*.・o.☆

テーマ:

六本木 サントリー美術館で開かれているセーヴル展

1/28(日)終了ということで 最終週に駆け込みで行って来ました。ほっ

 

 

個人的に興味を引いたのは目

ルイ15世の愛妾ドキドキポンパドゥール夫人の好みに応じて作られたという

ポンパドゥールピンク(ポンパドゥールローズバラ)のポプリポットや

マリーアントワネットの乳白色の乳房型ボウルとリラ色(薄紫色)の脚台

コバルトブルーの盛上金彩のプレートなど気品に満ちた作品の数々・・・

(撮影禁止の為、画像はありません汗

 

Eglantyne(エグランティーヌ)でご紹介している
セーヴルスタイルは↓このラインのセレクトになります。ほっ

 

 

 

 

私自身、パリのセーヴル美術館には未だ行ったことが無いので

日本でセーヴルの作品が見られるのはとても有り難い事でした。ほっ

↓パリのセーヴル美術館についてはパリスタッフappleが記事にしています。

▲ パリスタッフappleのセーヴル陶磁器美術館のお話


宮廷文化の豊かで華やかな暮らしを反映し

王侯貴族の贅を尽くした宮廷磁器を生み出した

セーヴルの歴史や作品をじっくりと堪能することが出来ました。ドキドキ



六本木開館10周年記念展

フランス宮廷の磁器 セーヴル、創造の300年 1/28(日)まで

 

人気ブログランキング  にほんブログ村 コレクションブログ アート・アンティークへ  

▲アンティークショップ Eglantyne(エグランティーヌ)

  

Eglantyne Roseさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス