★☆ アンティークのダメージについて考える ★☆ | 私のアンティーク物語・.。*.・o.☆

テーマ:

ヨーロッパの蚤の市を歩いていると
いったい誰が買うんだろう?汗2
というようなガラクタ を見かける事があります。困った顔

image

 

例えば、底が抜けたお鍋であったり
脚や座面の無い椅子であったり

ヒビ割れたお皿や鏡、先の折れたスプーン、

ビリビリに裂けたレースや、綿が飛び出だしたキルト

片目だけのぬいぐるみ、頭の無い人形・・・(^^;

image

 

人によって考え方はそれぞれで

価値観が違えば

たとえ底が抜けたお鍋であろうが

座れない椅子であろうが

デザインや形が気に入ればお迎えする事もあるのでしょう。

image

 

確かに

アンティーク(品)に骨董的価値を求めるとしたら

やはりダメージは無いに越したことはありません。

 

でもそこはアンティーク ホッ音譜

 

アンティークはあくまで新品とは違うわけで

そういった傷やヒビなどのダメージも魅力のうちと思えるようになります。

image

 

一般的に日本人は

ダメージに対しての考え方が厳しいと言われています。あせる

 

確かに私自身も、

極力 状態の良いアンティークを選ぶよう心がけてはいますが

時々、どうしようもなく手のかかるダメな子を

連れて帰りたい衝動に駆られる事があります。💧

image

 

たとえどんな大きなダメージを負っていても

オーラを放ったアンティークは

どうにかして蘇らせてあげたいと思うのです・・・

 

状態の良いアンティークを

手のかからない良い子=優等生と表現するとしたら

ダメな子は、手のかかる困ったちゃん?σ(^_^;)💧

 

ゴシゴシ洗って汗、キュッキュッと磨いてキラキラ

アイロンかけたり、畳んだり・・・

人一倍愛情を注いで蘇らせてあげたくなるのです。ほっ

 
昔から人間の子育てで
手のかかる子ほど可愛いドキドキ とはよくいったものですが

それはアンティークにも言える言葉なのかもしれません。

 

image

 

ひとつひとつのダメージは

それだけいろんな人から愛されてきたでありドキドキ

アンティークの勲章キラキラとも言えます。

image

 
ダメージも
アンティークの魅力のうちのひとつだということを
ご理解いただけたら幸いドキドキです。ほっ

 

人気ブログランキング  にほんブログ村 コレクションブログ アート・アンティークへ  

▲アンティークショップ Eglantyne(エグランティーヌ)

 

Eglantyne Roseさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス