• 08 Oct
    • 日弁連 死刑廃止目指す宣言採択 反対意見で紛糾も

      http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161007/k10010721891000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_025 日弁連・日本弁護士連合会は福井市で開いた大会で、初めて死刑制度の廃止を目指すという宣言を採択しました。一方、反対意見が相次いだため大会は一時紛糾し、全会一致の採択には至りませんでした。日弁連の執行部は福井市で開いた人権擁護大会で、「2020年までに死刑制度の廃止を目指し、代わりに終身刑などの導入を検討する」という宣言を提案しました。カメラ撮影が認められない中で行われた審議では、日弁連の委員が、えん罪によって死刑が執行されると取り返しがつかないことや世界では死刑を廃止する国が増えていることなどを提案の理由として説明しました。これに対して犯罪被害者を支援する弁護士から「被害者や遺族の前で死刑はいらないと言えるのか」といった意見や、「日弁連は特定の正義感を押しつけるべきではない」といった意見が相次ぎ、大会は一時紛糾しました。(10月7日付NHKニュースウェブから一部引用)。  今回決議が行われた人権擁護大会というのは、年1回、各地の弁護士会が持ち回りで開催を担当しているもので、全国各地から弁護士会が開催都市に集まって行われます。日弁連が開催する各種の大会の中でも大変大きなものの一つになります。  大会では、部会・セッションごとに異なるテーマが話し合われて、決議を採択したりしています。  全国各地の弁護士が集まって、とはいうものの、実は、私は一度も行ったことがありません。。私が特殊なのではなく、人権大会に行ったことがない弁護士というのはそれなりにいるはずです。ただ、行く人は行くので、毎年行っている弁護士も多いです。大体、大会後の旅行やゴルフとセットになっていてそれを楽しみに参加している人も多いはずです。  払っているバカ高い会費の中から旅費・宿泊費でも出してくれればよいのですが、基本的に自己負担なので(弁護士会の中にある派閥で若手に対して補助をしてくれるというところもあるのではないかと思います)、経済的負担も考えるとなかなかいけません。とはいいつつ、千葉で開催された大会にもいかなかったので、私の場合、なんとなく行く気がしないということだろうと思います。  同じように日弁連が主催して開催している、高齢者・障害者権利擁護の集いというのがあり、こちらは、専門分野に特化した集まりで、熊本や鶴岡で開催されたものには出席し、たまたま顔見知りの弁護士と会って飲んだりして楽しかったりしたことから、ほぼ継続して参加するようにしています。要は楽しいことがないと参加しないということです。今年は広島で開催されるようなのですが出席しようと思っています。  それで、今回の人権大会での死刑制度廃止に向けての決議なのですが、弁護士業界の中に身を置いていると、日弁連が決議したところでなんの社会的影響があるのだろうかなどと若干卑下した気持にもなるのですが、やはり、社会的には、こうしてニュースで取り上げられるなど、日弁連の決議というのは相応の重みがあって、死刑廃止に向けての潮流を形作っていく一つの要素となるということは言えるのでしょう。  被害者支援に取り組んでいる弁護士もおり、その中でも死刑制度維持を主張している弁護士からすれば、強制加入団体である日弁連が死刑制度廃止を目指すことを宣言するというのは納得のゆかないことであろうと思います。  死刑制度に限らず、制度の在り方について意見が対立する問題に対して、日弁連が意見を表明するということ自体はこれまでにも行ってきたところですが、民法改正の在り方とか会社法改正などについてといった、どちらかというと、思想信条にはあまり関わらない技術的なことがらに関してであればともかく、死刑制度や安保法制といった国論を二分するような問題についてどちらか一方に偏するものと捉えられかねない意見を表明してしまうことは、少し問題があるようにも思われるところです。  結局のところ、弁護士自治に則って、どのような問題についてどのような意見を表明するかということは弁護士自身によって決められるところであると思いますが、日弁連が表明した意見が社会に大きな影響を与えるというのであれば、そのことに思いを致して自制することも必要であり、今回の死刑制度の問題についていえば、両論併記としたほうが良かったのではないかと思っています。   ■ランキングに参加中です。 にほんブログ村■着手金の簡易見積フォーム (弁護士江木大輔の法務ページに移動します。)  ■弁護士江木大輔の法務ページに移動します。  

      9
      テーマ:

プロフィール

弁護士江木大輔(北川・江木法律事務所)

性別:
男性
誕生日:
1974年生まれ
お住まいの地域:
東京都

読者になる