【日記】守られた気がするお話 | こめじるしるーむ

こめじるしるーむ

スピリチュアル、と呼ばれている分野のブログです。苦手な方はご注意を。


テーマ:

 

 

少し前の事です。

私は悪夢を見て、夜中に目を覚ましました。

 

悪夢と言っても、目覚めた後に思い出すとそれの何が怖いのか、と思うようなもので、

知っているような気がする男性の作った料理に入っていた肉がまずい、という内容の夢でした。

文章にすると、なおの事これの何が怖いのかよく分からなくなるのですが、

その時の私はとても強い恐れを体感しており、胸が苦しくて体が小刻みに震えるほどでした。

 

 

 

目が覚めて、夢を思い出している”私”の意識の一部分は、

その内容を改めて分析して「これの何が怖いんだ」と冷静に考えていました。

ですが、私の奥深くにある(そんな気がする)一部分が、そんな理屈関係なく恐れ続けています。

 

落ち着いている冷静な自分で、この恐れている部分に「恐れなくていい」と言っても、何も変わりません。

しばらく観察していると、この一部分は何らかの対象を恐れているわけではなく、

恐れしか見ておらず、恐れという名前の牢獄に閉じこもっているというイメージが湧き出てきました。

大人の言葉に耳を傾けない、小さな子供のように感じました。

 

 

ここでピンとひらめき、自分のお守りブレスレットを引っ張り出してきました。

↓この子です。

 

 

このブレスレットを左腕に着けた瞬間、感じていた胸の苦しみや震えが嘘のように引いていきました。

引いたというよりも、冷静な自分の感覚の方が強くなった、と言った方がいいかもしれません。

自分の内側にはまだ恐れはあるのですが、その恐れから大きく距離をとる事がでています。

 

この感覚にとても感動し、それと同時に「守られた」と感じました。

 

強い恐れは、過去に身についたものであると考えています。

インナーチャイルドが抱える恐れかもしれません。

これは「何だろう」これを「どうすればいいのだろう」と恐れに関心を向ければ向けるほど、

冷静さを保有している自分が小さくなっていって、全身が恐れに支配されていきました。

この感覚は、どんどんと恐れに巻き込まれて行っている、と感じられるようなものでした。

 

この巻き込み状態から冷静な私を保護し、より落ち着いて恐怖と向き合えるようにしてくれた…

ブレスレットに対して、そんな風に感じています。

 

 

かなり落ち着いたので、もう寝てしまおうと思って目を閉じた時、

次は自然とこの恐れに投げかける言葉が脳裏に浮かび上がってきました。

 

「あなたは安全で、何も怖くないよ。もう脅威は去って、ここは完全に安全だよ」

「あなたはとても安全だよ、大丈夫」

 

怯える私の一部分は、この言葉に猛反発しますが、お守りの効果があったのか、

そんな反発お構いなしに上記に書いた言葉を繰り返し繰り返し、自分の内側に投げかけ続けました。

 

しつこいくらいにこれを繰り返していると、次第に反発を感じなくなり、

体中がリラックスしてきてそのまま眠りにつきました。

 

 

やあ石は自分の持つ特性や個性、魅力や力を高めてくれるようなものだと言われていますが、

今回の経験でまさにそれを体現させてくれたと思っています。

とても面白い経験だったので、記事にしたいと思いブログに書いてみました\(^o^)/

 

 

 

 

 

*****************************
 

宝石紫 KOMEJIRUSI *ROOM ←ショップはこちらから音譜
りんーご 無料でリーディング
 

 

りんーご星ありがとう星やあ

 

 

早紀さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved.