私の誕生日からの解放 | スピリチュアリティで自分らしく生きること

スピリチュアリティで自分らしく生きること

スピリチュアルな知恵はこの世を生きるための幸せエッセンス。多くの人が自分らしく幸せに生きる為にアドバイスやヒントを伝え笑顔に導きます。


テーマ:
毎年抱えてたこの辛い想い。
毎年誕生日と母の日がセットでやってくる

悲しさと寂しさに苛まれるぐすん
母からももらえない、子供達から貰えない
それは私に対しての愛情がない、
大切に思われていないって
ずっと思ってきたから。。

ある日常でのこと、同居してる私が
母からいつも嫌味や小言に耐え続け
「この歳にもなっていつまで子供扱いで
    いいたい放題言われ続けるんだろう
   私は二児の母だしもういい大人なのに」

尊重されてない私ってなんだろう?
って怒り半分に思った時ふと気がついた


あれ?子供扱いって!!
子供扱いしてたのは母じゃなくて
私がまだ子供と同じこと言ってるわ!!

だって誕生日プレゼント
もらえてない。愛情ないんだ。大切にされてないんだ!!ってずーっと思ってきた
んだもん。

そこに気がついた時、何やってんだ???
ってばかばかしくて笑えてきた笑い泣き笑い泣き笑い泣き

でねでね。もう一つ

そもそも誕生日って祝い、祝ってもらえる
もの!て概念が前提にあることに
気がついた。

バレンタインや節分は
前提を覆して
友チョコやめる!なくてもいい。
節分の恵方巻きは握り寿司にwww
そんな風に私の考えで通してきてるのに、母の日と誕生日は
「一般的に普通やるでしょ?」
「祝ってもらうでしょ?」
っていうことを前提に比べてた

だから比較して
それと違う状況だと途端に寂しくなる

もしも、誕生日プレゼントするのは
セレブの様なお金持ちの人だけ
誕生日を祝うって発想すらなければ
なんとも思わないんだよね。

リサーチしたらブログやフェイスブックで
母の日とか誕生日は忘れられてるw
お祝いモードじゃないwwwって
明るく書いてる人が結構いたwww

知らない間にテレビや宣伝に
刷り込みされてるんだなw
とさえ思った

だってバレンタインの友チョコて
昔はなかったぞ!
クリスマスはケンタッキー〜〜みたいなの
も刷り込み。近頃じゃ夏のお年玉をあげる
ってこともやり始めたらしいたゲロー

知らない間に刷り込み操作w
もらってる人の幸せそうな光景を
宣伝の後ろに想像できちゃってる
だからそうなってない自分て悲劇ゲッソリゲッソリ

人の社会がつくった概念に囚われないで
本当の価値をいきることが一番!
「そのとき、その瞬間、どうしたいか」
で判断する

「その時にどう感じるのか。どんな気分なのか、思いなのか」で決めることが
大事になってくるんだなって思う

流されるんじゃなく
誰かを待ってるんじゃなく、
与えられることを待つのでもなく
人にもとめるんじゃなく
自分で望む事を作っていく
自分が、喜ぶ事をする
望むことをする

拗ねて僻んで、もがいてる暇があるなら
自分の望む状況を自分で作ること!

そこに気がついた私の誕生日

私は今年の誕生日に
自分自身にサイコーに幸せな
誕生日にしようと心にきめた!!

そしたら
メチャメチャ幸せな誕生日が
人生ではじめておとずれたんだよね〜〜


続く。。。w


スピリチュアルセラピスト★YUMEさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス