車にボールペンを乗せない理由

テーマ:

いつもご覧いただきまして

誠にありがとうございます!!

(人´∀`*).。:*+゜゜+*:.。.*:+☆

 

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

 

夫のお父さん。

御年68歳。

身長180センチ超え、

白髪は全くなく、

かなりパワフルで

とても68歳には見えません。

 

そんなお父さんが今年、

長年勤め上げた会社を退職され、

 

『まだまだ働くぞ!!』

 

と次の就職先に決めたのが

なんと

 

運送業。

 

今までとは全く異なるジャンルの

お仕事を始められました。

 

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

 

ここからは、

夫母さんから聞いた話。

 

 

仕事を始めたばかりの頃。

 

仕事柄、

ボールペンを頻繁に使用するため、

予備のボールペンを購入。

 

しかし、

配達に使用する車に

常備しようとせず、

自宅に置いたままなのです。

 

それでは意味が

ないのではないか、

いつなくなっても大丈夫なように

1本くらいは予備を

車に常備しておくべきではないかと

お父さんに言ったこと、

 

なぜか頑なに

拒否されたそうです。

 

 

なぜなのか…。

 

 

その理由を聞いて

夫母さんは

言葉を失いました。

 

 

image

 

 

image

 

 

 

配達時、

ガソリンを消費すればするほど

自分の取り分に影響してくるため、

 

すこしでも

積載重量を

軽くするため、

ボールペン1本すら

乗せないのだ

そうです。

 

 

そんな話を、

 

 

image

 

体を振るわせながら

(面白すぎて)

話してくれた夫母さん(笑)

 

その話を、

素直に笑っていいものか

悩みながら聞く嫁(笑)

 

 

この話、夫母さん、

そしてご本人である夫父さんも

ブログで書くことを快諾して

くださいました。

 

むしろ、

 

『まだまだ

面白エピソードあるで!!』

 

と仰ってました(^▽^;)

 

 

とっても厳格な方だけど

どこかお茶目な夫父さんの話

 

 

AD