入院中の忘れられない出来事

テーマ:

いつもご覧いただきまして

誠にありがとうございます!!

(人´∀`*).。:*+゜゜+*:.。.*:+☆

 

 

今はすっかり元気な四男。

一つだけ、入院中

とても印象に残っている

出来事があったので

お話しさせてください。

 

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

まずは入院になった

経緯を。

 

月曜日早朝、

前日から咳が出ていた四男。

かかりつけの小児科が

お休みだったため、

別の小児科に連れていきました。

 

検査の結果はRSでした。

熱はありませんでしたが、

もし高熱が出た場合は

入院になると言われました。

 

とりあえず翌日まで

自宅で様子を見るように言われ

帰宅。

 

その日の夜、

熱はないものの咳が酷いので

救急に行き、

そのまま入院することに

なりました。

 

入院となると

確かに大変なのですが、

自宅にいても

かなり辛そうだったので、

『何かあればいつでも

見てもらえる環境』というのは

ものすごく安心でした。

 

日中は抱っこしていれば

比較的ましなようでしたが、

夜になるとかなり辛そうでした。

 

入院2日目。

小児科の先生にも見てもらい、

RSは4~5日が一番酷くなる。

今以上に酷くなる

可能性があるので、

ICUに入って集中的に

治療してあげた方が

本人も楽だと思う、

と言われました。

 

見ているのも辛くなるくらい

しんどそうだったので、

とにかく何でもいいから

楽にしてあげて欲しかったので

その日のうちに

ICUに入ることになりました。

 

看護師さんや看護師長さん、

小児科の先生やICU担当の先生、

沢山の人がベットを取り囲んで

診察したり今後の流れを

話したり。

 

 

image

 

とにかく、とにかく

辛い状態をどうにかして

あげて欲しい。

しかし、ICUという言葉を聞いて、

泣きそうになってしまいました。

今後の流れの話をして

くださっている間も、

頷くのがやっとで

必死に涙を堪えました。

 

泣いちゃだめだ。

泣くな。

泣くな。

 

一番辛いのは

この子なんだ。

 

私が泣いてどうする。

 

 

一通りの説明が終わり、

ICUの部屋に移動することに

なりました。

看護師さんがテキパキと

準備する中、

四男を抱いたまま

私はまだ涙を堪えていました。

 

そして助産師さんが言いました。

 

『じゃあお母さん、

移動しますので

そのまま抱っこしてて

くださいね。』

 

 

 

……え??

このまま??

 

 

『はい、このまま。

本人が泣いちゃったら

しんどくなっちゃうから、

お母さんが抱っこしたまま

移動しますね!』

 

 

えっ???

ちょっ!!

本当にこのまま???

 

 

『大丈夫です

お母さん!!

目を瞑っていれば

恥ずかしく

ないですから!!』

 

 

 

 

image

 

 

 

 

image

 

 

 

 

 

image

 

 

 

四男が入院していたのは

救急病棟。

 

同じ階の

少しだけ離れた所に

ICUがあったのですが、

そこに移動するまでに

一般の方も利用する

エレベーター前を

通らなければならず、

 

周囲がざわつくのを感じながら、

私は四男を抱きながら

そのまま運ばれていきました。

 

自分の状況を

客観的に想像して、

涙が一気に引っ込みました。

まさに

市中引き回し状態。

(((( ;°Д°))))

 

『ベットごと運びますので!』

と言われたとき、

抱っこして歩いて行っては

いけないのかと

お聞きしたのですが、

 

『うん、もうベットごと

移動させますって

言っちゃったので、

このまま運びます!!

大丈夫お母さん!!

目瞑ってたらすぐだから!!』

 

と言われあっけなく却下(><;)

(凄くノリの良い

看護師さんでした。

かなり落ち込んでいた

私にとって、

明るく接してくださったことは

かなり救われました。)

 

程なくして

ICUに到着。

またざわつく(笑)

 

四男、鼻から直接

圧をかけて空気を入れる

マスクを着けられました。

ICUでは付き添いが

出来ません。

大きなベッドに

一人で寝ている四男。

見ていてかなり辛かったのですが、

これで呼吸は楽になったと

お聞きして

少し安心しました。

 

3日ほどICUでお世話になり、

土曜日に一般小児病棟に

うつりました。

同じくRSで入院中の方と同室。

お互いにカーテンを

閉めていたので

最後まで話をすることは

ありませんでしたが、

恐らくまだ小さいであろう

赤ちゃんの辛そうな咳が

聞こえてくるたびに

早くよくなりますようにと

祈りながら過ごしていました。

 

そして月曜日に無事に退院。

 

前回も少し書きましたが、

例年より早くRSが

流行はじめていて、

低月齢で入院する赤ちゃんが

増えてきているとの事でした。

(しかも大阪で

ものすごく流行りだしている

とのことでした。)

 

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

 元気になった今となっては

笑い話ですが、

未だに強く印象に

残っている

出来事でした(^▽^;)

 

 

入院中、自宅で

子ども達の面倒を

一人で見てくれていた夫。

そして私がいない間も

色々お手伝いしてくれた

子ども達。

みんな本当にありがとう!!


前回も書きましたが、

本当に、健康であることの

有り難みをものすごく

感じました。

 

 

{B04420A8-C6E0-43B1-AF82-C0CE75E4448F}

今も寝るときは
この角度な四男。
(何度戻しても
いつもこの角度に
落ち着く( ´_ゝ`))
元気になって
本当に良かったです。
ご心配くださった皆様
本当にありがとう
ございました(;o;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD

リブログ(4)

リブログ一覧を見る