いつもご覧いただきまして

誠にありがとうございます!!

。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。+゚

 

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

 

この日、朝から学童だった長男。

他の兄弟と遊んでばかりで

なかなか自分の用意を

しようとせず…。

 

再三促されてようやくリュックに

必要なものを入れて、

(夏休みの宿題など)

 

『母ちゃん!!

ちゃんと用意したで!!』

 

というので確認したところ、

案の定、

ふでばこが入っていませんでした。

 

『これこれ。

ふでばこも無しに

どうやって勉強するつもり

なんだい??』

 

というと、

 

『あっ!!ほんまやっ!!

…ん~…でもな~…。』

 

と言いながら

ランドセルの中から

ふでばこを取り出し、

 

image

 

と気になるセリフと言いながら

リュックにふでばこを

入れようとした長男。

 

『お待ちなさい。

ちょっと見せてみなさい。』

 

と中身を確認したところ、

 

 

 

 

 

 

あまりの衝撃に絶句(笑)

 

鉛筆1本。

赤鉛筆1本。

消しゴム無し。

 

ちょっとどころか

ほぼ入って

ないやないか…。

 

これでどう

乗り切ろうとしたんだ…。

 

というか、中身は

どこへ消えたんだ…。

 

『いやいや、これで

どうするつもりなん??』

 

と聞いたら、

 

『えっ?鉛筆ちゃんと

入ってるやろ(´∀`)?!』

 

ですって。

 

 

その後、新しい鉛筆と

消しゴムを入れて

持たせました(^▽^;)

 

 

 

2年前の男前過ぎる

長男の話。