ご訪問ありがとうございます


いいね やコメント
ありがとうございます!
励みになります☆


前回の記事で
小一の息子がゲームに依存しつつある
ということを書きました


こちらから。


ゲームにはまって一番困っていることが
キレるようになったこと!


宿題よりもご飯よりも
ゲームをやりたい!
            ↓
ゲームの時間を守らないといけないけど
やりたい気持ちが強すぎでやり続ける!
            ↓
私が怒り始める(笑)
            ↓
お母さんのせいだ!お母さんが悪い!と
キレる!!
            ↓
息子と私の口ゲンカの勃発…汗



毎日このパターンでございます(泣)



でも4歳の弟はルールを守ってやっています。



なぜ二人はこんなに違うのか…



私なりに考えてみました。







二人の決定的な違いは
約束を自ら守れるか守れないかです。



ゲームの終了時間になって、
名残惜しくても、
またやりたいから止められる弟と、


あとちょっと!とか
目標に達してないから!とか
まだやりたい!!とかいって
止められないお兄ちゃん…。


強制的に止めさせられるから
余計にキレてしまう…。


普段も長男は
自分で考えて行動することが
苦手です。
というか、しません。


こちらから言わないと気づかない。


なぜかというと
長男が小さい頃に
大人が手出し口出ししすぎてるから…。


先回り育児をしてしまっていたから…。







子どもは自ら育つ力をもっています。
 


赤ちゃんの時は世話をしてあげなければ
いけません。


少しずつ子どもは成長していき
自分で考えて、
自分でできる力を身につけていきます。


でも、大人は
いつまでも赤ちゃん扱いをしてしまいがち。


それだと
自ら育つ芽を摘んでしまい、
自立の道が途絶えてしまいます。



大人が先回りでやってしまったため、
長男は、
自分で考えて行動する力が
足りないのです。



だから、
『大好きなゲームを
時間がきたらやめる』という
約束を守る力も
弱いと考えています。


気づいたときから
軌道修正できる!と言われています。


息子をどう変えていくか
私の腕のみせどころ(笑)


またレポートします!!