「私が悪い」時が経っても、拭えない罪悪感 | 全肯定®!心理カウンセラーのブログ

全肯定®!心理カウンセラーのブログ

全肯定!心理カウンセラーが毎日記事更新するリレーブログ

長谷川すみえ
 

全肯定!心理カウンセラーの長谷川すみえです。


愛知のまゆちゃんこと

宇野まゆこさんからバトンを受け取りました♡

どうぞよろしくお願いします


*・*・*


私は小さい頃から

「私が悪い」という罪悪感が拭えませんでした


「私が相手をそうさせた」

「私がもっとハッキリしていれば、こんな事にはならなかった」

「私が曖昧だからいけなかったんだ」


だから

「悪いのは、私です。。。」


そうやって、出来事"自分の罪"として、

受け入れてきました。


罪悪感

放っておくと。。。


その"罪"に耐えられなくなり

"自分を消したくなる"

そんな事にもなっていました。


 

生まれながらにして罪悪感を持っている…?

いえいえ、そんな赤ちゃんはいません


そう思うようになった原因が、必ずあります。



酷い事をされた、言われた

適切に守って貰えなかった

そんな、傷ついた過去が

そのまま放置されていませんか?


本当は

嫌だったのに、逃げたかったのに

怒りたかったのに、守って貰いたかったのに。。


どうする事も出来なくて

受け入れてしまった過去


そこに放置している想いが

今までも、今もなお

あなたを苦しめているのです



どうしても拭えない罪悪感は

いくら「考え方を変えよう」としても

無くなることはありません 


消化しなければ、これからもずっと付き纏われ、

様々な影響を及ぼすことになります…


今までは、誰にも話せず

助けを求める事が出来なかったかも知れない


でもね、今からでも


誰にも話すことなく収めてしまった

「なかった」事にしようとしてきた

その苦しみを、


言葉にし受け止めてもらい

適切に対処することが出来たなら。。。


もう自分を

責めたり、傷つけたりせずに

済むようになりますよクローバー   



その罪は本来

あなたのものではないのだから



ピンク薔薇わたしのブログはこちらからピンク薔薇




本日は、長谷川すみえがお届けしました。


明日はくにちゃんこと

国広仁美さんです。お楽しみに♡