「不器用な男・気付いて欲しい女」でトラブルは起きるのかも?? | 全肯定!心理カウンセラーのブログ

全肯定!心理カウンセラーのブログ

全肯定!心理カウンセラーが毎日記事更新するリレーブログ


菊池そのみ

みなさん、こんにちは。
菊池 そのみです。


今日から名古屋の春野陽子さんからバトンを受け取りました照れ

新たなメンバーが増えて心機一転ですねクローバー

よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

毎週金曜日に放送されている「凪のお暇」というドラマを知っていますか??

 

 

主人公の凪(なぎ)はOL生活に終止符をうち、スマホもSNSも彼氏も、家にあった家具やもろもろ全部捨てて引っ越しをして自分探しをする。

 

 

そんな感じのドラマです。

 

 

詳しくはこちら★

 

 

 

image

 

 

凪には彼がいました。

 

 

でも働いていた会社では、秘密にしていて、彼が職場の人に「付き合っている人がいるんじゃないですか?」と聞かれると・・・・

 

 

「あっち(体)がいいから会っているだけ」

 

 

と言います。

 

 

それをたまたま聞いていた凪はショックを受けてその場で倒れてしまいます。

 

 

病院に運ばれて点滴をしていても誰もお見舞いに来ない、職場では「わかる~~」と空気を読み共感するもイヤな仕事ばかり回され、陰では自分の事をよく言わない職場関係がイヤになり、

 

 

突然、会社を辞めて、布団と自転車だけ持って、引っ越しをします。

 

 

そんな凪ですが、その彼が新居に来るようになります。

 

 

凪は「あっちがいいから」彼が会いに来ていると思っているので、彼が来るたびに跳ね返します。

 

 

でも、彼は、本当は凪が大好きで会いに来ているのに、正直にその事が伝えられず、会いに行っても凪に跳ね返されて、帰り道1人で泣いて帰ります。

 

 

凪はそんな事をまったく知らないので、彼は自分の事が大好きなんて事に全く気付いてません。

 

 

それに凪は空気ばかり読んで彼と一緒にいたので、それが苦痛だったので「彼と付き合っている時は良い思い出なんかなかった」と言います。

 

 

何回も凪の家に来る彼と主人公の凪の間には、何が起きているんでしょうか???

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ドラマを見ている方はお解りかもしれませんが、

 

 

この二人・・・・・

 

 

本当の気持ちを伝えいないんですね・・・・・・(自分の気持ちにも気づけなかった凪です)

 

 

・本当は空気なんて読みたくなかった凪。

 

 

・本当は自分の事に気が付いて欲しかった凪。

 

 

・空気読む事で上手くやっているようで、気付かれないので上手くいかない凪。

 

 

・でも「空気を読まないと」と、無意識に空気読む事を優先にしてしまう凪。

 

 

彼は彼で

 

 

・本当は凪の事が大好き。

 

 

・本当は健気な所も大好き。(「守ってあげたい」とも思っています)

 

 

・貧乏くさい所も大好き。

 

 

・でも、その事が伝えられず、いつも反対の事ばかり言ってしまう・・・・(凪に甘えてます)

 

 

お互い本当の気持ちが伝えられず、「不器用な男と気付いて欲しい女」になっているんだな~~と、私は思っています。

 

 

しかも、二人とも周りの空気ばかり読んで、波風立てない事に意識していました。(二人とも依存的でもあります)

 

 

結構あるあるかな~??と思っている私・・・・

 

 

 

 

私は「空気を読めない女」と、このお方によく言われるんですが・・・・チュー(このお方の愛情表現かも??口笛

 

 

空気読むって本当に疲れますあせるあせる

 

 

だって、本人に聞かないと解らない事を必死に自分の想像の中だけで判断していくんですから。

 

 

しかもね、その空気の読み方が正しいなんて思っているのは本人だけだったりする事もあるので。

 

 

空気だけ読んで仲良くしようなんて、限界が出てくるんです・・・・

 

 

空気を読んでも、お互い本当の事を伝えあう事が非常に大切なだってあります。

 

 

本当の事を伝える事で、傷つける事もあるし、傷つく事だってあります。

 

 

それでも伝えないと、もっともっと溝が出来る事があるから、本当に大切な人を失う事もあるから、伝えなきゃならない時だってあるんだという事が私自身ようやく解ってきている感じです汗

 

 

 

もし、傷ついたら、誰かに否定されず聴いてもらうのもいいでしょう。(悩みは1人で抱え込んでいる時が多いので)

 

 

もし、傷ついたら、自分の気持ちに寄り添ってみるのも良いでしょう。(悲しかったね、辛かったねと、言葉などで表現する事が大切)

 

 

もし、傷つけていたと、気付いたら謝りましょう。

 

 

もし、傷つけていたと気づかない時はしょうがないです・・・・(だって、伝わるように表現してくれないとわからないからね)

 

 

空気読むって、日本らしくて、奥ゆかしい感じがあって「美」であったりしますが・・・・

 

 

それは、かなり高い理想であって、現実は限界が出てきたりする事が多いと私は思っているので、遅くなってでも良いから気持ちを伝える事が大切だと思います。

 

 

波風を立てない事だけが正しいなんて事はなくて、ちょっとした波風立てても自分を守る事もあるという現実を知ると、生きやすさにつながる事があるので、色んな選択肢を持つ事が大切かと思います。

 

 

「不器用な男、気付いて欲しい女」

 

 

日本的な感じで、永遠のテーマのような気もしますが、お互いこの事に気づくと生きやすさにつながるかも?なんて・・・・

 

 

ある日気付いた私なのでした・・・・キョロキョロ

 

 

 

 

 

 

 

菊池そのみのブログはこちら♡ 

 

 

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました音譜

 次回は福岡のちずさんです。

お楽しみに♫