はじめまして、森山いずみ です。 | 全肯定!心理カウンセラーのブログ

全肯定!心理カウンセラーのブログ

全肯定!心理カウンセラーが毎日記事更新するリレーブログ


森山いずみ

みなさん、こんにちは。
全肯定!心理カウンセラーの森山いずみです。
 

福岡の松本ちず子さんからバトンを受け取りました

 


 


PROFILE

 

1976年生まれ  神奈川県出身/山梨県在住

活動地域:関東地区

ブログ:不倫してごめんなさい『夫婦関係修復』専門カウンセラー

全肯定!心理カウンセラー養成講座zoom1期卒業
笑顔ママ認定講師

13年にわたる夫のうつ闘病
セックスレス→自分が不倫→離婚宣言
全肯定に出会い
夫に謝罪→仲直り→ラブラブに!
親は裁判官、偏差値80のわたし
人生のどん底を経験したけど、それすらも肯定する生き方をしたいと思っています




ーいままで悩んできたことー
わたし、結婚して2年目に初めて妊娠したんです。
不妊治療の末に授かったんです。

そして、妊娠安定期に入ったときに

夫が突然うつ病になりました。



だから

妊娠中も出産してからも

ずっと夫には自分の気持ちを打ち明けたことなかったんですね



なにか相談する、とか

こうしてほしい、って伝えるとか、、、



そういうことが一切できなかったんです



言ったら、夫の病状が悪化するかもしれない

そしたら子どもはどうしよう



そんなことばかり頭のなかでぐるぐるしてて



自分さえ我慢すればいいんだ



ってずっと思ってきました



しかも

帝王切開では子どもを3人までしか産めない

と産院で言われ、

あ、わたしは長男を緊急帝王切開で産んだので

次男も娘も帝王切開で出産していて



夫とは完全にセックスレスになりました。





そしたらね

どんどん夫の言動にイライラするようになってたんです





―人生のどん底―



自分が40歳になり、

そして、

夫のうつ病は突然完治しました。



夫の看病をすることが私の役目、

夫の病気が治ったら私は用がなくなってしまう。



40歳になってしまったら、

もう女性としての魅力がなくなってしまう。

もし、このまま死んでしまったら、

わたしは女性としての快楽を知らないまま

死ぬんだ……



そんな焦りが急激にわたしを襲って



わたしは自分の存在価値が

分からなくなりました。



だれにも分かってもらえない

だれにも相談できない



わたしは、もう

ほかの男性に頼るしかない

それしか手段がない

ほかにどうしようもない



とまで思い詰め



とうとう不倫することに至りました



やっちゃいけないことだって

分かっていたけど

もう本当にそれしかないって思ってたんですね



夫には

「このままセックスレスがつづくと、

わたしはもう狂ってしまう。

離婚してほしい」

と伝えたこともありました



家庭内はぐちゃぐちゃになりました。



父と母からも「どうなっているんだ」

と責められ続け、



わたしは声がでなくなり、

ものも食べられなくなっていました。



いままで必死に自分を殺して

積み上げてきた“幸せ”を

自分自身の手でめちゃくちゃに崩していったのです





―転機「全肯定心理カウンセリング」―



心がからっぽのまま、

でも

いままでと変わらない毎日を送っている中で、

ブログを読み漁ることが唯一の心の癒し



そんななか

不倫専門カウンセラー大木華さんを

知りました。



赤裸々に自己開示している華さんに惹かれ、

全肯定心理カウンセリングを受けました。



華さんは、とてもおだやかな声で

「悩みに大きい小さいはないんだよ」

と伝えてくれ、

わたしのどんな話も

否定せずに最後まで聴いてくれました。



こんなに自分の話を聴いてもらえたことは

今までありませんでした。



カウンセリングの中で、

わたしの胸には大きく穴が開いており、

さみしいと

泣いている小さな頃の私がそこにいました。



わたしの父親は裁判官

母は専業主婦で極度の不安症でした。



そしてわたしは

五人兄弟の長女として育ちました。

弟が3人、年の離れた妹がひとりいます。



無条件に愛してほしい、と思いながらも、

厳格な父に気に入られようとし、

母の不安を取り除こうと悩みをひたすら聴き、

弟や妹たちの面倒をよくみて

ひとりで頑張ってきた幼少期が

まざまざと思い出されました。



ほんとうは誰よりも

自分の話を聴いてほしかった

そんな欠乏感を不倫で埋めようとしていたんだ、と

全肯定カウンセリングで知りました。



カウンセリングの中で自分の心と向き合い、

日常生活でも心のなかの小さな自分を

癒しつづけると、

自然と夫に対する嫌悪感が薄らいでいきました。



いまでは夫に気持ちを伝え

週末にはふたりで手をつないでお散歩をしたりしています



人生のどん底にいた時には、

自分がこんなに幸せを感じながら

夫と夫婦として過ごせるとは

夢にも思ってもみませんでした。



どんなに苦しいことを経験しても、

どんなに過酷な環境で子育てしても

間違いな子育てなんかひとつもない。



がんばってきたあなたの努力は

かならず報われる。



私が味わった幸せを、

同じような悩みに苦しんでいる人にも届けたい。



そんな想いから、わたしは

全肯定カウンセラーになりました。



子育てや夫婦関係で悩んでいる方は、

ぜひ、ご相談ください。



お問い合わせはこちらまで
izumi.moriyama.allok☆gmail.com
☆→@に変換して送信してくださいね

明日は東園 恭子さんです
 
読んでくれてありがとう