本当の自分なんてカウンセリングで知りたくない!! | 全肯定!心理カウンセラーのブログ

全肯定!心理カウンセラーのブログ

全肯定!心理カウンセラーが毎日記事更新するリレーブログ


菊池そのみ

みなさん、こんにちは。
笑顔ママ認定講師の菊池 そのみです。


 

同じ北海道で活動しているかずちゃんからバトンを受け取りました

よろしくお願いいたします

 

 

 

 

 

暑いですね~~あせる

 

 

大雨の所もあるようなので、皆さん気を付けてお過ごしくださいませ<(_ _)>

 

 

 

 

 

 

 

さてさて、皆さんご自分の事をどこまで知っているでしょうか??

 

 

何か悩み事が出てくると、相手や周りに意識が向きがちですが、ご自分の事はどのくらいまで知っているでしょうか??

 

 

講座などでお話しを聴いて必要性を感じると、カウンセリングをおススメするんですが・・・(カウンセリングは自分を知るためにも活用できます)

 

 

「本当の自分なんて知りたくない」

「本当の自分を知るのが怖い」

「自分と向き合うのが怖い」

「カウンセリングって・・・・そんな簡単に受けれませんよね」

「あまり認識の無い人にどうして自分の話しを色々しなきゃならないのか疑問なんです」

 

 

などなど、カウンセリングに対してとても抵抗を感じている方が多い印象が私の中にはあります。

 

 

私はカウンセリングを受けて、結構生きやすくなったし、全肯定に出会って、今、自分のやりたい事をして、悩む時もあるけど、楽しい毎日を過ごしています。

 

 

なので、カウンセリングに対してもの凄く抵抗している人が不思議でしょうがなかったんです。

 

 

「カウンセリングを受ければラクになるのにどうして受けないんだろう??」と・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

でもね、今思えば、カウンセリングに対して抵抗の反応は当たり前なんですよね。

 

 

カウンセリングを申し込みしてもカウンセリングを受けない方もいらっしゃいます。

 

 

これもね、立派な抵抗で、防衛機制が働いている状態なんです。(自分を守るために逃げたり、体の不具合がでたり、子供だったら赤ちゃん返りしたりなどなど)

 

 

人間として、立派な機能なんです。

 

 

自分にカウンセリングの必要性があまり感じられないから出てくる防衛機制と、カウンセリングを受ける事で何かが起こる怖さから防衛機制が働くと思っています。

 

 

この防衛機制、地方に行けば行くほど多いというのが私の印象としてあり、活動していくのに、ものすご~~~~く苦労しました汗(ホント、あの頃は頑張っていたな~~)

 

 

まぁ~~、私の説明の仕方が悪いと言われたらそうかもしれませんが、私の頑張りと反比例するくらいの抵抗を私自身感じました。(非常に悲しくなっていました)

 

 

 

 

 

 

 

 

でね、まず、現在のカウンセリングとは??のお話しをすると、

 

 

心理学は1879年に始まっているのですが、この時代っていうのは、精神科の治療としての目的で行っていたようです。

 

 

有名なフロイトはまさしく、ガッツリ治療という感じの心理療法で、結構自分の気持ちを直で見る事があるので、辛くなる事があるのかな~~?っていうのが私の印象です。(あくまでも私の印象です)

 

 

第一次世界大戦、第二次世界大戦と時代は流れ、現在は「人間性の心理学」と言って、ポジティブ心理学になっていくんですね。

 

 

「よりよく生きるには?」

「どうしたら幸せになれるのか?」

 

 

今の状態からプラスにもっていく、自己実現のためにあるんです。

 

 

そう、自己実現のためにカウンセリングがあるんです。

 

 

自己実現のためなんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カウンセリングは治療という認識は戦争前の話しで、今は「生きやすくするためにはどうしたらいいのか??」が主流なんです。

 

 

何だか上手くいかない、

対人関係でどうしても悩んでしまう、

上手くいってるはずなのに自分ではシックリこない・・・・

 

 

そんな状態からより生きやすくするためにどうしたらいいのか??が現在の心理学でありカウンセリングなんですね。

 

 

と言っても、「頭では理解できるけど・・・・・」という方がいらっしゃるかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

私のライン@で、ある1つの方法をお伝えしたら、嬉しい反応があったので、こちらでも別な方法ですが、お伝えしようと思います。

 

 

カウンセリングに抵抗を感じる方で自分を知る方法の中の1つを掲載してみようかと思います。

 

 

ブログで簡単にお伝え出来るのは、これかな?と思っているので。

 

 

それはね、質問紙法です。

 

 

わかりやすく言えば、心理テストですね。

 

 

心理テストにも色々あるんですが、現在は、特性論のビックファイブが主流のようです。

 

 

結構精密に作られているようで、かなり正確にでてくるようです。

 

 

心理テストの短所としては回答者が虚偽の反応をしてもわからない事、

 

 

長所としては、期間をおいて相関(再度検査信頼性)が比較的高く、安定した結果が得られること、実施が簡単な事です。

 

 

あと・・・・私が個人的におススメするのは、交流分析のエゴグラムチェックリストです。

 

 

私としては、ビッグファイブは正確に判断されても、例えば協調性が少ないと出た場合どう対処していいのかわかりずらいのがちょっと難点かな~~?と思います。

 

 

その点、エゴラムチェックリストは、プレイボーイタイプ、おふくろタイプ、イエスマンタイプなどなど解りやすく、具体的なお話もあるので文章が入りやすいかな~?と思います。

 

 

これらの手法から自分を知ったり、自分はどういう状態なのか?を知ったりして、

 

 

「より良く生きるためにどうしたらいいのか??」をもう一度このブログを読み返してみると、自己実現の方法を知る事ができるかと思います。

 

 

心理テストなら、結構、入りやすいので、一度経験してみる価値はあると思っています。

 

 

ビッグファイブはこちら〉☆

交流分析エゴグラムチェックはこちら〉☆

 

 

全肯定は全肯定カウンセリングがあります。(心理学的にもかなり効果はあると私は思っています)

 

 

自分の事を心理テストで知ったうえで、今後どうしたらいいのか??を考える事は幸せへの道を一歩踏み出すことになると私は思っています。

 

 

 

 

 





菊池そのみのブログはこちら♡ 

 

 

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました音譜

 次回は福岡のちずさんです。

お楽しみに♫