何度カウンセリングを受けても届かなかった母への思いが | 全肯定!心理カウンセラーのブログ

全肯定!心理カウンセラーのブログ

全肯定!心理カウンセラーが毎日記事更新するリレーブログ

国広仁美
みなさん、こんにちは。
全肯定!心理カウンセラーの国広仁美です。
くにちゃんです❤️

認定プロカウンセラー
中井美賀子さんからバトンを受け取りました❤️

今日もよろしくお願いします。



心の学びを始めてから
かれこれ18年。

いろんな心理学を学んだり
カウンセリングを受けても
母との関係が良くなることは
ありませんでした。

それは
全肯定でも同じ。

問題は違えど
出てくるのは
いつも母への思い。

カウンセリングの中で
母に幾度となく思いは伝えてきました。

それでも母に伝わった感じが
ないことがほとんどで
伝わったかなと感じることがあっても
どこか私の中で嘘をついていたり
演技だったり
頭の中で考えてたり
そんな違和感があり

モヤモヤ感が残っていました。

そして私は
母との和解諦め
自分が幸せになることを
頑張り始めました。



そう
ここでも
頑張ってしまう私。




今までなら
言いたくても
言えなかったことを
頑張って
言ってみる。

それで
うまくいくこともありました。

でもね
私の中に違和感がある。


「違うよ。
私がしたいのは
そんなことじゃないよ。
ほんとはうっすら気づいてるでしょ?」


そんな声が
聴こえてくる感じがし始めたのです。



ほんとはね

さみしくて
さみしくて


心がポキっと折れそうなのに
必死に耐えて
生きている。

私の中の私が

もう、しんどい。
辛いよ。

だれか、助けて。

って訴えてる。


この声を聴いて受け止めてあげられなかったのが
今までの私。


自分が自分の声を
聴いてあげることが出来ずして

誰に私の声が届くというのでしょう。

母に届かないのも当たり前だったのです。


このことに気づいて

私はやっと
私の心の声を聴き
ひとつずつ
日常のちいさな事から
心の声に従う行動を取りました。
(今も続けています。)

これを積み重ねていくうちに
私の中で怖いなと感じていたことを
言う場面にも遭遇し
何度も
失敗しながらも
続けていきました。


すると
不思議なことに
もう和解出来ないと思っていた
母との関係に変化が!

私と母の関係再構築が始まりました。




今までの私なら
カウンセリングを受けても
現実が変わらなければ
すぐに諦めて
ほかのカウンセラーを探したり
ほかのセミナーに
行っていたでしょう。




そんな私が全肯定で学び続ける理由は

ここが安心安全の場であること

弱音を吐いても受け止めてもらえる場であること

どんな感情も否定されない場であること

笑い飛ばして済まそうとしないこと

何度でも質問できる場であること

うまくいかない時は改善のヒントも
教えてもらえること


まだまだありそうだけど
今はこれくらいにしとこ。


明日は
認定プロカウンセラー
ゆきんこちゃんで〜〜す❤️
お楽しみに♬