対人恐怖症のお話【人が怖いという感覚から自由になる】 | 全肯定!心理カウンセラーのブログ

全肯定!心理カウンセラーのブログ

全肯定!心理カウンセラーが毎日記事更新するリレーブログ

よしなかりん

 

こんにちは!

 

全肯定!心理カウンセラーの よしなか りん です。


藤原有紀ちゃんからバトンを受け取りました。

 

よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

「過去に学校でいじめにあって、それ以来人が怖いです。人を信用する事ができません」

 

「過去に女友達に裏切られて以来、女の人が信用できません」

 

「過去に職場の人間関係でパワハラにあって、また同じような事が起きたらと不安です。私が悪いのでしょうか。次の職場でも同じような事を繰り返すのでしょうか。怖くて動けません」

 

 

人との関係で深く傷つく事もありますね。

(私もありました)

 

 

「また、嫌な人がいたらどうしよう」

「嫌われたらどうしよう」

「また、ひどい言葉を言われたらどうしよう」

「友人を信用して、また裏切られたらどうしよう。怖くて本音を言えない。ただ表面的にあわせてしまう」

 

 

ビクビク・オドオドしちゃう

人の顔色を窺ってしまう

相手のささいな言葉にすら、モヤモヤしちゃう

人が怖くて仕方がない

人を避けてしまう

人と目を合わせるのが怖い

人との間に、壁を作ってしまう

 

 

そんな時は

「嫌な思いをしたよね。あの時は悔しかったね。悲しかったね」

「今は人が怖いよね。怖いって感じてもいいんだよ」

「人の顔色が気になっちゃうよね」

「人との壁は、今は私を守ってくれているんだからね」

 

そんな風に、ネガティブ感情が癒えるまで、とことん寄り添ってみて欲しいのです。

 

ネガティブ感情を握りしめたままいると「動きたい」というエネルギーが抑えられてしまいます。

あなたの本来の明るさ・魅力・能力・個性も抑え込まれてしまうのです。

 

あなたは何も悪くないのに、

「私が悪いから、こんな事が起きるのだ」

そんな風に勘違いしてしまう事が起きてしまいます。

 

 

「イジメ」られても

「パワハラ」をされても

「嫌な言葉」ばかり言われても

 

私が悪いんだ

私のせいなんだ

そんな風に自分を責めている時、心はボロボロのままです。

 

人は人の言葉や態度に深く傷つきますが

人の言葉や態度で癒されます。

 

あなたを軽く扱う人

あなたが傷つくような言葉ばかり言う人

あなたを見下してくる人

あなたに八つ当たりする人

 

そんな人とは、距離をとって

 

お互いに尊重しあえる人

思いやりのある人

あなたが好感を持てる人

一緒にいて楽しい人

を選んでくださいね。

 

 

今の置かれている環境や状況が

耐えがたく辛いものであるなら

 

嫌な人と距離を置いてみる

環境を変えてみる事を怖がらないでいてね。

 

うつになるまで、我慢しないでいてくださいね。

あなたの命以上に大切なものは他にはありません。

 

心と身体が疲弊して

壊れてしまうまで

そこに居続けなくてもいいんだよ

 

過去に起きた事は過ぎ去った事です。

あなたが恐れている事は起きないから。

 

大丈夫

あなたならば、明るい未来へと進んでいけるから。

 

 

まずは

自分の気持ちを尊重してみる

私が私を大切に扱う

 

実践してみてくださいね。

 

 

例え過去にどんな事があろうとも

あなたには幸せになる力がある。

 

 

 

明日の執筆は北海道の認定プロカウンセラー賀数久美子さんです

どうぞお楽しみに。

 

 

フォローしてね

 

よしなかりんのブログはこちらです。

あそびにきてね。