人間の記憶のメカニズムより記憶が半永久的になる方法 | 全肯定!心理カウンセラーのブログ

全肯定!心理カウンセラーのブログ

全肯定!心理カウンセラーが毎日記事更新するリレーブログ


テーマ:


菊池そのみ

みなさん、こんにちは。
笑顔ママ認定講師の菊池 そのみです。


 

同じ北海道で活動しているかずちゃんからバトンを受け取りましたウインク

よろしくお願いいたします照れ

 

 

 

 


 

4月から通信大学(心理学)の勉強を始めたので、ここのブログでも発信できそうな時は発信していきますね(#^^#)
 

今、私は記憶について書いてある教科書を読んでいるのですが・・・・・
 

皆さんは、自分が頭が悪いと思う事がありますか??
 

私は、頭が本当に悪いし、覚えも悪くて、作戦とか立てるのが苦手なので、記憶は興味のある話しでした。
 

で、
 

教科書には、な、なんと!記憶力が付く方法が書かれていたので、ここにも書いてみますね。
 
 
 




記憶には短期記憶と長期記憶があります。
 

短期記憶とは、電話をかけようとして電話番号を覚えようとしますよね??(今は便利になって、そんな必要もなくなってきていますが・・・)
 

でも、電話をかけるまでの間に別な動作をすると、電話番号を忘れてしまう・・・・なんて事はないですか??
 

これが、短期記憶となります。
 

短期記憶も繰り返す事で覚える事もあるんですが・・・・・
 
 



 

凄いのは、長期記憶です!!
 

長期記憶は半永久的に覚えていると言われています。
 

しかも、無限に覚えられるんだそうです!!
 

無限です!!
 

この長期記憶は意識して覚えているのでは無く、何かのキッカケで、頭の中で検索が始まり、覚えていた事を思い出すんだそうです
 
 
過去にあった出来事を忘れていたと思っていたけど、何かの拍子で思い出すという事があると思いますが(カウンセリングではよくある事)、これが長期記憶となります。(たとえば、親との楽しい思い出が無いと思っていたけど、あったなど・・・)
 
 
 


では、どのようにして、長期記憶として貯蔵されるかと言うと・・・・
 

物語風にしたり、ストーリー風に覚えていくと長期記憶になるんだそうです。
 

昔話の「ももたろう」にでてくる一番始めの動物は??と、聞かれた時、皆さんどうやって思い出しますか??
 

物語の流れを思い出しながら一番始めの動物を思い出しますよね??
 

これが、物語風に覚えるという事になります。
 

単語のみ単発では、なかなか覚えられないという事が実験の結果から出ています。
 

1つ1つの単語を単発で覚えるより、1つ1つの単語をつなげて、意味を含んだり、イメージしやすくすると、覚えやすくなるそうです。
 

成績結果として、2倍も違うと言われています。
 
 
 




また、体制化と言って、関連のある情報をまとめて整理した形で覚えると、記憶成績はよくなるんだそうです。
 

たとえば、同じカテゴリーに属する項目をまとめて示した場合と、ランダムな順序で示した場合では、前者の方がより多くの単語を思い出す事ができるんだそうです。
 

宝石だったら→ルビー、ダイアモンド、エメラルド
石材だったら→石灰石、大理石、
 

という風に同じカテゴリーで項目でまとめると覚えやすいんだそうです。
 
 
 

 
カウンセリングでお話ししてもらう内容は、長期記憶になります。
 

物語風に、ストーリーとして出来事を覚えていますもんね。
 

「自分は出来ない人」とか「バカな人間」と思い込んでいると、そういう過去や現在の自分を検索しやすく、「出来ない自分」や「バカな自分」を思い出しやすくなっていると言う事が考えられます。
 

全肯定では、「人生脚本」というのがあります。
 

小さい頃に「自分は○○な人間」と育った環境、刺激より自分で自分自身の事を勝手に決めつけてしまう事なんです。
 

「自分は出来ない人」「バカな人間」なんて言うのは、人生脚本になるわけです。
 

こういう風に自分の事をネガティブな感じで印象に残っているとネガティブな自分しか探せません。
 

でも、カウンセリングで、自分の気持ちに寄り添ったり、自分の本当の気持ちを見つけたり、過去に言えなかった気持ちを言葉にする事で、ネガティブな自分が小さくなり、本来持っているチカラが出てきます。
 

そして、意識もネガティブな自分より、希望を自分自身に持てる自分になっていきます。
 

過去の記憶も楽しかった記憶がよみがえる事もあるわけです。
 

なので、カウンセリングは過去の記憶も現在の自分も、今後の自分も書き換えられる非常に大切な事と考えられます。
 
 
 




全肯定のカウンセリングの基本はロジャーズという心理学者が唱えている基本とほぼ同じです。
 

否定せず話しを聴く事、共感的理解、透明性を持つこと。
 

心理学者と同じような考えで行う全肯定のカウンセリグ。
 

心理学の教科書でも掲載されている手法となります。
 

カウンセリングというと抵抗感が非常に高いですが、一度、全肯定の場で(講座やイベントで)全肯定というモノを味わって欲しいと思っています。(文章では限界な所があります)
 

そして、「私は頭が悪い」と、なかなか前に進めなかった私を通信大学へ行く勇気が持てた場でもあります。
 

少しでも多くの方にして欲しいと思っています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

菊池そのみのブログはこちら♡ 

 

 

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました音譜

 

今日は福岡県のちずさんです。(北海道から一気に南へ~^^)お楽しみに

 
 

全肯定!心理カウンセラーさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります