反抗期で悪影響になる事と大切な事 | 全肯定!心理カウンセラーのブログ

全肯定!心理カウンセラーのブログ

全肯定!心理カウンセラーが毎日記事更新するリレーブログ


テーマ:


菊池そのみ

みなさん、こんにちは。
笑顔ママ認定講師の菊池 そのみです。


 

同じ北海道で活動しているかずちゃんからバトンを受け取りましたウインク

よろしくお願いいたします照れ

 

 

 

 

 

 
反抗期は自我の確立をするうえでとても大切な時期です。
 

特に思春期は、今まで親の影響を強く受けて育ってきたのが、今度は社会の影響も受けて、自分はどうするのか??という選択の中にいる時期です。
 

だけの意見ではなくて、親以外の人の意見も取り入れ、自分という自我を確立させていく時期です。
 

解りますか??
 

親以外の意見を取り入れて自我をつくっていく時期なんです。
 

親以外の意見を取り入れる時期なんです。
 

親以外の意見ですよ。
 

親はそれを受け入れる事が出来ないと、子供はどうなると思いますか??
 
 
 
私は反抗期が無く育ちました。
 

親はとてもとても厳しく(激しい体罰もあった)、親以外の意見を取り入れるなんて非常に難しい環境でした。
 

そうすると、私はどうなったか?と言いますと・・・・・
 

社会人になって、親が大嫌いになりました。
 

親を恨みました。
 

親のせいで、私はこんな風になったと思っていました。
 

そんでもって、社会でも生きずらさをとても感じていて、しまいには、「幸せって何??」って思っていました。
 

私は看護師をしていたし、夜勤もあり、独身だったから、お金に困る事はなかったし、好きな物を買って、食べたい物を食べ、行きたい所へ行っていました。
 

ところが、幸せがわからない人間になっていたのです・・・・
 

幸せって何??って本当に思っていました。
 

社会で生活する事が辛い人間になっていました。
 

社会人になっても、何でも親のせいにして、心の自立が出来ない人間になっていたんです。
 
 
 

全肯定に出会って、心の事を知り、カウンセリングを受けて、今ではあの頃の自分が信じられないくらい幸せをたくさん感じでいます。
 

ホント、あの頃の自分には信じられない自分がいます。
 

親に対しても、「親は親で子育てが解らない中でも一生懸命に頑張って育ててきたんだろう」と思えるようになりました。
 

親が大嫌いだったのに、許せなかったのに、許せるようになったのです。
 
 
 
 

反抗期が無く育つと、親自身が親と違う意見を取り入れる事が困難になると、子供への影響はとても大きくなります。
 

社会で生きていくのに困難な状況になりやすいです。
 

では、親はどうしたら良いのか??
 

「あなたはそう思うんだね」
「そうかそうか、そんな風に思っているんだね」
「そんな風に感じたんだね」
「そういう意見があるんだね」
 

と、一旦子供の話しを寄り添いながら聴く事が大切になります。
 

「それは、辛いよね」
「それは大変だね」
「それは、悲しいよね」
「それは嬉しいよね」
 

子供の気持ちを知ろうとして聴く事がポイントです。
 

一度、親からそんな風に聴いてもらえるだけで、子供は解ってもらえた気持ちになります。
 

一度、話しを寄り添いながら聴くのと、ただ親の意見を伝えるだけでは大きな差がでてくるので、ここのポイントはとても大きくなります。
 

何故なら、子供が求めている事は「親に解って欲しい」この部分が大きく占めているからです。
 
 
なので、とても重要で大切になります。
 
 
子供の話しを寄り添いながら、気持ちを知ろうとして話しを聴いてから、「あのね、ママはこう思う」と親の意見を伝えてOKです。
 

ここでもポイントがあるのですが、書くと長くなるので、詳細は笑顔ママ講座を受講してもらえたらと思います。

 
 
そして、もう一つポイントが・・・・・
 

子供の話しを子供の気持ちを知ろうとして聴き、寄り添って、親の意見を伝えた後・・・・・
 

ここも大切なポイントなんですが・・・・
 

そこで、親の意見を取り入れるか、他の意見を取り入れるかは、子供の自由だと言う事です。
 

子供に選択の自由があるという事です。
 

なので、親は見守るという事が大切になります。
 

子供が選択して多少の失敗はするかもしれません。
 

でもね、それは今後の大切な経験になります。
 

思春期の反抗期で、大切なのは、自分の意志で選択する自由がある事。
 

そして、その選択によって失敗しても、それも大切な経験になるという事が非常に大切になります。
 

とても大切な子供だからこそ、親は「子供に余計な苦労をさせたくない」と強く思うかもしれませんが、
 

その「余計な苦労」が、とても大切な経験となるので、多少の事は見守る事が大切になります。
 
 
 

過度なアドバイスは、子供の自我の確立に悪影響を及ぼすので、気を付ける必要があります。
 

学校の先生も納得していた笑顔ママ講座、お近くの全肯定カウンセラーから受けると良いですよ。
 

そして、私の笑顔ママ講座は春に一度お休みするので、気になる方は受講してみてくださいねウインク
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

菊池そのみのブログはこちら♡ 

 

 

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました音譜

 

次回は福岡県のちずさんです。(北海道から一気に南へ~^^)お楽しみに♪

 

全肯定!心理カウンセラーさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります