【生理前にイライラ!爆発!】時限爆弾女からの卒業方法 | 全肯定!心理カウンセラーのブログ

全肯定!心理カウンセラーのブログ

全肯定!心理カウンセラーが毎日記事更新するリレーブログ


テーマ:

「なんだかイライラすると思ったら生理前だった」

 

「生理前はいつも以上にイライラする」

 

「生理前になるとセックスレスが気になって怒りが爆破する!」

 

 

そんな女性を…

 

時限爆弾女と呼びます。

 

 

時限爆弾女のそばにいる旦那さんは

 

「いつ爆発するんだ?」

 

「リミットまであと〇日か…」

 

と戦々恐々しながら一緒にいるので、気が休まりません^^;

 

触れたら爆発するんじゃないかと怖いので、奥さんのそばに寄ることもできません。

 

 

また、時限爆弾女自身も、爆発すると自分が傷つきます(自己嫌悪や罪悪感を感じる)。

 

爆発のたびに、せっかく修復した夫婦仲に亀裂を作ってしまいます。

 

 

それすなわち…セックスレス( ̄- ̄)

 

 

なんて、もったいないんだ~~~。

 

なんて、キケンなんだ~~^^;

 

時限爆弾は、安全な方法で解除しましょう!

 

 

では、どうしたら、時限爆弾を解除できるのか…?

 

生理前のイライラをなくすことができるのか…?

 

 

 

「ありのままに過ごす」

 

 

 

とても、シンプルです^o^

 

 

 

*ありのままとはどういう状態・行動なのか?こちらから。

 

 

 

生理前のイライラは「日頃からストレスをためてますよ」の合図です。

 

 

生理前に爆発するのは、日頃から時限爆弾を抱えているからです。

 

 

日頃のストレスが軽減し、時限爆弾を持たなかったら、爆発する要素もなくなる!

 

 

生理前も、生理中も、生理後も、いつでも!

 

 

心穏やかに生きることができるんです^^

 

 

 

ちなみに更年期障害も同じ原理です。

 

 

私の父方の祖母は、「更年期障害?なんじゃそれは?」というくらい、更年期障害がなかったそうです。

 

 

そんな祖母は、家族からも周囲からも「自由人」と呼ばれるほど、自分の心のままに、ありのままに生きる人でした。

 

 

ただ祖母は、相手を攻撃する怒りの感情の取り扱いを知らなかったので、他人としょっちゅうトラブルを起こしていましたけどね…。

 

 

(トラブっても「わしは悪くない!」と境界線を引く人だったので、祖母自身はストレスは受けていない)

 

 

けれども私や、みなさんは、「ありのまま」でいるコツと、怒りの適切な対処法を知っています。

 

 

知ったうえで実践すれば、

生理前のイライラ、PMSは消滅します。

 

 

私も数年前まではひどいPMSで、生理前には人格が変わるほど荒れ狂っていました。

 

 

時限爆弾女どころか、破壊の帝王という感じで、イライラスイッチが入ったら自分を制御できず、手あたり次第物を投げたり、壊したりしていました。

 

 

まさに、こんな感じ。

 

 

そんな自分に疲れ果てて、漢方を服用したり、抗うつ剤を服用した時期もありましたが、「こんな薬で良くなるわけがない」と思っていたので、良くなりませんでした^^;

 

 

また、そもそものストレス(自分を苦しめる価値観、セックスレス)が消えたわけではなかったので、薬やリラクゼーションでは改善しませんでした。

 

 

けれども、「ありのままの自分に戻る」を日々実践していったら…

 

 

自分と周囲を傷つける、時限爆弾のような生理前のイライラが消滅しました。

 

 

いまはすっかり自分もHAPPY!周りの人もHAPPY!

 

 

生理周期に左右されない、PMSにおびない、自由な人生を送れるようになりました。

 

 

さらに!!

 

 

PMSがあった頃は、生理周期が25日~40日とめちゃくちゃだったのが、今では28日前後で生理があるようになりました。

 

ありのままに過ごすと、精神はもちろん、体調も整うんですね^^

 

もちろん、夫婦仲も平穏になり、セックスレスも解消です♪

 

 

あなたも、時限爆弾、解除しにおいで~~^o^

 

 

本日は、三上かすみがお届けしました。私のブログはこちらでもご覧いただけます。

 

次回は、女性の美と心に寄り添う全肯定!認定プロカウンセラー中井美賀子さんです。お楽しみに♪

全肯定!心理カウンセラーさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります