もう一つの一生忘れられない日 | 笑顔でつながるHappyらいふ

笑顔でつながるHappyらいふ

先天性食道閉鎖症の息子からもらった「贈り物」を大切にしたいと思ったアラフィフ目前母さんのあれこれ

おはようございます音符

親子の宝物に気づき
幸せなライフワークを実現する

ハンデをもつ子のママ専門
ナビゲーター@八王子・多摩地区の

鈴木知美です


今日はさかのぼりから

ちょっと離れます。

 

といっても

全く関係ない話

ではありません。

 

 

 


10月16日に
「一生忘れられない日」
のことを書きましたが、

実はもう1日
一生忘れられない日
があります。



それが
今日12月2日


ムスコのもう一人の
小さなガールフレンドが
天国へ旅立った日。



この時も
ムスコはSちゃんと同室でした。



ホームルーム
(と言うのかわかりませんが)
の203号室ではなく

205号室で。



容体が変化して
SちゃんはICUへ

とても心配だったけれど
面会終了時間になって
気になりつつも
帰宅したのを覚えています。




告別式で
参列していた方が
「何歳だったのかな・・・」
と話されていました。

12月4日のこと。


そして
Sちゃんのお誕生日は
12月5日



命の長さは関係なく
尊いものだけれど

やるせない気持ちで
いっぱいになりました。



私にできることは
生かされていることに
感謝すること。

一人ひとりの
命の尊さを伝えていくこと。

そして
その与えられた命を
豊かに育てること。



今日も
天国にいる
SちゃんとNちゃんに
誓いますキラキラ

 

 

明日はさかのぼりに戻りますねピンク音符

鈴木知美さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス