WEBTPTの連載192回目の2月7日号では、

翻訳者のいとうさゆりさんが『おやすみヨガ』と「キッズヨガ」をご紹介します!


 

詳しくはこちら <WEBTPT記事>Instagramプレゼント企画開催中・翻訳者のいとうさゆりさんインタビュー

 

翻訳者のいとうさゆりさんが『おやすみヨガ』(バベルプレス刊)と「キッズヨガ」をご紹介します!!このコーナーでは、これまでたくさんの翻訳家にスポットをあて、どんな方がバベルの翻訳ワークショップからデビューしているのかをご紹介し、インタビューによって翻訳出版の動機や、その背景も探ってきました。

ヨガは大人向けだけでなく、子どもたちのための「キッズヨガ」があります。子こどもたちのココロとカラダを柔軟にし、成長の根っことなる幼児期に、「遊び」や「ふれあい」を通してカラダを動かすことで、「生きていく力」の根っこを養っていきます。今日は、長く海外で生活されているいとうさゆりさんが、ヨガが子どもたちにあたえる効果と『おやすみヨガ』の使い方をTPT(The Professional Translator)読者にご紹介いただきます。お楽しみ下さい!!

【イベント情報】
2/5(月)からヨガ情報サイト「ヨガジェネレーション(yoga generation)」にて、とっても楽しいInstagramプレゼント企画を開催中です。インタビュー記事の最後で紹介していますのでご参加下さい!!


いとうさん、こんにちは。
本日は『おやすみヨガ』と「キッズヨガ」についてお話をお聞かせいただければと思います。
よろしくおねがいします。


こちらこそ、どうぞよろしくお願いします! 実は、『おやすみヨガ』を翻訳出版後、キッズヨガのことをもっと知りたくなって、指導者養成コースを受講し始めたんです。頭がパンクしそうなほどたくさんの情報が入ってきているので、今回はお話頂く機会を頂けて、とても嬉しいです。

 

詳しくはこちら <WEBTPT記事>Instagramプレゼント企画開催中・翻訳者のいとうさゆりさんインタビュー