バベル トランスメディアセンター株式会社2018年2月設立

詳しくはこちら(バベル トランスメディアセンター株式会社2018年2月設立)

バベル トランスメディアセンター株式会社
代表取締役社長 堀田都茂樹


グローバリゼーションの進展に伴い、
国内だけでビジネスが完結する時代は終わりを告げました。

反動として、世界の主要国で保護主義の動きが勢いを増しているものの、
長い目でみればグローバリゼーションの巨大なうねりが力を失うことはないものと思われます。 

経済活動のグローバル化に伴い、
多くの企業・団体でドキュメント管理の革新の必要性が唱えられるようになり、
すでにかなりの時日が経過しています。

国内外の顧客との契約交渉、海外での子会社管理やリスクマネジメント、
グローバルな人材管理・教育、投資家への情報公開など、ビジネスの多くのフェーズにおいて、バイリンガル、
あるいはマルチリンガルでのドキュメント管理とコミュニケーションが求められていることは、
いまや誰の目にも明らかでしょう。

教育内容の国際化と留学生の獲得にしのぎを削る大学においても、
学内のもろもろの文書のマルチリンガル化が推し進められています。 

一方、テクノロジーの世界では人工知能(AI)がめざましい勢いで進化を遂げています。身近な例を挙げれば、
囲碁・将棋の世界でプロ棋士を次々と撃破するAIの恐るべき能力をわれわれは目の当たりにしました。

十年前にはまだまだ先のことと思われていた事態が、いまや当たり前の現実として目の前に繰り広げられています。
翻訳と通訳の世界においても、2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催に向けて、
自動翻訳・通訳システムの開発が積極的に進められており、
AIの進化・普及によりこの領域にも大きな変革が起きるのではないかと、
多くの人の注目を集めています。 

詳しくはこちら(バベル トランスメディアセンター株式会社2018年2月設立)


最後まで読んでいただきありがとうございました。