倉庫の奥からこんにちは!

テーマ:
当店には、店舗として使用している倉庫のほか、メンテナンス前商品、お預かり中の商品を保管する倉庫が奥にひとつ、さらにお店から1kmほど離れた場所に借りている倉庫が二つあります ひらめき電球
借りている倉庫には毎日行くわけでもなく、奥のほうにしまいこんでいる商品なんかは、「あれっ!?こんなのあったっけはてなマーク」ということもたま~にあるのですあせる
この間も、発送用の梱包材料を取りに倉庫に行くと…


こんなチェストを発見ひらめき電球
それなりに小傷はぱらぱらありますが、雰囲気も良くなかなか面白いチェストです音譜


ただ、引き出しのレールが全部傷んでるDASH!新しく作って取り替えないと使えませんね汗




裏側も、背板にかなりダメージがありますね。これも取り替えようビックリマーク

AD

最後まで使い切れない

テーマ:
いつも気をつけているつもりなのに、なぜか最後まで使い切れない道具がありますあせる


↑マスキングテープです。家具を塗装するときの養生に使ったり、家具をばらばらに解体するときに、どこの部材かわかるように番号を書いて貼り付けたりして使用していますクローバー
使おうと思ったときに、どこにしまいこんだかわからず、ついつい新品を出してきてしまう汗よくよく探してみると、事務室の片隅や、工房の床の上に使いさしのマスキングテープが何個も転がっていたりします叫び
そして最後まで使い切る前に、ころころと転がってどこかへ消えてしまうのですガーンもったいないなぁダウン


↑最近ではこんな柄の入ったかわいらしいマスキングテープも良く見かけますね音譜こちらは作業に使うには少し心もとないので、家具の商品番号を添付する際等に使用していますクローバー
AD

実は苦手なあの作業…

テーマ:
当店の工房では、日々ヴィンテージ家具のメンテナンスを行っているのですが、やはり作業の好き嫌いは出てきてしまいますあせる当然ながら好きなことばかりしていては、お仕事にならない叫び
そんな「ちょっと御免被りたい」作業の中でも1,2を争う苦手な作業…
それは「ガラス切り」でございますドクロ
キャビネットやブックケース等のガラスが割れていたり、傷が多かったりした場合、ストックしているガラスから厚みのあうものを探し、同寸に切って入れ替えるのです。面取り加工がしてあったり、円形であったり、鏡であったりというように、特殊なものの場合は、さすがにガラスやさんに外注します。


上の写真のようなガラスカッターなる工具でジリジリと表面に傷をいれ、手で少し力を入れてやれば、パッと切り離せる!はずなのですがダウンなぜか苦手で、一回の作業で二、三枚はガラスを無駄にしてしまったりということも。
ただ今回はストックのガラスが一枚しかなく、失敗が出来ない!!


何とか無事切れました合格


いやいや心底ほっとしましたよクローバー
AD