【過去】登校しぶりの理由 | 前を向きたいカエル

【過去】登校しぶりの理由

ブログをのぞいていただき

ありがとうございます!


キラキラカエルぴょこと申しますキラキラ


不育症からの念願の出産。

軽度知的障害と診断された

小1長男ぴこ太と、妹2人の母です。

主に長男に関する子育ての

悩み等書いています。


自己紹介は→こちら


学校を休むことを登校班の皆に

自分で告げたぴこ太。


怠けや甘えで学校を休むと言っているのでは

ない、と悟った私。


とりあえず、なぜ休みたいのか


・眠りが浅くて疲れてる

・怠けや甘え

・本当に学校行きたくない(不安やストレス)

・学校で何かあった(人間関係)


のうち、怠けや甘え削除。


「ぴこ太、どうしたん?

学校で何かあったん??

何で学校嫌なん?」


と聞いても泣いてばかりのぴこ太。


「ママと離れたくないねん。

ママと離れるの寂しいえーん


と、ずっと泣いてます。


「でも、幼稚園でもママと離れてたよ?

ぴこ太寂しいなんて言ってなかったやん?」


「でも今は寂しいのぉぉえーん


ふむ。

どうしたものか。

とりあえず、不眠で疲れてるだけかもしれないし、寝かしてみよう。


「ぴこ太、学校休んだんやから遊ぶのは駄目だよ。ちゃんと2階で休もう?」


ぴこ太をベッドへ誘導。


「2階で寝るわぁぁあぁえーん


と泣きながら寝室へ向かったぴこ太。

案の定、すっと寝入ってくれて

2時間ほどそのまま寝ていました。


起きてくると、少し笑顔もみられたので

もう一度何かあったのか聞いてみました。

すると


「だってママと離れるの寂しいから。」

(これは今の環境が不安で、私がいないと怖いってことだろうな、と理解。)


「朝の登校班が歩くの早くてついていけないショボーン

(なるほど。それは初耳。

これは班長さんに言ってあげよう。)


「同じクラスの男の子が、女の子の足引っ張るねん。女の子嫌がってるのに助けてあげられへんかったのが嫌やったえーん

(・・・!?びっくりえ、そんなことで!?

優しすぎる&繊細すぎませんかショボーン


私にとっては【そんなこと】でも、

ぴこ太にとっては一大事だったんでしょうね。


私なりに学校に行きたくない理由を分析すると


・新しい生活について行けず不安

・不安による不眠で疲れてる

・今までとは違ったタイプの子達に出会って戸惑っている

・入学1ヶ月後のGW明けで不安爆発


みたいな感じかなーと思いました。


しかし、このまま不登校になっては困ります。


「お友達のことと登校班のことは

ママがちゃんと言っとくよ。

今日ゆっくり休んだら明日は学校行けそう?」


と聞くと、うんと言ってくれたので

とりあえず今日はこの話は終わりにして

少しでも不安感が消えるように

たくさん抱きしめたりしてあげましたニコニコ


夕方になって先生から電話がかかってきたのでお友達のことは一応言っておきましたが、正直、さほど大事でもないので軽く伝えるだけにしました。


私はこの日、本当に翌日学校に

行ってくれるのかが超不安で

正直、眠れないほどドキドキでしたショボーン


つづく。






カエルぴょこのmy Pick