ロンドンタワーブロック大火災 | イージットレコード (ムダグチ出張所)
2017-06-16 21:00:00

ロンドンタワーブロック大火災

テーマ:Misc
いったい鎮火はいつになるのか?恐ろしい火災が起こってしまいました。どうやら以前から住民組織が危険性を訴えていたにもかかわらず対策が取られていなかったようです。スプリンクラーや防火扉など設備にも問題があったのではないかと言われています。今からでも一人でも多くの人が助かりますように願わずにはいられません。

最初に「ロンドン高層マンション」火災のニュースを耳にした時、すぐに思ったのは「"マンション"なんかじゃない、きっとタワーブロックだ」ということでした。

ほら日本では超高層マンションというジャンルがあって、東京なんかだと東京湾を見下ろす豪華なリビングルームなんかがあって新築が決まると応募者が殺到したりして…というイメージがあるじゃないですか?

ご存知の方も多いと思いますが、英語の“mansion”は広大なお庭なんかがある2階建てとかの大邸宅のことで、高層ビルでさえない。日本語の“マンション”は“flat”(イギリス英語)ですかね?

そして今回の大火災に見舞われたのは普通の"flat"ビルではありませんでした。英語では“Tower Block”と呼ばれる低所得者が多く住む住居用ビル。イギリスの都会の中心から外側を見渡すとニョキっと高いビルが何棟か生えているのが見えることが多いです。

実はグラスゴーには中心からかなり近いところにもタワーブロックが建っているので、以前住まいを探す時にちょっとだけ惹かれた経験もあります。安いんです!しかも駅まで歩いていける距離だった!でも不動産屋でさえイージットに勧めるのを躊躇してた… 

当時のテレビ番組で、ポーランドからグラスゴーに移住してきたけれど仕事の見つからないご夫婦が、そんなタワーブロックに部屋を紹介され、お湯も出ない(電気代が高いから契約していなかった)小さな部屋に住んでいるというドキュメンタリーを見た記憶があります。

こちらは2002年11月に初回放送のあったショーン・ロックのコメディドラマ『15 Storey High』(15階)。ショーン・ロック演じるロンドンの独身変わり者ヴィンスが、節約のためハウスシェアする人を募集しますが、なにせ偏屈な人なので(なにせ15階から地上でスケボーとかしてる子供に怒鳴ってびっくりさせるのが趣味というとんでもない人物)皆敬遠して決まらず、アジア系のエロルが懐の深いところを見せて同居を始める---そんな始まりです。

タワーブロックでの生活を垣間見ることのできるこの番組、ロンドンではありますが、火災のあったビルではありません。そして『15 Storey High』自体は皮肉とブラックユーモアの利いたイギリスらしいコメディドラマで、ヴィンスとエロルはドタバタしながらもたくましく生きていくんですよ!

15 Storeys High



ご無沙汰してしまったブログですが、ボチボチと書いていきます。
イージットレコードのFacebookページの方が日々更新中。そちらにも遊びに来てくださいね!


イージットレコードさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス