Two Door Cinema Club: Breaking Woodieを受賞! | イージットレコード (ムダグチ出張所)
2011-03-19 18:00:00

Two Door Cinema Club: Breaking Woodieを受賞!

テーマ:music
今日は暖かな日差しが差し込んでなんとなく心が落ち着きましたね。
でも、ここ数日はオーバーコート着てても暖房無しの北向き仕事部屋にじっとしていると寒かった東京です。
被災地の皆さんはどれだけ寒いんだろう。

東京にいてさえ余震や原発事故や買占め影響なんかで日々不安がありますが、東京で鬱々としていても誰の役にも立たない!…と自分を奮い立たせようとしています。

そんな中、嬉しいニュースが入って来ました。Two Door Cinema ClubがMtvUの新人賞、Breaking Woodie賞を受賞です!

アメリカは元々大学ラジオが発達していて、独自のマーケットやメディアを持っていますが、MTVの中でMtvUと呼ばれるUniversity(大学)向け部門の2011年の新人賞Breaking Woodieを受賞したのです。

残念ながら授賞式でのパフォーマンスが見れるYoutubeビデオが削除されてしまったので、こちらのビデオを貼りつけておきます。なんとイギリスの老舗音楽番組、Jools Hollandに登場した時の演奏です!(昨年です)

Two Door Cinema Club - What You Know (Live on 'Later with Jools Holland')


この賞へのノミネートに関連してインタビューが行われ、公開されています。
こちらから

三つある中で一番下のインタビューではAlexが「どうして赤毛差別があるのか」について訊かれています。
”赤毛って実はマイノリティなんだよ。マイノリティだって人は気付いていないだけで。だから赤毛を差別する人は人種差別に近いことをしてるんじゃないのかな”
”バンドが成功を収めるにしたがって、「TDCCを好きになって赤毛も許容できるようになったわ」-なんてコメントをもらったりするようになったんだ。変な気持だよ”

そもそもこの質問自体が偏見の存在を示しているような気もします。日本では誰も気にしないことなのにね!

そんな日本の東京でも、不便や不安や心配が続く中、なんだか色々なことに対する許容度が狭くなってきている気がします。レジ袋2つ持ってるだけで「買占めババア」と非難された大家族のお母さんって、どうなの?買い物に行けないお年寄りのためにいつもより多めに買い物してあげたヘルパーさんが白い目で見られるってのも哀しいです。買占めは既に全国で起こってしまったようで何とか止めたいことだけれど、色々な事情をもった人が世の中にはいますよね。事情を説明しない限り皆に責められる世の中ってあまりに哀しいような気がするんです。

こんな時こそ視野を大きく持たなきゃダメだぞ!と自分に言い聞かせるイージットです。
電気や色々なものが日本中で欠乏気味になるのは、多分これから長期戦です。だからこそ人を責めるより自分がまず物が無くても明るくユーモア精神を忘れずに生きていけるよう心の余裕を持ちたいと思ってます。楽しいアイデアいっぱい考えてみようっと!
(なんか音楽ブログから外れましたがご容赦を)

イージットレコードさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス