雨に唄えば(Glasgowbury 09): Colenso Parade | イージットレコード (ムダグチ出張所)
2009-08-11 20:00:00

雨に唄えば(Glasgowbury 09): Colenso Parade

テーマ:music
どうにもこうにも蒸し暑い夏、そこに台風に地震と、なんだかやるせない日本の夏ですね。
去年の8月は北アイルランドはベルファストにいたイージット。4月は驚くほど暑かった時期があったのに、8月は日中もジャケットが手放せない程涼しかった。
でも今年のGlasgowburyフェスの映像を見ていたら、どうも昨年以上に”寒かった”模様・・・
 
いずれにしてもスコットランド西部(つまりグラスゴーだ)と北アイルランドは、日本で言えば冬に裏日本に雨や雪が降り続けるように、夏は雨量の多い地域で、東部(つまりエジンバラだ)の人達に「西はいつも雨降りさ!」とからかわれる始末。でも土砂降りもたまにはあるけれど、日本の梅雨のように長い間降り続けることは滅多にありません。だから傘をささずに濡れてもしまいには乾くので気にしない。
雨に濡れて歩くのは最高に気持ちいいですよ!(濡れたものはヒーターにかけておけば朝までに乾くし)
↑(つ、つまり夏でもヒーターあるし・・・ エアコン無いけど・・・)

回想に浸るのはこの辺にして、2009年夏、Glasgowburyフェスの映像を。
BandwidthがVan(自動車のヴァン)でアコギライブを撮影するVanwidthというシリーズをYoutubeに追加してくれました。
随分と雨が降っていたようで、ギターを守るためヴァンの中なのに傘をさしての演奏です。

Colenso ParadeのFargalとMickeyが、EP『You And Me Against Old Routine』の最後の曲『I Walked, You Skipped』をMickeyのギターで聴かせてくれます。Phillyはクラクションで参加?

いい感じに酔っ払って(あ、彼等イギリスでの飲酒年齢に達してます!)EPとは違ったリラックスした演奏ですね。で、映像の最後にはビートルズの『Baby's in Black』を熱唱。
(いつも思うんですがイギリス人ってカラオケするのに歌詞テロップ要らないですよね。最近の曲だけじゃなく、お祖父ちゃんお祖母ちゃん世代、下手すると曾お祖父ちゃん世代の曲まで驚くほど歌詞覚えてる。)

THE VANWIDTH SESSIONS: Colenso Parade
『I Walked, You Skipped』


ちなみにFargalが飲んでるのはBuckfastというトニックワイン。Buckieと呼ぶこともあります。
元々はイングランドの修道院で作られた養命酒みたいな健康にいい薬用ワインだったそう。今は薬用の部分は消えて、香料のついた甘いワインとして一部の愛好者を獲得してます。
北アイルランドでも、アイルランド共和国でも意外に飲まれているようですが、イギリス本島では何と言ってもグラスゴーの少年少女の未成年飲酒と結び付けられた印象が強いため、最初ベルファストで親しいバンドの人が飲んでいるのを見た時はビックリしました。(で、飲ませてもらったら超甘かった!)

MySpace: http://www.myspace.com/colensoparade
Eejit RecordsのHPでは:
http://www.eejiteejit.com/sub4_4.html (NBTs)
http://www.eejiteejit.com/sub2_10.html (イチオシ)
http://www.eejiteejit.com/sub5_1.html (ショップ)

ムダグチ出張所での過去の記事:
2009-04-04 はじめまして!: Colenso Parade
2009-04-09 独りのほうがまし?いや一人では行かせない!: Colenso Parade
2009-04-14 腕をブンブン振り回してGO! : Colenso Parade

イージットレコードのホームページはこちらから

イージットレコードさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス