理想の保育環境づくりを理論で学ぶ 保育環境コーディネーター養成講座 開講 2級幼児基礎 | 知育玩具インストラクター よいおもちゃの与え方のメソッドで、日本中を幸せに

知育玩具インストラクター よいおもちゃの与え方のメソッドで、日本中を幸せに

一般社団法人 日本知育玩具協会 代表理事 藤田篤のブログです。

日本の保育園を

世界一の保育環境にしたい!

と奔走する

日本知育玩具協会 代表理事 藤田です。

 

保育環境コーディネーター 2級幼児基礎講座

を開講しました

自分自身の保育室を改善したい!

という保育士と

 

保育園をサポートしたい!

という

知育玩具協会認定講師が集い

 

必要なおもちゃについての

客観的な根拠に基づいた

保育環境の整え方

 

子どもたちが

創造力豊かに遊びこむ為に

必要な要素を

 

理論的に学びました。

 

 

 

★★★★★★★★★★★★★★★★

    感想をご覧下さい

★★★★★★★★★★★★★★★★

 

 

いろんな保育士さんの話を聞くことが出来て良かったです。

 

幼児のおもちゃはクラスに合ったものを引き継いで使うことが多かったが、

自分がどのようにおもちゃをバランスよく選んでいけばよいのかを知れたので

これからに活かしていきたい。

 

毎日絵本を読んでいるけど、

そこから遊びに発展させるというところがうすいと思ったので、

絵本の読み聞かせは大切だと思った。

 

まず園全体でこの学びをシェアし、

みなで改善していけるところは改善していきたいと思います。

この改善をしながら

保育者一人ひとりのスキルの向上にもつなげていきたいです。

また、おもちゃの見直しも経営者ではないので

むずかしいところもありますが進めていきたいです。

子どものたちの幸せのためにがんばりたいです。

 

遊びにもたくさんの種類があり、

更におもちゃはもっとたくさんの種類、遊び方があるので

どうして子どもに必要なのか、

その遊びにどういう意味があるのかを

しっかり理解して伝えていきたい。

 

丸テーブルのよさについて知れたり、

その他いろんな話を聞けてよかった。

2冊のテキストはとても良かったので、

職員にも紹介したいと思った。

 

まわりで保育で悩んでいる保育士さんがたくさんいて、

悩みもさまざまなので、

その一つ一つアドバイスできるように、

これからも学び続けていきたいなと思いました。

 

乳児・幼児と続けて受講することができ、

園全体の玩具・環境について

一通りの知識を得ることが出来ました。

これを理論的にきちんとした根拠をもって

他の職員に伝えていけたらと思っています。

 

色んな園さんが同様なことで悩んで困っていることが切実に分かり、

これが現実だと思いました。

 

不安から来る症状を聞くと、

おもちゃだけではない時間の保証や空間の保証がとてもたいせつだということ、

行事が拡大していく中、

子ども達の成長をどこにポイントを置いて保育していくのか?

一度園全体で話し合う必要があると思いました。

 

久しぶりに幼児の保育について振り返る良い機会となりました。

幼児だけでなく、乳児でも使えることもあるので、

出来ることから実践していきたいと思います。

ありがとうございました。

 

質の良いおもちゃの大切さを改めて気づくことができ、

子どもに必要な環境を作れる人でありたいと思いました。

 

保育環境コーディネーターの学びを進め、

子どもにとっても保育士にとっても

素敵な保育園が増えるよう、活動を広げていきたいと思う。

 

★★★★★★★★★★★★★★★★

 

知育玩具インストラクター®養成講座

遊びと子どもの

「何故?」から

1日で解決する講座

 

保育環境コーディネーター®養成講座

は、「何を?」

から解決する講座

 

どのおもちゃを

どの程度の量

どのように与えたらいいのか?

 

1日で学ぶ講座です。

 

ランチはテーブルを囲んで

保育室の遊びの停滞の原因から解決する

グループコンサル。

 

 

保育環境コーディネーター養成講座は

2級基礎講座と2級実践講座で学ぶことで

自分自身の園の保育環境整備に

理論的、実践的に、自信をもって

取り組むことができるようになります。

 

3年ぶりに開講したこの講座

次回は未定。

 

団体受講のみ受付します。

⇒団体受講のご案内(日本知育玩具協会)