フィンランドのシュタイナー学校訪問 | 知育玩具インストラクター よいおもちゃの与え方のメソッドで、日本中を幸せに

知育玩具インストラクター よいおもちゃの与え方のメソッドで、日本中を幸せに

一般社団法人 日本知育玩具協会 代表理事 藤田篤のブログです。

フィンランド視察旅行での

素晴らしい出会いに感謝・感謝の

日本知育玩具協会・代表理事 藤田篤です

 

フィンランドのシュタイナー学校の視察では

先生と子どもたちが一緒になって歓迎してくれました。

 

フィンランドでは、シュタイナー学校は公立小学校と全く同じ補助が受けられ

公立小学校と同じ整備ができているのだそうです。

 

子どもたちの負担は、授業料も、給食費も含めも全くない。

その点も公立小学校に通わせるのとまったく同じ。

 

小学校低学年の学童保育の時間にお邪魔すると

子どもたちは ユシラ社のコリントゲーム

積木で遊んでいました。

 

「子どもたちがに先生が日本から来たお客様ですよ。」

と紹介してくださり

子どもたちが自分たちの生活の様子を見せてくれました。

 

クラスに案内されると

「にじみ絵」と呼ばれるシュタイナー学校での絵の授業の作品が

 

シュタイナーアート®では、透明水彩絵の具を使って

「色が躍る」アートの体験を通じて豊かな芸術性を養います。

 

先ほどまでは、このクラスでは 「にじみ絵」 をしていたとのこと。

素敵な作品が、シュタイナー学校独特のベンチに並べられていました。

 

 

先生がやってきて

歓迎の英語の歌を披露

子どもたちが、楽しく歌ってくれました。

 

「フィンランドでは、シュタイナー学校が社会に定着している」

その様子を校長先生は語ってくださいました。

 

その後しばらく、校長先生たちと

教育談義に花が咲き

「また会いましょう」

学校を後にしました。

 

すぐににじみ絵を体験できる

「にじみ絵(ぬらし絵)セット」は⇒コチラ