「心を整えるマンダラぬりえ」が大学でのデザイン教育教材に採用されました | 知育玩具インストラクター よいおもちゃの与え方のメソッドで、日本中を幸せに

知育玩具インストラクター よいおもちゃの与え方のメソッドで、日本中を幸せに

一般社団法人 日本知育玩具協会 代表理事 藤田篤のブログです。

心を整えるマンダラぬりえでの子どもたちの成長に
手応えを感じている
知育玩具協会 代表理事
藤田篤です
 
この度
日本知育玩具協会監修
 
 
岐阜市立女子短期大学
生活デザイン学科での
配色演習の教材として採用されました。

 

 

 

小川 直茂 准教授(岐阜市立女子短期大学)より
デザイン教育の見地からコメントをいただきました。
 
 
マンダラぬりえの造形は、奥が深い。

幾何学図形の組み合わせによる抽象的な模様は
遊び手の自由な発想を優しく後押ししてくれる。
 
そして、シンメトリーな形状がもたらす秩序性が
遊び手の多様な作品表現を受容する仕掛けとして機能している。
 

イメージ発想の自由度、そして作品表現の多様性。
 
マンダラぬりえには
発想から表現に至るまで
 
様々な造形教育のエッセンスがふんだんに散りばめられている。
 
ぬりえ遊びを楽しみ
その過程で自然と学び
それがさらなる楽しみに繋がり…。
 
マンダラぬりえは、私たちを「遊びと学びの深遠な世界」へと誘ってくれる。
 
心を整えるマンダラ塗り絵は
塗っているだけで
デザインの感性、スキルが育つ塗り絵なのです。
 
「心を整えるまんだらぬりえ」は
塗り絵を通じて3歳からはじめられる
デザイン教育なのです
 
イベントや講座・セミナーの開講情報をお届けします。
 ⇒知育玩具協会公式メルマガ登録はコチラ