保育の質的向上は おもちゃと発達の関係性についての基礎知識の共有から | 知育玩具インストラクター よいおもちゃの与え方のメソッドで、日本中を幸せに

知育玩具インストラクター よいおもちゃの与え方のメソッドで、日本中を幸せに

一般社団法人 日本知育玩具協会 代表理事 藤田篤のブログです。


テーマ:

理事長藤田です

 

保育士の皆さん

 

人形遊びによって育つものは何ですか?

ぬいぐるみと人形の違いは何ですか?

人形を与えるタイミングは、発達的にどんな根拠からですか?

人形遊びの為の保育環境づくりに配慮すべきポイントは何ですか?

 

即答できますか?

保育士間で一致していますか?

 

保育環境を整えるにあたって

おもちゃと発達の基礎理解を一致させるための

園内研修が必要です。

 

今回は那覇市の保育園で

おもちゃと発達の基礎講座をしました。

 

 

日本の保育士は素晴らしい!

保育研修をお引き受けするたびに感じます。

 

保育士の皆さんは

 

聞けばわかる。

なるほど!

そうだったんだ!

 

だから、あの子はこういう行動をするんだ!

 

こう改善したらいいんだ!

 

皆さん気づきを得て、明日からの保育に学びを生かす。

こんなやりがいのある仕事はない!

 

 

 

一つの保育施設内の保育士同士の

おもちゃと発達の基礎知識がバラバラでは

よい保育を始める以前の状態

だということです。

 

保育園内で、おもちゃと発達の共通理解を作りましょう。

 

そして

明日の未来を築くこどもたちの為に

是非よりよい保育環境をこどもたちに提供して欲しいと思います。

 

 

沖縄では

名護市を拠点に活動する

島袋先生と共に

保育の応援をさせていただいています。

⇒島袋智子先生のプロフィールはコチラ

 

汐見稔幸先生と登壇する銀座セミナーは只今キャンセル待ち受付中

⇒5月18日 第7回日本知育玩具協会セミナー ー遊びが育てる生きる力と学ぶ力ー

 

日本知育玩具協会さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります