フレーベル博物館でゼミナール・ワークショップ開講 | 知育玩具インストラクター よいおもちゃの与え方のメソッドで、日本中を幸せに

知育玩具インストラクター よいおもちゃの与え方のメソッドで、日本中を幸せに

一般社団法人 日本知育玩具協会 代表理事 藤田篤のブログです。

理事長 藤田です
 
フレーベルが
バートブランケンブルク市の依頼を受けて開園した
キンダーガルテンが
フレーベル博物館として
研究施設になっています。
 
私たちは今回
継続受講者向けの
フレーベルの生い立ちの講義を受けました。
 

 

 
前回のフレーベル教育の理念と恩物について学びを踏まえて
今回はさらに
より深く、フレーベルを理解する機会になりました。

 

 

ワークショップでは
第1恩物
第2恩物
第3恩物
第4恩物
とみっちり遊びかたを学びました。
 
すると私たちを訪ねて
バートブランケンブルク市のゲオルグ市長が
おいでくださり
 

 

1時間にわたって

フレーベル談義に

 

市でのフレーベルにまつわる取り組み

について教えていただきました。

 

私たちは

日本での生きたフレーベル教育の普及への

協会の取り組みと

幼稚園への指導について

お伝えしました。

 

 

インストラクターの皆さんと

また、学ばせていただきたいと

これからの研修計画をお伝えし

とても喜んでいただきました。

 

記念に私の著書を贈呈

 

 

素敵な出会いをいただき
感謝です。
 

 

日本知育玩具協会さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります