よいおもちゃを見極め よいおもちゃを伝える コピーライティング  「伝える大切さ」 の授業 | 知育玩具インストラクター よいおもちゃの与え方のメソッドで、日本中を幸せに

知育玩具インストラクター よいおもちゃの与え方のメソッドで、日本中を幸せに

一般社団法人 日本知育玩具協会 代表理事 藤田篤のブログです。


テーマ:

理事長 藤田です

 

岐阜市立女子短期大学 

生活デザイン学科にお招きいただき

コピーライティング 「伝える大切さ」 の授業をしました。

 

学生の皆さんが、市場で見つけてきた「よいおもちゃ」を

自分の言葉で伝える授業。

 

よいおもちゃは

「よい作り手」がいなければ、生み出されることはありません。

 

ですが

「よい伝え手」がいなければ、それが必要な子どもたちの前にいる大人には伝わりません。

 

よいおもちゃが生み出され、それを伝える人がいて

初めておもちゃが子どもたちに、届けられ、手渡されるのです。

 

そこにいるべき

「よい届け手」であるおもちゃ屋さんの存在も忘れてはいけませんね。

 

日本知育玩具協会は、子ども達の未来のために

「よい作り手」

「よい伝え手」

「よい届け手」

を繋ぐ活動をしています。

 

将来はデザイナー、コピーライターを目指す皆さんに

 

よいおもちゃを見つけ、見極める感性

その素晴らしさを伝える技術についてお話しました。

 

女子大生の皆さんが市場から見つけてきたおもちゃは、素晴らしいものばかり

さあ

みなさんなら、どんな言葉で、このよいおもちゃの素晴らしさを伝えますか?

 

これからが楽しみですね。

 

 

日本知育玩具協会さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります