ニュルンベルク国際玩具見本市視察研修 要綱配布開始します(2019年1月開催) | 知育玩具インストラクター よいおもちゃの与え方のメソッドで、日本中を幸せに

知育玩具インストラクター よいおもちゃの与え方のメソッドで、日本中を幸せに

一般社団法人 日本知育玩具協会 代表理事 藤田篤のブログです。

ドイツ

玩具作りの心に触れる旅2019

ニュルンベルク国際玩具見本市研修の計画がまとまりました。

2019年1月28日~2月4日 6泊8日

 

フリードリヒ・フレーベルが世界で最初に

始めたキンダーガルテン(=幼稚園)を今に残し

博物館、兼 研修施設になっている

フレーベル博物館でのゼミナールも今回で4回目となりました。

 

↑フレーベル博物館

 

昨年、新館長になったイザベル女史の

フレーベル・ゼミナールは、具体的でわかりやすく

初めてフレーベルの理論を聞く人にもお勧めです。

↑2018年2月のフレーベル・ゼミナールにて

 

フレーベル幼稚園も

毎年の訪問になっているので、子どもたちが温かく迎えてくれます。

 

後半は、

ニュルンベルクへ移動し

関係者のみが入場を認められる、国際玩具見本市へ

 

世界のバイヤーとメーカーが一同に集まるメッセ会場は例年ヒートアップ

藤井棋士愛用で注目されたキュボロ社も継続してミーティングを行っています。

 

インストラクター、マイスターの皆さんは

世界の市場から知育玩具を俯瞰するよい機会です。

 

また、最高峰のメーカーの皆さんに

私が皆さんを直接紹介します。

 

彼らと交流するよい機会になります。

ぜひ機会を捉えて大いに学び、活動に生かしましょう。

 

この研修は、協会認定講師限定です。

 

会員以外の皆さんが参加できる

ドイツ幼稚園視察研修は、2019年6月~7月に開催が決まっています。

 

ドイツ公立幼稚園視察、

フレーベル幼稚園視察、

最新のフレーベル教育玩具のワークショップ、

フレーベルゼミナール

知育玩具店の訪問

6泊8日または、5泊7日を予定

 

と、

今回に負けず充実した内容になります。

 

 

参加資格は、協会インストラクター、マイスター

及び

私の保育研修を保育園、幼稚園で過去に受講したことがある方。

及び

保育環境コーディネータ養成講座を受講した方。

 

です。

どうぞお楽しみに。

 


↓知育玩具協会公式メルマガはコチラ

 

日本知育玩具協会さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります