子どもはおもちゃで遊ばなくてはならない 東京大学名誉教授 汐見稔幸先生とともに | 知育玩具インストラクター よいおもちゃの与え方のメソッドで、日本中を幸せに

知育玩具インストラクター よいおもちゃの与え方のメソッドで、日本中を幸せに

一般社団法人 日本知育玩具協会 代表理事 藤田篤のブログです。


テーマ:

 

(社)日本知育玩具協会代表理事 藤田篤です。

 

10月7日(日)

東京大学名誉教授 汐見稔幸先生をお招きして

遊びの重要性について語っていただきました。

 

 

汐見先生は保育所保育指針に深く係っておられる傍ら

保育学会の会長として日本の保育会を牽引

もう一方では、

NHKすくすく子育ての先生としても知られています。

 

おもちゃ、特にドイツの知育玩具のことでは、意気投合する仲で

 

今回は

乳幼児期の「遊び」の大切さについて

教育学に基づいて、分かりやすく紐解いていただきました。

 

私は

ドイツ・フレーベル幼稚園視察レポート

恩物の遊びでの展開

保育環境について

来年開催される ドイツ幼稚園視察研修について、お話しました。

 

 

【父親・母親の皆様の感想】

遊びが子どもの本来の活動

子どもが大人に直ぐには同調しないのは当たり前で、子どもの自分ルールは

本質的なものなのだと分かりました。

 

子どもを育てるのに、どうやって遊ばせたり、係るといいのか

とても参考になりました。

 

遊びの大切さ 遊びとは とても分かりやすく

面白く聞けて、勉強になった。

 

大人の子どもへの関わり方が分かった

 

子どもの世界の話しが興味深く感じました。

 

講演のすべてがよかった。汐見先生のPCのホームが面が素敵だった。

 

遊びについて、おもちゃについて、詳しく聞けてよかった。

 

子どもの遊びの原点が聞けてよかった。

無秩序と秩序のことを考え直す機会になってよかった。

 

わが子のこと、研究していきます。

 

フレーベル幼稚園の子どもたちは幸せだなと思いました。

 

今までおもちゃに投資して、知育玩具をたくさん与えて育ててきたことが

正しかったことの確信が持てました。

 

いつか絶対ドイツの研修会に行きたい。

 

汐見先生のお話をもっと聞きたい。

 

遊びが大切なことが、よく分かりました。

 

 

 

【保育士の皆様からの感想】

カオスからコスモスへ、子どもの本能 ・・・の話がとても面白かった。

 

遊びと科学の関係が分かった。

豊かな感情を持つことを大切にしたい。子どもの感覚を高めてあげたい。

 

遊びの大切さがよく分かった。

子どもたちが自分で秩序を持った遊びを出来る環境を作ることが

出来るようにしていきたいと思った。

 

遊びに対しての考え方について、再度考える機会を持つことが出来た。

 

どんなおもちゃを与えたらよいのか、が一つつかめたのがよかった。

 

ドイツ研修に行きたくなった。

 

途中、奥深くなり、頭の中で考え、聞いていたら

よーく保育の中でイメージできるようになり、分かり、納得できる話でした。

 

フレーベル幼稚園の様子を詳しく見れてよかった。

 

「遊び」の中で「感じる」ことを大切に、「感じたこと」を受け止めて子どもたちと

ともに過ごしたいと思います。

 

フレーベル幼稚園のおもちゃが見れてよかった。

 

保護者会のとき、保護者にも話してあげたいと思いました。

 

さて、このセミナーのスタッフ

会場で、汐見先生と受講生をおもてなししたのは

知育玩具協会のインストラクターの皆さん

 

↓インストラクターのブログはコチラ↓

”【遊びで育てる『生きる力』】スタッフとして参加しました”伊藤先生のブログ 

”汐見稔幸先生にわが子の様子を話す日が来るなんて…”小林先生のブログ
”汐見稔幸先生から、才能豊かな人はどう育つかを学ぶました”鈴木先生のブログ

 

 

セミナーの後

汐見先生とテーブルを囲んで

わが子の子育ての様子をお話しする機会を頂きました。

小林先生のお子さんの遊びの成長とおもちゃの話には

汐見先生も興味津々。

 

 

先生ごご自身のお孫さんのためのおもちゃとして

(社)日本知育玩具協会のホームスタディをお求めくださいました。

 

(社)日本知育玩具協会ホームスタディ とは

     ※2,016年協会アワード 教材開発部門賞 受賞

・対象年齢の子どものためのベストセレクション

・子どもに与える、受講生が体験することを通じて五感を通しておもちゃと発達心理学を学ぶ

・講師になった暁には、そのまま講座の教材になる

・将来、世代を超えたおもちゃとして活躍する

どなたでもお申込いただける、おもちゃを家庭で学べる通信教育型教材です。

 

対象年齢0・1歳 ベビートイ・ホームスタディ

 

対象年齢2・3歳 キッズトイ・ホームスタディ

 

対象年齢4歳~99歳 知育玩具ホームスタディ

 

ホームスタディのおもちゃを前に

インストラクターと記念写真。

 

汐見先生

受講された皆様。

ありがとうございました。

日本知育玩具協会さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります